なぜ安い/品質は?|格安ガソリンスタンドのガソリンって大丈夫?

格安のガソリンスタンドのガソリンって大丈夫?

最近ではガソリンの価格の上昇・下降がすごく急激ですが、町中を車で運転しているとスタンドが違えば値段がバラバラですので、ちょっとでも格安だと給油したいとチェックしながら探すことだってあるのではないでしょうか。

そのような中で気がかりなのが、石油会社の看板が上がってない「JA」「イオン」「丸紅」、等のようなPBスタンド、通称無印スタンド等と言われるガソリンスタンドじゃないだろうか。
 

格安ガソリンスタンド、PBスタンド、無印スタンドというのは?

 
エネオス、シェル、モービル、出光、コスモという石油会社の看板を前面に打ち出しているガソリンスタンドが「元売り系スタンド」とされるのに対し、農協や商社の名前、独自の会社名を看板にうたっているというのが「PB(プライベートブランド)スタンド」「無印スタンド」というスタンドに該当します。

PBスタンド、無印スタンドというのは元売り系スタンドに比べると価格が格安なところが数多くあります。

そういう理由から「格安だから胡散くさいんじゃないの?」「ガソリンの品質が悪いのじゃないか?」等といった心配を持たれる人もいらっしゃるようです。

そういった心配からなのかちょっとばかり利用する事を、躊躇してしまう人もいるみたいですね。

そういうわけで本日は、PBスタンド、無印スタンドというのはどういったものであるのか、なぜ安いのか、品質に心配はないのか?を紹介させて頂きます。

とりあえず、ガソリンの価格というのはどうして店それぞれによってあそこまでバラバラなのでしょうか、どういうわけで急激に値段が上下してしまうのか、とされる疑問から解き明かしていきたいと思います。

ガソリンの販売価格を決定するのって国でも地方自治体でもないです。

ガソリンスタンドのオーナーになります。

販売者側が思い通りに価格を設ける事が出来るのです。

ではどうして、あのようにコロコロ価格が変わるのかと言うと、この理由は原価がコロコロ変化するからです。

ガソリンの原料というのは原油になるので、原油の価格が変動すれば当然のことながら、ガソリンの卸値も変わってしまいます。

原油価格というのは、先物取引価格市場で価格指標が設定されており、価格指標については毎日変動し続けているのです。

更に、原油はほとんど輸入品ですので、石油を輸入しようとすると代金はドルで払うことになります。

すなわちざっくり整理すると「日々石油の取引価格と為替が変化してしまうため原価が変わりやすい」ということなのです。

しかも、原油というのは世界情勢のコントロールされやすいというような事情も存在します。

更に、判っていらっしゃる人もかなりいると思いますがガソリンの価格の内で、50%近くについては税金となります。

2016年の時点では1リッターに付き、53.8円の税金がのっています。(沖縄県は48.3円)

ガソリンスタンドのオーナーは残りの金額より商売の利益を得ることが求められますので、1円、2円の差は大きいといえます。

経営からすれば短い期間の間に原価が上下しますので、値段を上げない状態でいたら損することもあり得ますし、儲かるからといって別のお店が価格を下げているというのに価格を上げたままにしているとお客さんに逃げられてしまうのです。

このような色々な理由より短い期間の間にガソリンの価格というのはコロコロ変わるということなのです。
 

PBスタンド、無印スタンドのガソリンが格安な理由。

 
ガソリンを格安で売ろうとすれば、原価も格安にする必要性がありますが、PBスタンド、無印スタンドというのはガソリンの仕入れ原価が安いことになるのです。

原油からは、ガソリンだけじゃなく軽油や灯油を一緒になって作り上げる事になるのです。

そういった背景から、灯油のニーズが大きいからといって、灯油のみを作ることはできず、ガソリンが共に生産される事になるので、ガソリンが余ってくる事が出てくるのです。

ガソリンについては保管がやりにくいことから、過剰な分は他に安く販売してしまうのが効率が良いというわけです。

要するに、この過剰なガソリンがPBスタンド、無印スタンドで仕入れられているガソリンだとされます。

原則として「大手石油会社で製造されたガソリンがアウトレット価格で市販されている」と理解して良いと思われます。
 

PBスタンド、無印スタンドのガソリンの品質。

 
ならば、石油会社で製造されたガソリンのためまったくもって品質は同じものだと言えるのかな?だと、じつはちょっとだけ違っています。

PBスタンド、無印スタンドというのは、なるべく安い仕入れ原価を出してくれる会社から仕入れしようとします。

格安で仕入れる事は経営的に基本条件ですが、結果として色々な会社のガソリンが混ざり合うことが起こります。

ですがガソリンが混ざり合ったからといって不安に思う必要はございません。

日本のガソリンというのはJIS規格から企画化されていますし、言うまでもなくあなたであっても、いかなる時も同じ石油会社のガソリンのみを給油しているのではないでしょう。

ガソリンの銘柄を切り替えるからといって、ガソリンタンクを100パーセント空にしてから給油する人はまずいないことは間違いありません。

どっちにしろ、車の中で色々な会社のガソリンは混ざり合っているというわけです。

そうだとしてもまだ「大手と一緒のガソリンを販売しているのに価格が格安なのは薄めて売っているからなんじゃ?」とか、「どういうわけか格安ガソリンは減りが速いようにも感じる。」という噂が気に掛かる人もいないでしょうか。

しかしながらこれもまた安心して下さい。

日本には「品質法」(揮発油等の品質の確保等に関する法律)というものがあるので、販売業者からすれば品質の確保と品質の確認義務等が課せられてあって、「揮発油販売業者は原則として「10日に1回」販売する揮発油が揮発油規格に適合している事の品質分析をする義務がある。」に規定されています。

したがって、販売店は試験センターを持つ一般社団法人全国石油協会へ、レギュラー、ハイオク、軽油の各サンプルを取り出して10日に1回提出することが求められます。

言うまでも無く、ここで規格の合わないガソリンが見つかれば、業務停止命令等、シビアな法的処分がされることになりますので、営業しているスタンドで給油する分にはさしあたって不安に思うことはないと考えて良いのではないでしょうか。

なお、元売り直径店舗、石油元売系では「元売が保証している」という理由から1年に1回のチェックで良いと言われています。言い換えれば、PBスタンド、無印スタンドの方がちょくちょくチェックされている分、品質に関しては確実とさえ言えることになります。
 

ハイオクガソリンについては注意?

 
ですが上記で述べた法律ができた理由として、ハイオクガソリンがレギュラーガソリンで薄められていたというような、事件が現実にあったのです。

だけどこれは、PBスタンド、無印スタンドだけに限らず元売り系スタンドでもあります。

故意だけじゃなく、タンクローリーから荷降ろしの時に勘違いで混ざってしまう事もあります。

ハイオクガソリンにレギュラーガソリンを混ぜられたところで普通なら分かりません。

なぜかと言うと、ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを満タンに入れても故障を起こすことなく走るからです。

さすがに、本来のパワーや燃費を発揮させることは不可能ですが、故障することはありません。

更にハイオクに関してはもう一点あります。

ハイオクガソリンは各元売り会社というのは、プレミアムガソリンということで価値をつけることもあって、ガソリンにエンジン洗浄剤などを含んだ添加物を加えているのです。

PBスタンド、無印スタンドのハイオクガソリンは個々の会社の寄せ集めである事が多いので、このような添加物がきちんと性能を発揮するかどうかは不明ということです。

ですが、変質して故障になったりすることはありません。

このことは前述したことからもわかるように、あなたの車のガソリンタンクの中で多々ある石油会社のガソリンが混ざりあっていることから同じことです。

くどいようですが、各サンプルを抜き取って10日に1回提出しているのでハイオク、レギュラーガソリン、軽油、いずれも国からのお墨付きということになります。
 

なぜ安い/品質は?|格安ガソリンスタンドのガソリンって大丈夫?:まとめ。

 
車の燃費性能向上や免許取得者数の減少することにより、ガソリンの需要に関しては年を経るごとに減少しており、閉店に追いやられるガソリンスタンドも多くなってきました。

そのような中で、PBスタンド、無印スタンドのお店の数は横ばいで、全部ひっくるめた割合で確認してみると大きくなってきていると言えます。

結果として、PBスタンド、無印スタンドは価格が安いだけでなく全く問題もないので安心して使いましょう。

逆に、10日に1回調査が義務付けられているPBスタンド、無印スタンドの方が、1年に1回だけ調査の元売り系スタンドと比べて安心、とさえ思われます。

更に、クレジットカード払いが可能なスタンドなら、ポイントが貯まりやすいカードを使いこなせばますます得になります。

分かりやすく言うと、楽天カードならば溜まったポイントは楽天でショッピングが可能なので、ポイント分も割引されたのと一緒です。

いずれにせよ同じ給油をするわけなので、ちょっとでも得する方がありがたいですよね。

あなたも上手に給油して満足できるカーライフを送って頂きたいと思います。