『シュメール王名表』に記された歴史の謎!

シュメール王名表

地球につきましては、8人の宇宙人たちが24万1200年もの年数にわたり支配していたというのです!

『シュメール王名表』が述べる衝撃的な真実。

はるか昔の超古代文明とされているシュメール文明

それには『シュメール王名表』というものが有って、驚いてしまいますが、8人の宇宙人が24万1200年もの年数にわたって世界を支配していたとされる衝撃的な歴史が記されていたというのです。

彼らの本当の目的というのは、果たして何なのでしょう?

さっそく謎を解明していきたいと思います!
 

『シュメール王名表』が発する驚きの事実

 
『シュメール王名表』というのは、古代メソポタミアにある、王朝の王をシュメール語で列記した古代の王名簿になります。

2600年前に実際にいたというギルガメッシュ王の名も記されていまして、「公式な」王権や王の存位年数を記録した、歴史的な価値が高い名簿とのことですが、その中には常識だとすれば、想像を絶する記述も散見されています。

『シュメール王名表」に書かれている初代の王アルリムというのは、ギルガメッシュ王と比べて数十万年遡った時代に存在したとしており、在位期間については、驚いてしまいますが2万8800年!

恐らく人間ではないそうですが、果たして、この王につきましては何者なのでしょうか?

『シュメール王名表』の記述を見ることにします。

「王権が天から降りてきた。王権はエリドゥにあった。エリドゥでは、アルリムが王になった。アルリム2万8800年に渡って統治した。次に、アラルガル3万6千年間王位にあった。2人の王が、6万4800年の間統治した。

5つの都市に8人の王がいた。彼らは合わせて24万1200年に渡り統治した。その後、洪水が全てを洗い流した。

8人の王、個別の在位年数については以下の通りになります。(在位年数)

アルリム(28800年間)アラルガル(36000年間)
エンメンルアンナ(43200年間)エンメンガルアンナ(28800年間)
ドゥムジ(36000年間)エンシブジアンナ(28800年間)
エンメンドゥルアンナ(21000年間)ウバル・トゥトゥ(18600年間)

8人の王で24万年以上も統治したというのは、話が大き過ぎて、開いた口が塞がりませんが、こういう浮世離れした事実が実際にあったのでしょうか?

専門家らの答えとはシンプルです。

このリストというのは、言うまでもなく、事実だけを記述したことではなく、歴史以前の神話上の王も入れてしまっているといいます。

ですが、王が天から降りてきたというのはどういう理由からでしょうか?

シュメールがかった王権神授説(王権は神から与えられた絶対の権利とする政治思想)なのでしょうか?

陰謀論者らというのは、そうだとしても疑問は残されると考えておられるようです。
 

古代シュメール王というのは宇宙人でした!?

 
それというのも、それら8人の王がどういう最期を向かえて、どういうふうに大洪水が地球を襲ったかに及ぶまで緻密な記述があるからだというのです。

洪水の直後については、「別の王権が天から降りてきた」という内容で、不可思議な王がまたもや世界を支配する様子が描き出されていると言われています。

確かに、王権神授説を伝えることに必要な作り話と言うなら、王権を2つに区分して正統性に疑問がもたれるかのような不都合なことをする、根拠がないのではないでしょうか?

またもや、そういった事情にとどまらず、ほとんどの著述家や研究者というのは、神話説に異議を唱え、反論しているというのです。

それでは、天から降りてきました8人の王が実在していた、歴史上の人物だとしたら、どの説が特に合理的と思いますか?

一つの可能性で言うと、「古代宇宙飛行士説」だと思われます。

『王名表』の中には、記載されていないのですが、シュメールの神話からすれば、惑星ニビルに住む「アヌンナキ」とされる知的生命体が古代の地球に降り立って、文明を興したと言われているのです。

シュメール文明と地球外生命体との関係というのは、従来より指摘されていて、イラクの運輸大臣「シュメール人はUFOで惑星間飛行をしていた」と、世間で語っているのです。

「古代宇宙飛行士説」を提唱している、超人気UFOの研究家ジョルジオ・ツォカロス氏も以前に、「シュメール文明においては進化の痕跡が無いことから、高度な知的文明が技術を伝えた可能性が大である。」と、取材で答えているのです。

それら8人の王の実在は、現在のところ確かめられていないのですが、神話だと判断することも困難ではないかと考えます。

シュメール文明の道のりを考慮に入れるだけでは、肯定するにせよ否定するにせよ、いの一番に、宇宙人との関係を考慮することが求められるのではないかと考えます。

どれだけ結論を急いだとしても、過去は変えることは出来ないのですから、ありとあらゆる可能性を思案してみる時間というのはまだまだ余裕がありますよね!