レギュラー車にハイオクを入れるとどうなる?メリットとデメリット

レギュラー車にハイオクガソリンを入れるとどうなる?

現在ではトヨタのミライ等のような、環境に優しくガソリンを使わなくてよい電気自動車も市販されていますが、依然として、ほとんどの車はガソリン燃料使うガソリン車になります。

ガソリン燃料においては、レギュラーとハイオクの2種類があるわけですが、皆さん違いは知っていますか?

なかにはあまり分からないとされる人もいらっしゃることと思います。

ですので本日はレギュラーガソリンとハイオクの違いに関しまして紹介したいと思います。
 

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違い。

 
レギュラーガソリンとハイオクガソリンのいろいろな違いが生じる根幹は、オクタン価となっています。

日本で販売されているガソリンのオクタン価というのは、JIS規格で定められており、レギュラーのオクタン価が89以上でハイオクのオクタン価が96以上と設定されております。

オクタン価(オクタンか)というのは、ガソリンのエンジン内での自己着火のしやすさ、ノッキングの起こりにくさ(耐ノック性・アンチノック性)を表す数値ということです。

オクタン価が高い程、自己着火しにくくノッキングが起こりにくいのです。

レギュラーガソリンの方が、オクタン価が低いことから燃えやすく、ノッキングが起こりやすいガソリンという事となります。

引き続きノッキングに関して説明していこうと思います。

車のエンジンというのは、ピストンを動かす事によって運動エネルギーを獲得する構造になっており、大きなエネルギーを確保することを目的にガソリンを最良なタイミングで爆発させているわけです。

ですが、オクタン価が低いレギュラーガソリンは発火しやすいとされる特性があることから、一番良いタイミングに限らず勝手に爆発を起こしてしまい、その爆発で発生する衝撃が燃焼室でキンキンというような金属をノックしているみたいな音を鳴らすのです。

まさにそれがノッキングとされる現象でエンジンの損傷がもたらされる場合があるのです。

ノッキングがもたらされる原因はガソリンだけに限らず、エンジンに大きなプレッシャーが掛かった場合等、様々想定されますが、本日はガソリンの話がテーマなので、これよりもっと詳細な話は回避しておくことにします。

ハイオクガソリンの方がオクタン価が高いことから、発火しにくく、レギュラーガソリンと比較するとノッキングは起こりにくいと言えます。

現在のエンジンでは、ノッキングを回避するノッキングセンサーというような機能が装備されているらしく、ノッキングを感知したら車のPCが全自動で爆発のタイミングを調整してノッキングを回避するとのことです。
 

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの価格の違い

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの価格は10円くらい違ってきます。

この違いもオクタン価が関係しているもので、高いオクタン価を目指すための生成過程でレギュラーと比べて手間暇が掛かっているため価格に違いが生じています。

更に、ハイオクガソリンには洗浄剤等の添加物が含まれていることから、これらも価格の差を生じさせている事になるのです。(しかしながら、一部のレギュラーガソリンにも洗浄剤は含まれているとのことですが。)

 

レギュラーガソリン専用車とハイオク専用車は何を見れば分かるの?

 
セルフサービスのガソリンスタンが増えてきて、運転手自分自身でガソリンを給油する機会だって多くなりました。

もしも自身が乗っている車が、レギュラーガソリン車なのかハイオク車なのかどちらか知らないという人は、給油口の内側に書かれているはずなのでチェックしてみて下さい。

万が一、給油口に書かれていない場合は、車の取扱説明書にも一緒に書かれているので確かめてみてください。
 

ハイオクガソリンをレギュラー専用車に入れるとどうなる?

 
ハイオクのメリットだという、ノッキングを防止する効果が期待することができそうですが、もともと、レギュラー専用車両はレギュラーのオクタン価が低いという事を想定して開発されていることから、いまいちハイオクの非ノッキング効果は期待できないです。

「ハイオクにはエンジン洗浄効果がありますからレギュラー車だとしてもハイオクを入れたほうが良いでしょう!」

などと言われることを石油業者が話をしているのですが、これに関しては賛成の声、反対の声、両方あるとのことです。

エンジンはきれいになる!というような人もいたり、すでに汚れきっているエンジンをきれいにする効果はハイオクにはないと言う人もいるというわけです。

要するに、ハイオクをレギュラー車に入れる事によりエンジン性能がアップする事はなく、洗浄効果を信じるかそうでないのかは人によりけりと言うところではないでしょうか。
 

レギュラーをハイオク専用車に入れるとどうなる?

 
ハイオク専用車のエンジンにも、ガソリン点火時期を調整する機能というのは付いていまして、レギュラーを入れても走行については可能となりますが、ハイオク専用車もレギュラー専用車と一緒でハイオクを利用する条件でエンジンの設計が行なわれていることから、想定した通りの爆発力を得る事が出来なくなってしまいます。

安価であるレギュラーガソリンでガソリン代を節約出来ても、走行性能・燃費の低下がもたらされることから結局のところ損する事になるのです。

言ってみれば、ハイオク専用車にはハイオクを、そしてレギュラー専用車にはレギュラーをとの事で、決められたガソリンを給油するのが一番良いと言われています。