宇宙人の存在の確率は?存在するが地球に来ないのはなぜ?

宇宙人

かねてから「宇宙人は存在するのか?存在しないのか?」というような議論が行なわれてきました。

残念なことに、今日現在でも、その問題というのは、解決しておらず、人類は、依然として、地球外生命体とされる宇宙人には遭遇していないのです。

しかし、たくさんの人は「宇宙人は必ず存在する!」と考えています。

だとしたら、その根拠というのは何なのでしょうか?

仮に、宇宙人が存在しているというのならなぜ地球に来ないのでしょうか?

あるいは、地球とコンタクトして来ないのでしょうか?

そういうことに関して、本日は調べてみたことを紹介したいと思います。

「宇宙人の存在を信じる!」

従来通りに考えたなら、荒唐無稽でSFやアニメの世界の話となってしまうことがほとんどです。

そうだとしても、「100パーセント宇宙人は存在しない!」と断定できるのでしょうか?

というのも、私たち人類もつまりは、一つの宇宙人ですよね。

太陽系だけだったらともかく、極めて膨大な宇宙で、宇宙人とされるのは、私たち人類のみしか存在しない。と言うことはおかしいのではないでしょうか?

果てしなく広がる宇宙で、人類だけじゃなく、宇宙人は存在する。というような方が、まともな考え方ではないか?と個人的な意見を述べるならばそう感じられます。
 

なぜ、宇宙人の存在を信じないのでしょうか?

 
「宇宙人は存在する」とされる人がいるかたわらで、「宇宙人なんて存在するはずなどない!」とされる人も少なくありません。と言うよりは、まさにそれが大多数の見解ではないかと思います。

間違いありません。

きちんとした確証もほぼない、「非公式」UFO宇宙人遭遇の噂じゃなく、依然として誰も、「公式」宇宙人に遭ったことが無いというわけですから。

さらには、宇宙人は存在しないとされる、非常に大きい理由でありますのが、私たちの母なる星・地球の存在となります。

地球は、とんでもないほど、神がかり的というか奇跡的に誕生した星です。

それについては、どのような奇跡だったのでしょうか?

奇跡的な誕生の詳細をいくつか挙げてみようと思います・・・。

  • 奇跡1:星が密集していない銀河の外に存在する太陽系。
  • 星々が密集する銀河系。

    ですが、太陽系の場所というのは、密度の低い銀河系外縁部(オリオン腕)で、他の星等から悪影響を受けないエリアに存在している。

  • 奇跡2:丁度良い質量が備わっている太陽。
  • 恒星(太陽)の寿命というのは、質量で確定される。

    私たちの母星・太陽については、丁度良い質量なので、表面温度も高すぎることもなく、超寿命(約100億年)の恒星。

  • 奇跡3:太陽からの位置がとびっきりによくできた地球の場所。
  • 太陽からの位置が、生命が育まれるためにピッタリな場所(公転軌道)「ハビタブルゾーン」に位置している地球。

    さらには、公転軌道が真円から近い。

  • 奇跡4:地球と月の均衡状態が最高に良い。
  • 地球の大きさから考えれば4分の1である衛星・月。

    この月の大きさというのは、公転軌道が、地球にカンペキな重力バランスが生じてくれている。

    他には、地球の磁場や地軸の傾き、地球に衝突したりする、危ない天体から地球を防御してくれている、巨大惑星・木星の存在であったり、色々な奇跡が積み重なって地球には生命が育まれているのです。

    これほどの地球の奇跡をよく知っている人というのは、やはりあまり多くないかもしれないのですが、そうであっても、地球というのは、奇跡の星とされているのは、誰であってもこどもの頃に学んでいて、そんなの常識?と言いながら、宇宙人は存在しない!と思っている人もかなりいるようです。

    また、疑いたくなるUFO目撃例宇宙人遭遇などを含んだ都市伝説といわれるような噂。

    こういったことも、常識がある人たちにすれば、宇宙人存在説を否定する原因となっているといわれています。
     

    宇宙人の存在を信じない一番大きい理由とは?

     
    宇宙の大きさからいえば、太陽系は随分窮屈な空間だと言えるでしょう。

    太陽系が属している天の川銀河というのは、2,000億個を超える太陽(恒星)の集まりであって、このような銀河もさらには、宇宙からすれば無数に存在しています。

    常識からでは測れないくらい大規模過ぎる宇宙。

    すなわち、地球というような奇跡の星は、それ以外に存在しているとしてもおかしくはないことなので、ほとんどの人は、宇宙がどれくらい広いというのか?理解出来ておらず、もっぱら漠然と「宇宙は広い。」と考えているだけであるのかもしれません。

    まさにそれが、「宇宙人なんぞ存在するワケはない!」といった尺度となっているのかもしれません。
     

    宇宙人が存在するならなぜ地球に来ないのでしょうか?

     
    宇宙の壮大さを知る人のほとんどは「地球だけじゃなく知的生命体は存在する。」と確信を持っている人というのはいます。

    その証拠に、国家レベルにおいても、宇宙人探しに意識を傾けて、進めている国もあるように、アメリカ航空宇宙局(NASA)もさらには、太陽系外に宇宙人の探査に取り組んでいます。

    それでは、仮に宇宙人が存在するとしたら、なぜ地球に来ないのか?

    あるいは、人類とコンタクトを取ってこないのだろうか?
     

    宇宙人が地球に来ない理由1:「広大過ぎる宇宙」

     
    宇宙人が存在しているとしたら、なぜ地球に来ないのだろうか?

    その要因として、これも、宇宙が考えられないくらい広大過ぎるから。というものがあるわけです。

    仮に、人類と同じ程度の文明がある星が、数光年先の恒星系に存在したとします。

    人類が、その星の文明を見つけられないように、その星の文明も私たちと一緒で、地球を見つけることはできないのかもしれません。

    広い宇宙に限って言えば、数光年離れた場所であるとしても、お互いの存在を知ろうとするには、すごく難しく、雲を掴むというような話となります。

    さらには、地球より段違いに進んだ文明がある宇宙人がいたとしても、地球まで来れるほどの、昼間航行が可能な科学力を持っている文明などあるはずがない。

    ひょっとして、それくらいの超科学がある宇宙人が存在したとしたら、人類はとても彼らに太刀打ちできないですし、万が一にも、彼らの地球に関する目的が「悪」であったならば、あれよあれよという間に地球は滅ぼされるはずですし、反対に「善」だったとしても、それなりの方法で人類にコンタクトしてくるのではないでしょうか。

    宇宙からの善も悪のどっちにしても存在しないのなら、現在のところ、広い宇宙を行ったり来たり出来る、宇宙人なんて存在しないということですが、ひょっとしたら、地球の存在を分かっていても、故意に見守っている文明も存在するのかも知れません。

    いづれにしても、宇宙空間というのは考えられないくらい広大過ぎます。

    このことが、宇宙人とアプローチすることが難しい、一番大きな理由ではないかと考えます。
     

    宇宙人が地球に来ない理由2:「地球が環境に合っていない」

     
    文明の進展した知的生命体の住む星というのは、地球の環境が一緒とは決め付けられません。

    これについては、大気成分が違ったり、重力が違ったりだったりですが・・。

    例えば、彼らが地球の環境を検証して、「地球は自分たちが(宇宙人)住める環境とは違う。」と見極めたら、彼らは地球に興味を無くしてしまうかもしれません。
     

    宇宙人が地球に来ない理由3:「進歩した科学文明というの破滅する運命にある」

     
    ある有識者が言っていた事を思い返したことになりますが、数十~数千光年という距離の、星間航行を得られるレベルの文明なんて存在しない。あるいは、それくらいの科学文明を得る以前に、滅んでしまうと聞かされました。

    なぜかというと、科学が発達すればするほど、滅亡のリスクが格段にアップする。ことなので、私たち人類がそうであるのと一緒で、知的能力が進歩した生物というのは、絶対にと言えるほど同族間で争いが引き起こされます。

    人類も科学が進歩したことが要因となって、核兵器というような、地球を滅亡させることが可能な尋常でない兵器を保有しています。

    宇宙のどこかに、高い水準の文明が存在したとしても、彼らは争いが発生し、せっかく、作りあげた文明を自発的にぶち壊してしまっているのではないか、自らの積み重ねた文明のエゴで、星の環境を壊してしまって、滅んでしまいます。

    文明の進化というのは、必ずと言っていいほどそういう終焉を迎え入れる。と申し述べていたのです。

    このことは、私たち人類も当て嵌まるということなのです。
     

    これからの宇宙人探査に希望は指し示すのか?

     
    宇宙人が地球を来てくれないということなら、私たちで探し出すしかありません。

    そういう概念か否かというのはわかっていませんが、人類としては積極的に宇宙人(地球外生命体)の探査に取り掛かっているのです。

    この探査計画を「地球外知的生命体探査(SETI)」と言いまして、50年以上ずっと前から、電波を使用して、地球外文明が放出する人工的な信号探しに取り組んでいます。

    ちなみに、SETIがしている探査というのは、それこそ並外れた作業で、広い砂漠から、ひと欠片の宝石を見つけ出すというモノだと言われています。

    「間違いなく宇宙人はいるはずだ。」と信じこんで、しておられる地球外知的生命体探査。

    その成果を得ることができるというのは、全くもって先の話の可能性もありますが、将来において、より一層、観測技術というのは進歩を遂げていくと考えられます。

    そうなれば、必ずや宇宙人の存在痕跡発見があるのかもしれません。