トヨタが電気自動車を作らない理由とは!?

電気自動車

自動車の電動化に関してはちょっとずつ進行中です。

国産自動車メーカーだけじゃなく、欧州・米国一斉に企業によって色々な電気自動車を発表・発売してしています。

ですが、世界最大規模と言えるトヨタは電気自動車を出遅れたのか?あるいは出さないのか?現状において投入するという話は聞こえてきません。

現状において、トヨタ電気自動車をどうして出さないのでしょうか!?

本日は、トヨタはどうして、電気自動車を出さないのか、電気自動車を出さない理由というのが「出遅れた」ためで、これから開発をしていって「電気自動車」を出してくるのか詳細を紹介したいと思います。
 

出遅れたのか?トヨタが電気自動車を出さない理由とは?

 
ここ最近、自動車業界については、電動化のトレンドがグローバルで加速度的に進展中です。

純粋な電気自動車であれば、テスラ「モデルS」であったり日産「リーフ」等がパイオニア的存在だと思います。

そういう中、全世界の自動車メーカーの中において総売り上げの上位を有するトヨタからは、出遅れたためなのか、電気自動車を出さないつもりなのでしょうか。

2019年3月に開催されたジュネーブモーターショーだと、欧州ブランドにおいての電気化への注目度合いが突出していたのです。

メルセデスベンツアウディフォルクスワーゲンというようなドイツ勢だけに限らず、プジョーシトロエンルノーといったフランス勢、更にイタリアアルファロメオまでが電動化モデルを出品しているのです。

それから、ホンダも2019年中に市販するというような電気自動車「ホンダe」のプロトタイプをお披露目したといいます。

注目すべきというのは、標準的なハイブリッドではなくて、未来の充電してくれるハイブリッド(プラグインハイブリッド)電気自動車(EV)に重心が存在することです。

ですが、ハイブリッドの雄だというトヨタのジェネブモーターショーの主力商品は、ガソリンエンジンを載せた「GRスープラGT4コンセプト」

またしても、トヨタからは欧州用や日本ユーザー向けの電気自動車の話が、まったく聞こえてこないのです。

トヨタに関しては、電気自動車を作るための技術を確立しています。

トヨタの得意とするハイブリッド技術というのは、エンジンにモーターと二次電池をセットにしたものです。

ハイブリッド車というのは、いってみるとエンジン車にモーターと電池をセットにした車です。

そういうモーターと電池を搭載したクルマ(ハイブリッド)をトヨタは「プリウス」といったモデルで、20年以上ずっと前から1100万台も生み出しているのです。

モーターと電池を作り上げる技術のに加えて、大量生産する技術さえも設けているのです。

『将来的に電気自動車を売る』というような自動車メーカーとはスタート地点が違うのです。

しかしながら、トヨタに関しては、欧州あるいは日本に『電気自動車を出す』とは聞こえてきません。

どうして、トヨタは電気自動車に慎重なのだろうか。

トヨタの広報担当は次の通り説明しています。

「一番最初に言っておかなければならないというのは、トヨタの基本姿勢は全方位だということです。ハイブリッド電気自動車もFCV(燃料電池車)もオールマイティーに行います。電気自動車を出さないという事は言っていないのです。ただ単に、順番としては電気自動車よりはFCV(燃料電池車)が先になってしまっただけなのです。
 

ありとあらゆる分野による可能性を判断するトヨタ!

 
そう言われると、トヨタは、まるっきり電気自動車を出さないと言っているのではないと思われます。

中国を対象としては、2020年から「C-HR」電気自動車バージョンを、同じように2020年にインドにもスズキとタイアップした電気自動車を出すと発表しています。

さらに、自動運転が出来るモビリティサービス(MaaS)に特化した「e-Paletteコンセプト」というのは電気自動車です。

FCV(燃料電池車)に対していうと、航続距離や充填時間というポイントで電気自動車と比べても利便性に優れており、「水素ステーションというようなインフラが整えば普及する可能性が大きい」と結論づけたのでしょう。

現在の状況では、FCV( 燃料電池車)が浸透したという事は言いづらいというのが現況ですが、だからと言って失敗したということではありません。

やり続けることによって、状況が予想外に変化して、大きな変化を起こすこともあり得ます。

私的な予想ではありますが、ぶっちゃけて言えば、欧州と日本で電気自動車が、爆発的に拡大するには、ちょっとばかり期間が長く掛かるだろうと推測されます。

日本に関しては、自動車を使用するといった場合は、『航続距離が短く、低速度』ばかりな上、充電設備については全国の至る所までも整いつつありますので、日本ほど電気自動車の普及に適した所はないのではないでしょうか。

ですが、日産も三菱自動車も電気自動車の普及については苦戦を強いられています。

そういう前例があるわけなので、「欧州で、すぐさま電気自動車が普及する。」と簡単に考えておられる人というのは少ないはずです。

言うまでもなく、国策としては電気自動車を促進する中国はスゴイ、そう遠くない未来には数えきれないほどの電気自動車が販売出来る日が来ることになりますが、欧州は苦戦が要されると考えられます。

逆に言えば、トヨタは電気自動車普及の実情の可能性が濃厚な中国においては来年に電気自動車を出すと宣言。

これ以外だと、普及の可能性が低い、欧州と日本にはハイブリッド推しというようなスタンスだと言えます。

世界の「将来において急激に電気自動車の世界がもたらされる。」というような風潮にとらわれずに、きっちりと独自路線を歩んでいる。

その答えが『欧州と日本に電気自動車を出す。』と言わないトヨタの理由と言えるかも知れないのです。

出遅れでもなく、出さないのでもない、「電気を自動車を出すタイミング」ではないとトヨタは考えているという事なのです。