軽自動車が輸出されない理由とは!?

軽自動車

軽自動車については我が国でも売れ線のオリジナル規格だと思いますが、他国においてもニーズがあるのではないかと感じます。

低燃費で低価格・高性能で高品質・日本グレードの安全性ここまで秀でたパックだとすれば海外でも注目を集めるのは間違いないはず・・・。

ところが、現実には軽自動車は海外へほとんど輸出されていないのですが、どうしてなのでしょうか?

本日は、軽自動車が輸出されない理由、出来ない理由について紹介させて頂きます。
 

日本オリジナルな規格とされる軽自動車

 
軽自動車というのは法律でしっかりと分類されていて1998年10月に改定した現行の規格については次の通りとなります。
 

  • 全長3,400mm以下
  • 全幅1,480㎜以下
  • 全高2,000mm以下
  • 排気量660cc以下(出力は自主規制64ps迄)
  • 定員4名以下
  • 貨物積載量350㎏以下になります。

 
普及するようになってきたのは、戦後少し経って自動車の所持が一般的になってからだだと言われています。

最初の頃は、現状の軽自動車より、小型の規格となっていたそうですが、それ以降、車体の大きさと排気量に関して緩和されたのです。

小型であるのに3気筒あるいは4気筒のDOHCターボエンジン搭載車等、最近ではハイブリッド車も出てきています。

衝突安全基準においても、普通自動車と同一の規準を実現していて、ユーザーにとって、軽自動車というのは小型自動車と比較しても引けを取らない存在になったわけです。

さらに、軽自動車に関しては、税金などのような経費が安いことから、小型自動車と能力として差がほぼない現代においては、軽自動車を選ぶユーザーも多くいるのです。
 

軽自動車が輸出されない理由・できない理由。

 
国内においても、ものすごいシェアを占めている軽自動車でございますが、海外では浸透していないのには根拠があるのです。
 

軽自動車が輸出されない理由1:軽自動車に乗る必然性がない。

 
一番大きな原因とされるのが、軽自動車に相当するという規格が海外にはほとんど存在していないことになります。

本来、軽自動車が日本でどうして普及したのかとと言ったら、普通自動車と比べて性能は劣るのですが、価格も税金も低価格だというのが大きな理由でした。

ですが日本の軽自動車を輸入販売したにしても、海外には日本と一緒のような軽自動車に関する税制上の優遇処置というものはあり得ません。

海外のユーザーにからすれば、性能の劣る自動車要するに日本の軽自動車をわざわざ買うメリットがないのでしょう。

また、軽自動車というのは、排気量が小型なので、その割合に応じ、燃費が良い印象があると感じます。

しかしながら、現実問題として、小排気量からすれば、現代の軽自動車は車体が大きくなっていき、車体重量も重くなりました。

結果として、ハイブリッド車やリッターカーよりも燃費が悪いモデルもかなりあります。

イギリスでは、自動車のCO2排出量を基準にした税率を組み込んでいますので、排気量の大小以上に環境性能にユーザーの判断は影響されているというわけです。
 

軽自動車が輸出されない理由2:衝突安全性に関する不安

 
現在でこそ、軽自動車の衝突安全性というのは、普通自動車と同水準に至る迄の性能が実証されていますが、従来は断然悪かったというのは事実なのです。

とりわけ日本より速度域の高いアメリカやヨーロッパといった市場では、軽自動車の衝突安全性にデメリットを有していると考えられていました。
 

日本の軽自動車に人気が集まる場合もある。

 
日本の各自動車メーカーが軽自動車をそのまんま、輸出するのではなく、各国の境遇に適した自動車を製造していた例はあります。

インドに設立したスズキの子会社については、アルトを基本にした「マルチ800」を製造していたのです。

排気量は800ccに高められているのですが、低価格であるゆえに現地ではヒット商品になって、2014年までの驚くことに30年間も生産されたとのことです。

更には、ヨーロッパ市場では、三菱製のi-MiEVがフランスのピジョーやシトロエンにOEM供給され、それぞれionあるいは「C-ZERO」の名で販売されました。

衝突安全性に備えてフロントバンパーが大きくなった事を除いては、国内向けのi-MiEVとそれほど変わりはありません。

これに関連して、i-MiEVが容認された理由の一つとして、ヨーロッパで税制上優遇される電気自動車となっていることが挙げられているのです。

それとは別に若干ではあるのですが、スズキ製の軽スポーツカーとされるカプチーノはイギリスへも輸出されました。

マツダ製オートザムAZ-1やホンダ製ビート、S660など、軽自動車規格のスポーツカーは世界的な規模で人気なのです。
 
 
 
いつもなら意識することさえない軽自動車ではありますが、正確に言うと日本独自の存在であると知ることにより、特別の車に見えるようになることでしょう。

誰もが気軽に乗れる軽自動車については、日本に住む私たちからすれば本当に望ましい存在であるのかもしれないのです。