【行ける限界】人類は宇宙のどこまで到達できるのか?

宇宙

本日は人類の可能性というのを紹介させていだだきます!

飛行機に衛星、ロケットさえも開発した人類ではありますがその人類とは「宇宙のどこまで到達できるいわゆる行ける限界はどこまで」だと考えますか?

人類が乗り越えることができない限界はどこなのでしょうか関心があることから調査してみることにしました。
 

100年計画

 
過去にはアメリカのジョン・F・ケネディ大統領は演説で・・「アメリカは10年の内に人間を月まで飛ばす」と語ったことがあります。

もしもケネディが今もなお生きていたとしたら驚く企画が・・国防高等研究企画局DARPA「100年銀河系宇宙探査船」だと言えるでしょう!

この企画というのは「人類が太陽系外を100年の間に旅できるようにする」といった、超大胆なものとなります。

なお私たち人類が住むというのは、一般的なサイズの渦巻銀河ミルキーウェイで、色々な星やブラックホールガス雲やダークマター等で出来ているのです。

中央には有名な甘ーいチョコでなくて、超巨大ブラックホールがあって・・私たちの地球においても、闇夜なら塵状のミルキーウェイすなわち天の川が空に見えることになります。

この私たちのミルキーウェイさえも「横断することだけで10万年」掛かるわけです!

更に宇宙からすれば、いまだたくさんありすぎる銀河が存在しています。

例えて言えば、ハッブル望遠鏡がある一角を「12日間」観測しただけのことで・・「1万個」の銀河が探し出されたほどです。

科学者達も宇宙には「1,000億個は銀河が存在する」と推測しているのです。

それからいずれにせよ宇宙というのは広い!

具体的に言うと、私たちのミルキーウェイ銀河と近くのアンドロメダ銀河を含めた直径だけでも・・ビックリすることに「1,000万年光年」になってしまいます!

私たちの銀河や最寄りの銀河を集めた通称「ラニアケア超銀河団」これの大きさすらも「数百万存在している超銀河団の一つ」とされているのです。

そうでなくても大きい銀河、それが複数密集した超銀河団その超銀河団が数百万個ある宇宙・・・1円玉を1万個入れた袋を1つの銀河という形でその袋を数百万個床に置いて、さらにそれが日に日に増えてて・・・数えられるはずなどありません。

けれど、人類が持つすべての知識と技術でどこまで行けるのかについては、私たちだとしても推測できることになります。
 

それじゃどこまで行けるのかなぁ?

 
私たち人類が、たとえラニアケア超銀河団を横断できたとしても・・これは観測できるだけのこの「大宇宙」のわずか「10億分の1」くらいを横断したというレベルなのです!

それでいて宇宙は止まることなく「拡張し続けている」ことから、アッという間に100億分の1となるかもしれないですね!

それでは私たちの「地元」であるレニアケア超銀河団の外というのはどうなっているのでしょう?

私たちの地元の外というのは、それは「常識を上回ってあり得ないくらい遠く」どのような光も到達しない程の闇のようで・・「最高の望遠鏡」を覗いてもビッグバンの名残すらもはっきりしないレベルです。

私たちに見えるというのはたかだか「私たちのいる銀河の星たち」その星たちが何兆年も燃えて・・以前にも増して新しい星たちがその上に「数乗年」を掛けて誕生するのです。

例えるなら今日、光速の速さで「一番遠い銀河」に向かうとします。

そうだとしても観測できるだけの宇宙の「わずか3%」までにしか到達できないことになります。

具体的に言うと私たちのミルキーウェイ銀河と、お隣のアンドロメダ銀河・・お互いの銀河の住む「生き物たちが生きて会えることはありません」というくらい遠いのです。

私たちが住む太陽系に最も近い星プロキシマ・ケンタウリですら距離は4.2光年で、「光速でも4年以上」掛かります。

1秒で約30万㎞進まないとムリな話で私たち人類の最速宇宙船ボイジャーすら「8万年」掛かります・・・有人飛行ではあり得ないスケールだということですね。

人間の寿命がかった100年クラスの計画ならば現実的に考えると「寿命にとらわれない技術」がなくてはなりません。

ボイジャーといわれるような時速56,000㎞のノロノロ探査機の有人飛行で50年掛かったとしても、人類からすればこの取り組みそれこそが記念だと言えます。

この挑戦で成果を得るには「劇的革新が必要」で・・エネルギーの生成やAIへの推進システム・・生命維持用ロボットとその技術についての「論理的な理解」が必要不可欠です。

最寄り銀河さえもどうしようもなく遠距離過ぎて・・・到達するのが難しい事が理解しました。

ですが、一つ良いニュースがあります。

なんと火星で、現在に至るまでの火星の砂とは異なる「奇妙な砂」が発見されて・・人類が「地球外生命体と遭遇する可能性」が暗示されています。

これというのは、果てなき夢というようにも思える宇宙旅行研究の希望になったというわけです!

希望というのは「ハードルが高い事をできるようにする気力」に間違いなくなります。

地球外生命体に遭遇するかも知れないこの夢が叶いそうな希望それこそが・・着実な研究を楽しいものに変えてくれたりします。

私たちに出来るのは宇宙開発をサポートしたりその世界を目標にすることが重要となります。