「縁」が出会いを引き寄せる。ご縁のある人の見分け方とは!?

縁が出会いを引き寄せる

縁が出会いを引き寄せるきっかけと縁の意味、出会いの見分け方等につきまして、紹介させて頂きます。

良い縁悪い縁も存在し、ありとあらゆるものは、あなた自身が成長するためであり、愛しい人との縁を引き寄せることに必要なものである事を述べているのです。

各々の縁を大事に生きる事により、良い縁に結び付く理由も紹介させて頂きます。
 

縁のある人の出会いとは偶然じゃなく必然。

 
私たちは常日頃から、色んな場所でたくさんの人と出会っているはずです。

学校、職場、暮らしている地域、お店等、たった一度の出会いもありますし、毎日のように一緒になって過ごすことになる出会いもあるのです。

私たちはあらゆる出会いというのは、偶然だと思っていることになると考えています。

ですが、縁のある人との出逢いというのは、必然だといわれているのです。

出逢いと縁についてを見ていきたいと思います。
 

不思議な「縁」について。

 
どのような環境にいたとしても、どのような対照的であったとしても、引き寄せ合う縁があった場合では、予想外の人とも出会うものなのです。

例えて言えば、あなたがご自身でいつもだったら、関わる事がないといった世界に暮している人とさえも、縁があったとしたら、引き寄せ合って、出会うことがあり得ます。

また、あなたとどれほど対照的な容姿、性格だったとしても、引き寄せ合うのです。

なぜならば、今のあなた自身に必要とされる人が「縁」により、引き寄せられるからだといえます。

ありとあらゆる縁があなた自身にしてみれば、良い縁だけとは限りません。

「この人無理だ」と考えても、関わることが求められるのならば、何かしらので導かれているというわけです。

どうしてこの人と?と考えたとしたら、「この縁が自分を育成してくれるはずだ!」と思うようにするといいでしょう。

生活していく中で、色々な事を勉強するためにいただいた「縁」を大事にするように心がけてみて下さい。

運命的な出会いから想いが通じ合って、交際し始めてしばらく経つと、「この人とは縁がある!結婚するに違いない」と感情が高ぶるかもしれませんが、あらゆる結婚にだどり着くということではありません。

というのは、あなた自身が成長することを考慮して、何かを学ぶために与えられているのです。

大好きな人と結婚した事がであれば、離婚をして痛みを知る事もになります。

いろんなにおいて、たくさんの人と出会い、心が成長していく中において、「この人」というようなパートナーに出会えることになります。

当然ですが、一度っきりの出会いだとしても結婚相手になる場合もあります。

どのような「縁」があるかは、だれにもわかることはありません。

あなた自身が常々成長し続けていたとすれば、良い縁悪い縁引き寄せる事ができるというのは覚えておいてください。

それでは、「縁」のある人を見分け方とはどうしたらよいのでしょうか?

見分け方について、少しばかり紹介させて頂きます。
 

「縁」ある人の見分け方①:「初めて出会った際は直感に頼る。」

 
「縁」といった見分けがつかないものを、見極める時にすごく重要なのは、「直感」となります。

何よりも初めて出会った際の直感というのは、ほとんどの場合当たっている場合が多いようです。

例として、「何とはなしにこの人とは気が合うかも。」「良い感じなのですが、近づくと危ない感じがする」等。

直感とは、その人が放出するオーラ、印象、目、表情、等いろいろなものを、本能的に見極めているというわけです。

人の心の中を見るなんて事は出来ません。

直感というのはご自身の人生に必要不可欠な人、関わりを持ってはダメである人を瞬間的に判定できるようになっているのです。

あなた自身も現在に至るまでの人生で「どういうわけか見当がつかないけど」と感じ取ったとしたら、近づいたり、あるいは敬遠してたりしていたのです。

そのように「縁」がある人については、直感で分かる時があると言えます。

初めて出会った時の直感に重きを置き、意識をして感じとるようにしてみましょう。

そのうちに、があるかそうでないかを、しっかりと分かるようになるかもしれないですね。
 

「縁」ある人の見分け方②:「重なり始めた偶然を信じる。」

 
いつも暮らしている中において、たまに「このような偶然というのはあっていいの?」というような事があったりしますよね。

今後は絶対出会うことはないとしていた人と再会して、これまで以上に深く関わる事になってしまったなどというような、「どうしてこのようなことに?」両者ともに衝撃的な偶然が重なる場合があるのです。

「偶然」が継続するということは、もうそれは「必然」であると思ってはいかがでしょうか。

「縁」が二人を引き寄せてくれている証拠となります。

縁の力というのは強いものになります。

予想できない絶好の機会や場所で引き寄せ合う時があることから、偶然が継続したら、「縁」なんだと信じてみるといいですよ。

ですが、本当の気持ちに従うことがない、生き方を続けていると、ジワジワとストレスが蓄積され、いずれ色々な問題になって爆発してしまいます。
 

「縁」ある人の見分け方③:「過去に出会っていないのか昔の話をする。」

 
どことなく「この人って縁があるのかも」と感じ取ったら、これまでに会ったことがないかどうか、聞いてみてはどうでしょうか。

人の記憶というのは、コンスタントに更新されていますので、あなたの力だけでは思い出せない事は少なくありません。

ですががある人との記憶というのは、フィーリング的に残されているはずです。

「なんとなく気にかかる、確認したい」と考えたならば、ひとまず問い掛けてみてはいかがでしょうか。

ですが、縁がないとさすがに相手は記憶にないことも考えられます。

そのような場合は、シンプルに「縁がなかったんだあ~」と思えば良いだけです。
 

「縁」ある人の見分け方④:「何か二人に共通部分があるか探す。」

 
縁のある人ならば、何か共通部分を持っているはずです。

好みの映画、スポーツ、趣味、面白いと思う事、悲しいと思う事であるとか、とにかく話してみて、二人に共通部分があるのかどうなのか探してみてはどうでしょうか。

縁がある相手だったら、「なるほど~、それ分かるかも~!」と共感を持つ場合が数多く、会話も弾むものになります。

会話が弾むというのは、付き合っていく際にかなり重要な部分となります。

ですが、「同じ会社」「同い年」といったもの、どこにでもある共通点のみでは「縁がある」とは言えないので要注意です。
 

「縁」ある人の見分け方⑤:「手をつないでみてマッチするか試してみる。」

 
少しだけハイレベルな手法となりますが、手をつないだ際の感覚で判断する事もできるのです。

手をつなぐというのは、両者から放たれている目に見えない「パワー」を重ねる行為となります。

パッと見や言葉のみでは認識できなくても、コンタクトする事により、ふさわしいかどうか、といったことがすんなりと判断できるものになります。

縁がある相手だとしたら、手をつなぐ事によって、しっくりくるはずです。

潜在意識で惹かれ合うものが存在するという証拠だからです。

ですが、当たり前のことですが、いきなり手をつなぐわけではなく、ファーストステップとして、手をつなげる関係になるというのが最優先となります。
 

出会いに縁があるという事を忘れないようにしよう!

 
あなた自身の好きになれない相手だとしても、出会うからには「縁」があるのです。

「好きになれない相手というのは自分の欠点を映す鏡」と言われています。

あなた自身が感ずる嫌な気持ちというのは、恐らく自身に何かしら教えようとしているのです。

出会った人から感じられる感情の細部に至るまで、あなた自身の心をトレーニングするために貰い受けているものになります。

その事に気付かないで、独りよがりな行動をする事で、相手を傷つけるというような事をしてしまえば、幾度となくそんな縁が与えられてしまうのです。

そのような事に気付いていないと、いい縁が来ないで、悪い縁が反復していることになるのです。

すれ違った人において、「この人とすれ違ったというのも縁」とまで思う必要はありませんが、身近な人達というのは縁で結びついているという事は意識しておいてください。

仮に、職場でウマがあわないと思う人がいたとしても、自分の成長にとっては必要な人なんだと思って、縁を大事に考えてみると良いでしょう。
 

縁がある出会いの3つの特徴とは

 
色々な出会いがある中より、縁がある、ないというのはどのポイントで判断できるというのでしょうか?

縁のある出会いの特徴というのを紹介させて頂きます。
 

縁がある出逢いの特徴①:「絶好のタイミングで必要としているものをくれる。」

 
どんなことであっても「タイミング」というのはかなり重要です。

ベストなタイミングで必要としているものをくれる人というのは、縁のある人だと思って良いかもしれません。

具体的に言うと、あなた自身がなんとなく「会いたいな」と考えた瞬間。

縁がない相手の場合は、あなた自身が会いたいと思う時にほとんど会う事ができないのです。

あなた自身の本心からの気持ちを言えないでいたり、相手が返事をくれることがなかったりと、何かにつけてあなた自身が我慢を強いられる関係だと思います。

ですが縁がある人については、あなた自身がなんにも言うまでもなく、会いに来てもらえたり、連絡をもらえたりします。

あなた自身が会いたい気持ちや寂しい気持ちでいる場合、ここぞのタイミングで幸せを与えてくれたりするのです。

ホントに縁がある相手というのは、無理しなくても関わりあっていることができるのです。

いずれかが我慢することはしないで、同じ立場でおのずと求め合える関係でいられるのです。

あなた自身が必要と感じ取った時、無理を感じることなく、与えてくれる人だとしたら、まぎれもなく「縁のある出会い」であると思って良いと思います。
 

縁がある出逢いの特徴②:「何となく雰囲気や顔が似ている。

 
夫婦ともなれば、そもそも他人だったにも関わらず、何とはなしに雰囲気や顔が似てくると言うこともあります。

縁のある相手なので、「何とはなしに自分と同じものを感じる」と惹かれ合った結果だということです。

初めて出会ったにも関わらず、なんとなく懐かしい雰囲気を感じる人と出会った事はないでしょうか?

懐かしさというのは、子供のころの記憶によって感じるケースが多くあり、ご自身の生まれ成長した環境、雰囲気を思い起こす相手ということかもしれないのです。

雰囲気や顔がなにげなく似ている、共に同じように感じ合えた際に、は結ばれるかも知れないのです。

雰囲気が似ている相手というのは、共感できることが多く、共に連れ添っていたとしても、すごく楽です。

何とはなしに、似ている相手というのは自分らしくいられる相手になります。

本当にのある相手だと言うことができるでしょう。
 

縁がある出逢いの特徴③:「一緒にいると心地良さを感づる。

 
「一緒にいると落ち着く」「心地良い」と思わされる人というのは、縁があると考えて良いかもしれません。

縁がない相手の場合では、いくら好きだったとしても「なんとなしにウマがあわない」「居心地が良くない」と感じるはずです。

一緒にいるだけのことで、心地いい相手というのは、友人という形で出会えても、恋愛関係になる事はほとんどないのです。

何とも言えない心地よさが感じることができる相手と結婚できるのなら、喧嘩もあまりなく、幸せに生活していく事ができるはずです。

何とはなしにウマがあわないな、という人ばっかり好きになったっとしても、縁がある人と出会うためだと信じ、ひとりひとりの縁を大事にして下さい。
 

「縁」が出会いを引き寄せる。:まとめ

 
縁が出会いを引き寄せる理由というのが、何とはなしに、ご理解出来ましたでしょうか?

  • 今あなたと関係のある人というのは、全て縁で結びついている。
  • 縁があるからということで、間違いなく結婚相手と言えるわけではない。
  • 色々な縁を経験した後から、本当に縁がある人を引き寄せる。

あなた自身が縁で結び付いた一人一人といった関係を大事にし、過ごす事によって、最も良いパートナーとの縁が必ず、訪れるはずです。