【車の寿命判断】車の寿命年数の平均目安は?走行距離?サインは?

車の寿命

ちょくちょく「10万キロ走ったら車の寿命になっている。」などという話をよく耳にしたりしますが、現実的に車の寿命については、はっきりとあったりするわけではないです。

修理、メンテナンスを行ない部品を交換することにより、車というのはより一層長く長持ちをします。

ですが、その部品の交換費用や修理費用が大きくなることから、寿命とされる言葉が使われているだけに過ぎません。

それでは、現実の上での車の買い替えどきというのはいつが目安になると言えるのでしょうか?

本日は、どういうところを判断基準にして自分の車の寿命を判断したら良いと思うのかを紹介させて頂きます。

さらに、外国の方たちの考える車の寿命私たち日本人が考える車の寿命が異なるところにつきましても合わせて紹介させて頂きます!
 

車の寿命というのは何なのでしょう?

 
「この車、間もなく寿命かなぁ~」という判断するといったシチュエーションはありがちだと思われますが、一体全体「車の寿命」というのは何なのでしょうか?

故障が数多くなってしまった時、修理や車検に数十万円も請求されてしまった時、現時点で運転している車に飽きた時?

または、車の寿命の判断をシンプルに「走行距離」で判断してりしていないでしょうか?

「車は10万キロ乗ったとしたら寿命だ!」という話を聞いた事があると思いますが、車そのものに決まった寿命はありません。

車は色々な部品から作られていますから、故障が生じた部分を交換、修理することにより性能を長く持続する事もできるのです。
 

10万キロが車の寿命という目安とは

 
それでは、10万キロが車の寿命と判断される目安とは何からきているというのでしょうか。

それについてはズバリ「タイミングベルトの交換時期」と「自動車税の増額」の2つも影響からだと考えられます。
 

タイミングベルトの交換時期

 
大量の車種にセッティングされているタイミングベルトの交換時期というのは、だいたい10万キロが目安にされています。

標準的には車の使用平均が1年で1万キロくらいですから、単純計算すると10年で10万キロということを示します。

例えばタイミングベルトが切れてしまいますと、車を走らすことなど不可能ですから、絶対に交換が必要です。

この他にはタイミングベルトの交換の時には、周辺のパーツも消耗・劣化していることもあって、交換を勧められる可能性が高いでしょう。

当然10年も乗っていたなら、消耗して交換が求められる部品が存在するというのは分かると考えられますが、気掛かりなのはその「費用」じゃないでしょうか。

タイミングベルトや周辺部品の交換を伴う費用については、10万円以上するというのがほとんどになります。

日本においては、車検以外で車の点検に出す事はあまりないことになりますので、車検時に交換を勧められたケースだと、車検費用とトータルすると総額、数十万円の支出が必要に違いありません。

そうなれば「修理にこれほどの費用が掛かるのであれば買い替えた方が良いな」、とされる結論にたどり着くドライバーが多い事が、寿命10万キロといわれる大きな理由だと考えられます。
 

自動車税といった税金の増

 
車は持っているだけで、1年毎に自動車税が取られます。

更にこの自動車税については、所有している年数が長いと増額されることになります。

ガソリン車に関しては13年経過、ディーゼル車に関しては11年経過で増額されることになります。

新車登録を行ってからこれらの毎年が過ぎると、現時点での税額に15%オンされることになります。

具体的に言うと、2000ccの自動車を所有していたとして、毎年支払う自動車税に関しましては39,500円ですので、15%オンすると自動車税は45,400円になります。

自動車税だけに限らず、プラス重量税も上がることもあって車検時の費用負担は増える事になるのです。

そのような事も10年で10万キロが車の寿命といった原因になっているのでしょう。

さすがに新車を買うことに比べれば安く済みますが、数多くの部分が故障したりすると新しい車に乗り換えたいというような気持ちを持っていると「寿命だ」と思われてしまうのです。
 

日本国以外の国だと車の寿命は10年以上?

 
外国での車の寿命とされるのは、20年とも30年とも言われています。

ですが「日本車と比べて外車の方が寿命が長く故障も少ない」と考えている人というのは少ないと言えるでしょう。

やっぱり逆に「外車というのは壊れやすい」あるいは「メンテナンスに時間と費用がかかる」といったイメージではないかと思います。

にも関わらずどういうわけで外国では一台の車に長く乗るのでしょうかと言えばこのポイントにおいては「車に対しての認識が異なる部分」がすごく影響しています。

アメリカやヨーロッパ場合は、大部分の国が日本のような車検制度はされることなく、自身でメンテナンスをするのです。

中でもアメリカになると車検制度はなく、自己判断で点検や整備をする人がほとんどを占めていますので、車というのは周期的にメンテナンスすることではなく、故障が発生した部品を直しつつ乗っていくもの、というような考え方になります。

それに対し日本においては、初回は3年その時からは2年ごとの車検を受けることが法律で規定されています。

更には、1年点検等の制度を設けて、整備士がものすごく細かくチェックをおこないます。

日本には、車を日常的に点検する日々の習慣がないので、国が法律で強制的に点検の機会を定めているということです。

車検から車検するまでの間は、特にメンテナンスしなくても、問題なく車に乗れるというのはこの車検制度のおかげです。

外国では「クルマは壊れるもの」になるので必要な時に自身で修理して乗るというような感覚です。

日本の場合では「どれくらいメンテナンスをしないまま長く乗れるか」というポイントに重点が置かれていることから、車の寿命についての認識も異なってくる、訳なのであります。

以上のことから、外国と日本の車に関する認識が異なるところに差がでるということを認識して頂けたのではないでしょうか。
 

車の寿命を判断する目安とは?

 
車の寿命に関する確かな判断基準が存在するとしたら、それは「エンジン内の部品が交換時期に達した時」だと考えられます。

エンジンを除いた消耗品パーツとされているところは、交換もそこそこ簡単で、費用も低価格です。

車のエンジンは、最低限10万キロは走れることがほとんどですし、メンテナンスをしたら、20万キロ30万キロであっても走る事はできます。

ですがエンジン内部のパーツの交換が求められるとしたら、状況によっては何十万円要することもあり得ますし、状況次第ではエンジンそのものを乗せ換える必要が生じるかもしれません。

このことから、エンジンの修理に関しては、車の寿命を見極める大きな目安のサインとなります。
 

車に寿命が判断できたらすぐに買い替えた方がいい?

 
これについて結論から言うと「買い替えたい時が買い替えどき」になるでしょう。

日本人の車の寿命といった観念というのは、税金関係を除くと産業界から勝手に定められたものになります。

「10年過ぎたから、10万キロ乗ったから」という理由で買い替えることは必要ありません。

部品を交換して、メンテナンスをきちんと行いさえすれば交換部品の在庫がなくならない限り、乗ることができるはずです。

ですが、長期にわたり乗っている車に維持費が多く掛かる事は本当の事ですし、数年で新車に乗り換えれば最新の技術に触れる事ができて、そのことに喜びを感じる人もいるのではないでしょうか。

その中でも新しいもの好きな人というのは、マイナーチェンジモデルチェンジが施されると買い替えたくなるはずですよね。

車の寿命というのは「自分自身が次の車に乗り換えたい」と思い描いたその瞬間です。

愛車の寿命を無理矢理、時間や走行距離で判断する必要はないのです。

乗り換えに関しましては、あなた自身の好きなタイミングでいた方が良いでしょう!