【火星の地下】ロシアのボリスカ少年の前世の記憶、火星に住める!

ボリスカ少年

僕は過去に火星で住んでいたんだ。

このように話されるのは、「ボリスカ」こと、ボリス・キプリアノヴィッチ少年です。

1996年1月にロシアで誕生しました。

ボリスカ君が言うには、「火星にはもうすでに移住者がいるんだ。」ということを話します。

「過去において、火星では、巨大なカタスロフィー(災害)がもたらされて、大気の大部分を失ってしまったんだ。それにより、今現在の火星人達は地下に都市を作り上げて、住んでいる。」とのことです。

この話が本当なのか、嘘であるのか、第一段階として、ボリスカ君の生い立ちを掘り下げようと思います。
 

変わった素質を持っていた。

 
生い立ちを調査して見たところ。予想外の事実が明らかになりました。

どのような幼少期だったのかについては・・・。
 

  1. 生後5かで首が据わった。*通常の赤ん坊の首が据わるのは、生後3~4ヶ月
  2. 生後4ヶ月で、容易な言葉を喋り始める。
  3. 1歳半で、新聞の見出しをわけなく読める水準になる。
  4. 2歳で幼稚園に通い始めたら、桁外れの学習能力、伝達力、記憶力を発揮しだすことに。

びっくりすることに、火星や他の太陽系の惑星、遠い文明に関することまで話をしたとのことです。

専門の科学用語を交えつつ・・・。

両親いわく、「まったく誰からも学んでいないのは間違いない。」の事を話すため、「ボリスカ君は特別な信号によって、新しい知識を入手しているとのことだった。」と申し述べています。

このようなボリスカ君が世界規模で注目されるようになったのは、7歳のこととなります。

ロシアのプラウダ紙がピックアップしたことからです。

7歳の頃のキャンプファイヤーで、火星人として住んでいた頃の話を始めるのです。

それどころか、火星に住んでいた頃に、地球へ来たことすらあるとのことです。

「その当時の地球では、レムリア文明が栄えていたにも関わらず、絶滅してしまったんだ。」

レムリア文明は、450万年も以前から在って、12,000年前の大洪水で海に沈んだのだそうです。
 

予言

 
ボリスカ君は、これとは別に、現段階では見い出されていない事も話しています。

「エジプトのピラミッドの底の方においては、人類の古代の知識が保管している」

「スフィンクスの耳の後ろには、スフィンクスを開くからくりされている」のだそうです。

ピラミッドは、極限のミステリーと指摘されています。

ピラミッドは、紀元前2500年頃(4500年前)に、クフ王が建てたことが最有力説で、スフィンクスが完成された年代も、同時期ではないでしょうか。

今も研究されているのですが、ピラミッドの内部の中には一体何が残されているのだろうか。

最先端の研究では、ピラミッド透視することによりかなりの事が分かっています。

ピラミッドに立ち入るためには、入り口から下に伸びる下降通路と誰かが掘り進めた盗掘(とうくつ)口がありますけれど、更に「別の通路」を見つけることができた。

「別の通路」の先とは、謎の巨大空間が発見されています。

クフ王の大ミラミッド中には、大回廊と言われる、高さ8.5m・全長47mの巨大空間がありますけど、新巨大空間というのは、この大回廊と一緒の大きさがあるとのことで、より一層の研究が期待されます。
 

ボリスカ君は今は・・・。

 
世界を騒がせたボリスカ君ではありますが、今現在は消息不明となっています。

多岐に及ぶ噂というのは飛び交いますが、はっきりとした事は明らかになっていないのです。

「僕は住んでいた火星でも過去に、カタストロフィー(災害)がありましたよ。僕たちみたいな人達が、今も向こう(火星)に住んでる。」と言った、ボリスカ君。

火星に帰ったのでしょうか、あるいは大きな力が働いているのでしょうか、追加情報が入ったらまたお伝えしたいと思います。