車のエアコン(暖房)は燃費悪化するのか?

車の暖房

冬期間の車内空間を居心地よく過ごすのに必要とされる車の暖房ですが、カーエアコンの暖房の仕組みや要領を得た使い方をあまり知らないという人もいらっしゃると思います?

ですが、車の暖房の仕組みや要領を得た使用方法を理解せずに使用していると、暖房の効果を十分に発揮することができなかったり、燃費を悪化させたりすることがあると思われます。

本日は車のA/Cスイッチの意味と、冬の燃費、暖房効率を良くする方法等を紹介したいと思います。
 

A/Cスイッチの役割

 
車におけるこの「A/C」というのは、Air Conditionerを省略したもので、エアコン(エアーコンディショナー)のスイッチのことになります。

エアコンと聞きますと、私たちが日常、ご自宅で良く知っているエアコンの事をイメージし、冷房や暖房といった機能が装備されている電気機器だと思い浮かべるかと思われますが、なんと、車のエアコン(A/C)には、暖房機能は無く、冷たい空気を出す冷却機能と、除湿機能のみしか備わっていないのです。(*しかし、電気自動車は除外)

車に関しては、暖房とエアコン(A/C)は別物となります。

A/Cスイッチというのは、冷房時に使用されるコンプレッサー(圧縮機)を動かすことに必要なもので、このスイッチをONにすることによってコンプレッサーを移動させ、冷却・除湿をするのです。
 

エアコン(冷房・除湿)を使用すると燃費は悪くなるの?

 
冷房を掛けたい時は、A/CスイッチをONにしないと冷風が生じることはありません。

A/CスイッチをONにすることから、コンプレッサーが機能して、冷媒が冷やされ、空気を通ることから、冷風を作って、車内に送っているというわけです。

コンプレッサーを起動させるためには、大きな電力が求められますが、その電力というのは、エンジンの動力から生み出されます。

そういう理由から、エンジンに過剰な動きが数多くなって、ガソリンを一層多く使うこととなります。

何より冷房を頻繁に利用する夏のシーズンは、燃費が誰の目にも明らかに悪くなってしまいます。
 

燃費に影響する?暖房を使用すると燃費は悪化するのか?

 
カーエアコンの暖房も、冷房と一緒のような仕組みとされると思われる人もいるそうです。

実のところ車の暖房というのは、エンジンを冷却する為に循環している冷却水の熱、言ってみれば捨て熱を利用しています。

「暖房のために新しいエネルギーを作っている」のじゃなく、不必要な熱エネルギーを処分しないで、暖房用に使っていると言うことなので、燃費にはたいして影響を及ぼしません。

従って、冬に暖房を使った場合でも、コンプレッサーを稼働させる必要性がない、すなわちA/Cスイッチをオンにすることなく、カーエアコンの暖房を使用する事ができるのです。

夏の習慣で、「A/Cスイッチを入れて設定温度を高くする」というような使用法を行なっている人はいないでしょうか?

カーエアコンの暖房機能というのは、送風(ファン)によって、その熱を流し込む働きと、温風の温度を調節する働きの2つとなります。

「寒いけど燃費を心配して暖房はつけない!」という方もいるのですが、暖房については燃費はあまり気にかけなくてもいいと思います。

維持費を下げることを考えて色々な要素の調節は求められますが、寒いことを我慢する必要をされることなく、どんどん暖房を使っても良いでしょう。

そういう仕組みから、暖房のみを使用したい場合には、A/CスイッチはOFFにして、送風(ファン)の風向と強弱の調節、温度調節をするだけでOKです。

例えば、A/CスイッチをONにしたら、カーエアコンは暖房をしつつ、冷房(除湿)を作動させていることになることから、意味のないエネルギーを使っている事になるのです。

より一層車内の暖房効率も悪くなってしまいます。

当然ですが、温風の送風(ファン)のための電力を使うので、全く無料ではないですが、使用電力は小さく、燃費に影響する程ではないので、エネルギー消費にたいして影響はないと思っていいでしょう。

これというのは、電気を使うオーディオやヘッドライト等も同じ事が言えますね。

尚、雨天、降雪時等、結露等でガラスが曇ってしまった場合には、視界が悪くなると事故のリスクも上がってしまいますので、燃費は悪化しますが、冬場でもA/Cスイッチを適時、ONにして除湿をしてください。

もっと言うなら、エアコン(A/C)を全然使用しないと、コンプレッサーの故障の原因になるかもしれない事からも、エアコンを適時、使用する事は非常に重要な事なのです。
 

電気自動車やハイブリッド車の場合は事情が異なる。

 
ここで注意点というのは、ここまでの説明というのはガソリン車のケースであるので、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)の場合だと事情が違ってきます。

電気自動車(EV)の場合だと、エンジン熱というようなものがありませんので暖房もある程度電気を消費します。

その為、暖房を使うことにより、航続距離が下がるため要注意です。

ハイブリッド車(HV)も一緒で、暖房を使用すると燃費が悪化します。

なぜならば、熱を溜めることからエンジンを使わないといけないためです。

一方で、冷房はクーラーコンプレッサーをエンジンで回さずに電気で回すことから、ガソリンの消費はほとんどありません。
 

本来、冬は燃費が悪化する。

 
さあ、ここまで、暖房を使っても燃費が悪化することはないと語ってきたのですが、正しく言うと、エンジンが十分に暖まった時の話となります。

ここからは、冬に燃費が悪化するポイントを見ていきたいと思います。
 

冬は燃費が悪化する理由①エンジンが冷えている。

 
実際のところ、冬の時期等、エンジンの始動時、エンジンが暖まっていないとすると、エンジンが適正温度に到達するまで力を振り絞ってガソリンを燃やして回転数を上げようとします。

冬になるとエンジンを掛けても、すばやく暖房が効かない理由は、エンジンがまったく暖まっていないためです。

そんな訳で、エンジン始動時は、暖房の使用が燃費悪化にある程度、影響することになります。

ただし、始動開始から時間が過ぎ去り、エンジンが暖まってきてから以降は、暖房はその廃熱をうまく活用することに繋がることから、燃費が悪化しないのです。
 

冬は燃費が悪化する理由②暖機運転をしている。

 
地域にも左右されますが、早朝はフロントガラスが凍っており、暖機運転せねばいけないのです。

止まっている間もガソリンに関しては、消費することから、その分燃費は悪化します。
 

冬は燃費が悪化する理由③空気密度が上がる。

 
冬は空気密度も違いがあります。寒いと酸素の量が増加することから、その分ガソリン消費も増えることになります。
 

冬は燃費が悪化する理由④スタットレスタイヤの摩擦抵抗。

 
スタットレスタイヤは、夏専用のタイヤと比較すると、摩擦抵抗が増加するので燃費が悪化します。
 
 
冬に燃費が悪化する理由とは以上になりますが、これはすなわち、車は冷えているといい感じに動くことができないことから、ウォーミングアップを多めにしているのです。

冬のエンジン始動時に燃費が悪化する事を防ぐ方法というのは、残念なことですが存在せず、暖冬を願うしか方法はないみたいなので、原則として冬というのは、暖かい季節と比べて燃費が悪化するのは仕方のない事になるのです。

それを当然とした上で、正確な暖房の使い方を認識し、走行時の燃費の悪化を防ぐことこそがすごく大事になってくるわけです。
 

暖房の効率が良い使い方。

 
ここからは、A/CスイッチをOFFとした場合の効率が良い暖房の使い方に関して確認していきます。

但し、エンジンが冷え切っている状態での始動時ではなしに、それなりに暖まったときの方法となります。
 

暖房の効率がよい使い方:1.送風(ファン)を稼働、かつ外気導入にする。

 
車の暖房効果を高めるポイントとしては、「外気導入」の活用が効果があります。

A/CスイッチをOFFで外気導入にする事で、送風のみで温風が出てきます。

外気導入にすることが大事で、そうすることによってエンジンからの熱を車内に流し込む事ができるのです。

更に、温風は下から上へと流れる習性を利用して、送風口の向きを下向きにすることによって、車内に万遍なく温風を巡らして、より効率良く暖める事ができます。

とは言っても、A/Cスイッチを押さずに送風のみにした場合は窓ガラスが曇りやすくなってしまい、ちょくちょくA/Cスイッチを押してやることが求められます。

又、窓を開けて換気しておきさえすれば、車内の湿度を調整する事ができるというわけです。
 

暖房の効率がよい使い方:2.送風(ファン)を切り、外気導入にする。

 
先ほどあったファンを稼働させる以上になお一層、燃費の良い方法です。

驚くことに、送風(ファン)をオフにしても外気導入に設定するだけで、車速が出ている場合になると微妙ですが、温風が車内に入ってきます。

それなりに車内が暖まるまでは、内気循環にし、送風(ファン)を回し、車内が有る程度まで暖まった後は送風(ファン)をストップし、設定温度を高音域にし外気導入にすると良いでしょう。

そうすることにより、送風分の電気負荷を軽減でき、輪をかけて燃費が良くなります。
 
 
 
車種や車の年式、機能によって効果の程に違いが出てくることになるかもしれないがエアコン暖房の仕組みや機能を認識していて使うのと、知らないで使うのとではずいぶん異なってきます。