【宇宙は二次元】宇宙は「二次元ホログラム」理論をわかりやすく。

宇宙は二次元

宇宙の実態は謎に覆われていまして、依然として宇宙の成り立ちというのを、専門家のの中で議論が絶えません。

最近になって、専門家のの中で注目を集めている説の中の一つに、「宇宙ニ次元説」というのが存在します。

「宇宙が二次元というのはどういう事?」と思った人もいらっしゃるのではないでしょうか?

本日はそういった宇宙ニ次元説に関しまして、詳細に紹介したいと思います。
 

ホログラフィック理論からくる宇宙ニ次元説。

 
宇宙論の中の一つに「ホログラフィック理論」というのが存在します。

これというのは1997年に物理学者のフアン・マルダセナが提唱したのです。

この説については、シンプルに説明すると、「宇宙は実は平面である」というものになります。

ここ最近では、VR技術が発展していまして、バーチャルリアリティの世界と現実の世界の区別がつかなくなってしまう程です。

驚きですが、私たちのこのリアル世界も宇宙に保存されたニ次元の情報を立体的に投影された、3D映像と考えられるものではないか?というのです。

とは言っても、3D映像と違うのが、実体を持っており触る事も可能だという点です。

このホログラフィック理論については、「ブラックホールに吸い込まれた情報はどういうふうになるのか」とされる議論において生じたのです。
 

ブラックホールに吸い込まれた情報は質量保存の法則に矛盾する。

 
「質量保存の法則」を理科で習いましたよねぇ~?

簡単に説明すると、水は熱することで蒸発し、一見すると、無くなったかのように見れますが、実際は水蒸気になって存在し続けているというわけです。

こんなふうに、この世のものは、すべてなくなったように感じられても、一切合財無くなることはありませんというのが「質量保存の法則」になります。

これは情報も一緒です。

ですが、この質量保存の法則が、ブラックホールに吸い込まれた情報には、当てはまらないかもしれない?というような疑念が浮かび上がったとのことです。

これというのはつい先ほどの、質量保存の法則に矛盾しています。

そこでこの矛盾から脱するのに、考案された理論が、「情報というのはブラックホールの内部ではなくて、事象の地平面上にニ次元化なされて保存されている」と言われるものだったのです。

事象の地平面というのは、「これよりもっとブラックホールに近くなると吸い込まれる」とされる境界のところです。

この理論ならば、ブラックホールに吸い込まれた情報が消滅するというのは、無くなります。

更に、それから後に発見された「AdS/CFT対応」と言われる原理によって、この事実については、理論上、立証されたのです。

それから、ホログラフィック宇宙論については、このブラックホールの理論から導き出されたのです。

ブラックホールニ次元化した情報が元の姿で、ブラックホールに吸い込まれる前段階の情報は3D化、されたに過ぎず、吸い込まれることによって、元の状態に戻っただけだという事を意味します。
 

宇宙が二次元とされる根拠。

 
それだけでなく、ビックリしますが、宇宙が二次元であるといった根拠がチラリホラリ発見されているというのです。

具体的に言えば、宇宙の姿が二次元だとしたら、三次元空間に存在すると考えられている重力は実際には存在しないことになります。

重力というのは、物理学においても、色々な矛盾を引き起こす面倒なものではありますが、宇宙が二次元で重力なんて存在しないとすれば、重力の矛盾というのは考えなくて良いことになって、宇宙の成り立ちに関して、説明できることが多くなってくるのです。

また最近では、イギリス等の研究チームが宇宙マイクロ波背景放射(CMB)を調査して、ビッグバンの片影だと思っていたCMBが、実のところ映写機の光みたいなものではないかというような結論を導き出したのです。

CMBを事細かに確かめてみると、場所によってムラがある事がわかったのです。

そしてこのムラが、宇宙を二次元から三次元に置き換える時に起こったバグじゃないかといいます。

どういうわけか、現実味がない話に聞こえたりしますが、なんとあのホーキング博士も永眠する前の最新の論文において、「宇宙は二次元の可能性が高い」と結論付けているのだそうです。

ホーキング博士は最終の論文において「宇宙は有限で平坦なものであると考えられる」と言う事を述べていまして、これはホーキング博士が宇宙の全貌は二次元であると考えていた事を記されています。

ホーキング博士さえも宇宙二次元説を支持していたとすれば、一気に現実味が帯びてくるのではないでしょうか。

SFの世界の話かのような宇宙ニ次元説ながらも、専門家たちの間においては真面目に分析されているのです。

この世界がニ次元だったと明らかになったにせよ、私たちの生活が変わるということにはなりません。

ですが現在に至るまで常識だと思い込んでいた事が「現実的には間違いであった。」というようなことはあったりするかもしれないですね。

私たちが思い込んでいる常識や世界というのは、現実的に正しいと言えるのでしょうか?

また、今のこの世界は何次元だと考えますか?