【デメリット】付き合うとうまくいかない、しんどい、苦しい人とは

付き合うとうまくいかない

「人」と言われる字が助け合って見えることからもわかるように、私たちは共に助け合って生きているのです。

私たちは断じて1人で生きているわけじゃないです・・・とすれば、付き合う相手により、私たちの生活というのは大幅に変化する、って感じませんか?

皆さんは友達や恋人などというような、素晴らしい縁に恵まれたりしておられるでしょうか!?

良い感じの友達、刺激し合える仕事仲間、最も大きな理解者とされる恋人・・・素晴らしい人との出会いというのは、私たちの価値観を大きく一変させ、一層、充実した人生に関わっていくことになります。

ですが、すべての人が私たちにおいて、アドバンテージに働くとは決まっていません。

その中には、私たちを災いに貶める存在、付き合っても損をしたり、しんどいだけという人さえもいたりします。

その人と付き合った、あるいは関わったことが原因で、自身の心が止め処なく傷ついてしまう・・・幸福を感じられなくなってしまう・・・。

基本的に、どういう人と付き合う事で、私たちは不幸となってしまうのでしょうか!?

本日は「付き合うとデメリットしかなく、うまくいかない、しんどい、苦しい人の特徴」というのを紹介していきたいと思います。
 

付き合うのがうまくいかない人①:『あなたに嘘を付いている人』

 
例を挙げれば、常日頃、身勝手な行ないをする人が「私って周囲にかなり気を使うタイプなんですよね」とご自身の事を話している・・・。

あなたの周りの人には、このような人、いたりしませんか!?

紛れもなく、そんなタイプというようには見えないのに、自身の事を美化してみたり真逆のタイプだと言う人。

彼らは自分自身の嘘偽りのない性格や性質を潔く認めないで、理想的な自分を「現実的な自分だ」と言っているというわけです。

彼らに現実を見る目というのは、あるはずがありません。

自分自身のことさえストレートに見つめることのできない人が、人付き合いでうまくいかないのではないでしょうか・・・?

きっと私たちは、彼らの嘘に振り回され、しんどく、苦しい思いをしてしまう事でしょう。

自分を苦しくさせる相手というのは、私たちからすれば「付き合っても苦しいだけ」の人だと言えます。

「この人といると、しんどいな・・」等と感じたのなら、ちょっと、距離をおくようにしても良いと考えられます。
 

付き合うのがうまくいかない人②:『頼みごとばかりしてくる人』

 
何かあるたびに、頼みごとをしてくるという人。

なおかつ、頼みごとの中身はめんどうなことがほとんど・・・!

私たちは持ちつ持たれつ、協力し合って生きていますので、たまには誰かに力を借りることだってあります。

なので、誰かに頼みごとをする事そのものがよくないことではないです。

ですが、一方的に頼みごとばっかし押し付けてくるような人になると要注意です。

このようなタイプの人というのは、正直言って、自分のことしか考えていないのです。

相手の気持ちまで理解しようともしません。

なので、どのようなややこしい頼みごとでも、気にせず相手に押し付けようとします。

「このようなことを頼んだら嫌がるだろうか・・・?」

そういう気持ちはこれっぽっちもありません。

そんな身勝手な人のために自分が一肌ぬいでいるのだとなると・・・?

しんどくて、苦しいのはこちらだけになってしまいます。

都合よく利用され、相手のみが得をして、こちらはしんどくて、苦しいだけ・・そのような関係というのは、即座に関係を切ってしまったほうがいいでしょう。
 

付き合うのがうまくいかない人③:『人の手柄を自分のものにする人』

 
具体的に言うと、あなた自身が何か大きな成果を出して、その努力の功績が認められたとします。

だというのに、「その功績は僕のものだ」と自分勝手に主張してくる人がいたとすれば・・・いわば想像を絶するかのような話ですが、世間では、人の手柄を自分のものっぽく語る人がいるのです。

少しだけ手伝っただけだとしても、あたかも全てに自分自身が尽力したような言いまわしをする人。

気にせず、他人の手柄を、自分の手柄にしようとする人・・・。

より一層、最悪なパターンだとすると、先輩後輩の関係を利用して、ミスについては全て後輩の責任にして、手柄は全て、自分のものにしようと考える先輩もいるのです。

仮に、その手柄が後輩の努力のおかげだったとしても・・・です。

このような人が近くにいたのでは、いかなる努力も全部が全部奪われてしまいます。

奪われる前に縁を切る事が重要ですね。
 

付き合うのがうまくいかない人④:『秘密をばらす人』

 
「これは2人だけの秘密ダヨ」そういう約束を友達と交わすというのはどんな人でもあるのではないでしょうか。

こういう時、皆さんは約束通り、秘密をきちっと守っていますでしょうか!?

秘密を守るというのは、約束をした相手に敬意を払っているということを意味します。

すなわち、相手の秘密を暴露することは、相手の事を何とも思っていません、ということなのです。

そればかりか、秘密を暴露して愉しんでいることもあり得ます。

「この人なら信用できる・・・」そう見込んで秘密を明かしたのですが、それを暴露されてしまうのではガマンできないですね。

相手が秘密を守るタイプなのか、守らないタイプなのかを意味極めることを判断するなら、相手の会話を重要視すること。

例えばその人が、誰か他の人の秘密の話をあなた自身に話、出したら・・・あなたの秘密も暴露されるということを意味します。
 
 
 
「付き合うとデメリットだらけで、うまくいかない、しんどくて苦しい人の特徴」、皆さんの周辺に覚えがある人はいましたでしょうか?

自分自身の生活を身勝手な人の為に無意味とされるなんて、たまったものじゃありません・・・!

どちらとも付き合ってアドバンテージとなるような、そういう縁にウェートを置きたいものですよね。