【日ユ同祖論】君が代をヘブライ語で翻訳すると音声も意味も。

君が代

私たち、日本人として誕生し、日本で成長した人だとすれば、誰もが知っている国家『君が代』。

ですが、その歌詞の意味理解して歌ってる?と尋ねられると残念ながら、全然、理解していない状態で、歌っている人も少なくないことでしょう。

ビックリすると思いますが、国家の歌詞の意味を日本人の9割以上が理解していないと言われています。
 

君が代の歌詞

 
「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌(いわお)となりて苔(こけ)のむすまで」

ん~・・・いずれにせよ理解しづらいですね!
 

「君が代」はいつ頃作られたのだろうか?

 
調べてみたところ「君が代」が作られたというのは、1000年も前の昔で、古今和歌集の短歌の内の1つのようです。
 

「君が代」とは恋文であった。

 
古今和歌集だと、「君が代は」のパーツが「我君は」とされていて、「我君」というのは、当時女性が男性を呼ぶときの言葉づかいとなります。

これというのは、わかりやすく言うと「君が代」の根本にある歌詞は女性が男性に届けた恋文とされています。

ですが、元の歌詞の状態では、女性でなければ歌うことが難しいので、「我君は」を「君が代は」に入れ替え、性別にとらわれることなく歌うことができる歌に作り変えたと言われている。
 

もう一つの「君が代」

 
けれども、時がたつとともに、日本というのは、天皇陛下を中心として続いてきた国で、日本ほど歴史の深い王国については他にはなく、これ程までに長く日本を守ってきました天皇陛下に敬意を表するという意味に伴っての「君が代」になったというわけです。

「君」というのは天皇陛下を表し、天皇陛下の世がいつまでも続きますようにといった意味になります。
 

「君が代」の現代訳

 
君が代というのは(私たち(天皇)の世が時代を超えて)千代に八千代に(千年、万年と永遠に)さざれ石の巌(いわお)となりて(結束し、協力し合い)苔のむすまで(固い絆を結び継いでいこう)
 

「君が代」の解釈

 
「君が代」に関しましては、解釈がたくさんありますので、まさにそれが正しいというようなものが実のところないとのことです。

元は恋文であったのがつくり変えられて現世の国家「君が代」となっていた事もわかりませんでしたが、問題なことは、「君が代」というのは1000年前の『古今和歌集』に登場した読人しらず(不明)の短歌を活用しており、そうしてから更に約千年後の1880年に曲が付けられたのだそうです。

本来は、誰が詠(うた)ったかというのは、不明の短歌の歌詞を国家を選ぶというのは、いまひとつ腑に落ちません。

そういう訳で、調べたところ、別な面白い説が出てきたのです。
 

『君が代』は、ヘブライ語だった!

 
興味深い説とされるのは、国家『君が代』をヘブライ語に翻訳したところ、違った意味があらわれるのです。

【日本語】

キミガヨハ チヨニ ヤチヨニ サザレイシノ イワオトナリテ コケノムスマデ

【ヘブライ語】

クム・ガ・ヨワ(立ち上がり神を讃えよ)

チヨニ(シオン*の民)*イスラエルの歴史的地名

ヤ・チヨニ(神の選民)

ササレー・イシィノ(喜べ残された民よ 救われよ)

イワオト・ナリタ(神の印(預言)は成就した)

コカノ・ムーシュマッテ(全地に語れ)

すなわち、『君が代』をヘブライ語で翻訳すると「立ち上がり神を讃えよ。神に選ばれしイスラエルの民よ。喜べ残された人々、救われよ。神の預言は成就した。これを全地に知らしめよ。」になります。

どういうわけか、こちらのほうが意味が理解できますよね!
 

ユダヤ人言語学者の著者においては

 
ユダヤ人言語学者「ヨセフ・アイデルバーグ氏」の著者を読むと、他言語という類似点の少ないというような日本語からすれば、ヘブライ語と類似した単語が3000語以上存在しますと紹介されているのです。
 

日本語とヘブライ語の類似。

 
・アンタ=あなた ・バレル=明らかにする ・ダベル=話す ・コオル=冷たい ・シャムライ=守る者 ・アラ・マー→どうした理由・何? ・グル→団結する ・ダマレ→沈黙を守れ ・ハッケ・ヨイ→投げろ、やっつけろ ・ノコッタ→投げた、征服した ・ワル→凶悪者

これだけではなく、もっと、あるのですが、先述のように、日本とユダヤの言葉というのは、あまりにも類似点があるわけです。
 

2千年前イスラエルの「失われた10支族」が日本に来ていた。

 
この度、どうしてこういう説を紹介したのかと言ったら、約2千数百年前に、イスラエルを追われた少数の古代イスラエル人(=ユダヤ人、ヘブライ人)が日本に移り住んだといった説があるわけです。

紀元前722年、アッシリアによって滅ぼされた北イスラエル王国の「10支族」(失われた10支族)の一部がシルクロードを通って日本に上陸していたとされる説があるのです。

彼らが来ていた証拠に、日本の地名に及ぶまでその名残があって、京都の太秦(うずまさ)というのは、古代ヘブライ語の「ウズ」(光)、「マサ」(賜物)が語源だとする説。

また、平安京をヘブライ語に翻訳すると「エル・シャローム」と言うのです。

これというのは、すなわち「エルサレム」だということですね。

英語とスペイン語みたいに近い国の言葉ならともかく、イスラエルと日本といった遠く距離のある国でよく似た言葉がたくさんあるというのは、かつて日本において、その言葉を話していた人というのが居たのではないでしょうか。
 
 
 
以上のことから、日本人ユダヤ人(古代イスラエル人)というのは、共通の祖先を持っているといった説があって、これを『日ユ同祖論』と言うのです。

この説に関しましても、すごく深い謎が存在するので、またの機会に紹介させていただきます。