日本からは地球の裏側にある大陸まで掘り続けた場合どうなる?

地球の裏側まで掘り続ける

日本からは地球の裏側にある国は「南米・ブラジル」です!

地面の下深く果てしなく穴を掘り続けて行けば、いずれ「ブラジル」に出ることができる・・・に違いない。(汗)

ですがそこのところは、みなさんが予測しているより、たくさんのハードルが待ち受けていると言えるでしょう・・・!

本日は地球の裏側に行くことができて、トンネルを掘った場合、想定される事を紹介したいと思います!
 

驚くくらい暑い!

 
地球の地面を掘っていきますと、まず第一に考えるというのは徐々に、深く掘れば掘るにともなって、暑くなっていくのではないでしょうか?・・・。

そんな印象を持っているというのは私ひとりでしょうか??

驚くほどに、この地球貫通の旅というのは『熱』との厳しい戦いになることは間違いありません。

地球内部というのは地殻上部マントル下部マントル外殻内核として区分されていまして、中心部に行けば行くほど熱くなっていくのです。

何はともあれ穴を落ち始めて1分後、地下18㎞に到達したとき、トンネル内の気温については早くも530℃だということです。

5分後、地下440㎞で1,000℃を突破し、10分後に地下1,700㎞で2,000℃に到達します。

15分後は地下3,600㎞で5,000℃、更には、地球の中心を通り過ぎる21分後には、驚いてしまいますが6,000℃・・・・・!

このような灼熱地獄のようなトンネルに体一つで飛び込んだら、1分と、もたずに死んでしまうことになります。

いずれ水分は蒸発して体は灰になって、周りの酸素と反応して発火炎上します。

結局のところ、骨なんてあり得るはずもなく、何も残りません。
 
 
それでは、ここで話が終わってしまうので、耐熱性の装備が存在していると仮定したりして、続けて紹介させて頂きます。
 

想像以上に長い!

 
東京とは北緯35度41分、東経139度45分。

その「東京」の裏側の地点というのは南緯35度41分、西経40度15分となります。

そこの場所は、ウルグアイから東に1,000㎞距離のある大西洋です。

すなわち、東京の裏側というのはブラジルではないと言えます・・・!

地面の中深く穴を掘ってブラジルにたどり着くことができるというのは、日本で言うならば「奄美黄島」「沖縄」等だけとなります。

そうした理由から、沖縄県の那覇市からブラジル南西部まで穴を掘って行ったらと考えてみましょう。

地球の直径というのは1万2,800㎞です。

地球の裏側に行くことを考えれば、この距離のトンネルを掘らなくてはなりません。

地下鉄工事等によってトンネルを掘るために使用される「シールドマシン」というのは、頑強な岩盤をパワフルに削ります。

ですが、その速度というのは最高で時速2m前後となります。

2㎞じゃなく2mなので・・・思いっきり、ノロノロですよね!(汗)

このスピードで1万2,800㎞を掘ることを考えれば、不眠不休でも730年(7世紀と30年)掛かってしまいます。

2019年から工事をスタートしたところでトンネル開通は西暦2749年になってしまいます。

またまた、そういう話をしていると話が終わってしまうので、
 
 
革新的な掘削技術があると仮定しまして引き続き紹介をさせて頂きます。
 

かなり速い!

 
極めて速く穴を掘る技術が制作されて、全長1万2,800㎞の地球貫通トンネルが開通したとしましょう。

そちらへ人間が飛び込んだらどうなると思いますか?

地球の重力というのは、地球の中心に向けて働きます。

飛び込んだ人というのは、出だし、重力に引かれて速度がUPしていくと思われます。

ですが、中心を越えてしまうと重力に引き戻されて速度が低下し始めることになるのです。

その結果、地球の中心を過ぎてしまうとき、速度に関してはマッハ23に及ぶまでスピードアップすることになります!

それから、地球の裏側に到達するその瞬間、速度はゼロになります。

その機を逃さず、穴の周辺のどこでもいいので無事着地する事が出来れば、そこのところがゴールとなります。

理論上、かかる時間は42分です。

いつぞや成田とリオデジャネイロを結びつける直行便があった頃、必須時間は28時間となっていました。

これと比較しますと、あり得ないくらいの速さだということですね。

ですが、着地し損なうと、再度穴の方向に落ちてしまいます。

そうして那覇に帰ってくるまで、また42分・・・ということとなって、ヘタをしてしまうと絶え間なくこれを繰り返す事態になってしまいます!

更には、飛行機をあり得ないくらい上回る高速で移動するのですから、速いどころでは無いでしょう。

体がその重力に耐えることができず、裏側についた時には・・・バラバラになった人間がミキサー状となって届く・・・なんてことにも!

スピード、重力、耐熱・・・ありとあらゆる難問がクリアーされているという前提の話なのですが・・。