50代の平均貯金額とは!?

50代の平均貯金額

本日は日本人50歳代の平均貯金額なんかについて、紹介させていただきたいと思います。

50歳代となりますと一生の内で最高に収入が多くなる年代とされています。

よその家庭は、どれくらい貯金があるの?

うちの家庭の貯金額は多いの?少ないの?

あなた自身、かなり気がかりなところですよね。

私もすごく、気になってしまいます。

貯金がない世帯も相当な割合でいるらしいです。

それでは、紹介させていただきたいと思います。

50代の平均貯金額とはどれぐらい?

 
50代と言いますのは、会社員生活におきましても、最終的な昇進がされたり、重責を担う大きな仕事に携わっている世代ですよね。

家庭でも教育費が依然として多く必要になり、貯蓄といった割合もしんどい時期だと言っていいでしょう。

住宅ローンがある方も、まだまだ返済が終わりません。

50代となりますとできる人については、一定の役職に従事している年齢で、会社の事業に関わるなどという重責を担う仕事をする事も増えてくるでしょう。

ですが、その一方で50代になったとしても、部長職以上の役職に就けない時は、会社から担う仕事もさほど期待されてないものばかりというような、2極化が証される年代ともいえるでしょう。

その他、会社の業績が悪くなると、この世代というのは、いの一番に、解雇されてしまうかもしれません。

いかんせん、日本企業が年功序列の雇用制度を取り入れているので、50代の給料や年収というのは会社への貢献度からすれば、いずれにせよ何より高いからだといえます。

金融広報中央委員会の家計の金融行動についての世論調査【二人以上世帯調査】といった統計となっている50歳の貯金額の平均を調べてみることにしました。

50代(50~59歳) 平均貯蓄額 1,699万円 負債現在高 617万円

50代世帯の平均貯金額 平均貯蓄額 1,026万円(全世帯の平均額が776万円)

50代年収別貯金額 平均値中央値
年収 平均値 中央値
300万円未満 521万円 50万円
300~500万円未満 935万円 400万円
500~750万円未満 1563万円 1000万円
750万~1,000万円未満 1883万円 1500万円
1,000~1,200万円未満 1804万円 1700万円
1,200万円以上 3723万円 2831万円

平均値は全体を平均させたもの、中央値はトータルの統計の数字を並べた時に真ん中にくる数字を示しています。

「平均値」と「中央値」の違いというのは?

 
平均値というのは、アンケート調査の全世帯の合計貯蓄額を、世帯数によって割った数となります。

パッと見、平均的な数字が出るかのように見れますが、それらの中に、もの凄く貯蓄額が多い人がいるなると平均値が極端に高くなります。

そうした理由から、中央値だったら、全世帯のちょうど真ん中の世帯の貯蓄額を用いますので、特に実情的な数字だと言われています。

50代の平均年収というのは?

男性:642万円。
女性:457万円。

 
学歴別平均年収

最終学歴 50代の年収
大卒 815万円
短大卒 618万円
高卒 526万円

 

50歳代で貯金ゼロの割合とは?

 
ビックリするかもしれませんが、50歳代におきましても貯金ゼロの人というのはたくさんいます。

色々な理由があるとは思いますが、その割合というのはどれほどでしょうか?

年収 貯蓄なし割合
300万円未満 39.20%
300~500万円未満 19.00%
500~750万円未満 12.40%
750~1,000万円未満 4.30%
1,000~1,200万円未満 4.40%
1,200万円以上 6.00%

 
これを確認すると、とにかく年収300万円未満で約40%の人が貯金出来てないという事だと思います。

貯金する余裕がないと、いった理由が多いといえます。

ですが、年収1,000万円以上の方も約10%が貯金していないと出ています。

年収が多くある方が貯金しやすい事は確かだとしても、そうは言っても、貯金がゼロの人も10%もいるというのは驚愕ですね。

みなさんの貯金額と見比べてどうでしたでしょうか?