2050年の未来予想とは!?

2050年に日本の未来

2050年を迎えた時、日本というのはどういうふうになっていると考えられますか?

素晴らしい未来を予見したくなってしまいますが、人口の減少だけではなく年金制度の崩壊、人工知能の出現を根拠に、ほとんどすべての仕事がなくなるおそれもあります。

本日はそう言う日本が2050年が到来するまでにぶち当たる衝撃的な未来予想をまとめてみましたので紹介したいと思います!
 

2050年の未来予想:「人口」。

 
厚生労働省の調査によると、30年後の2050年の日本の総人口というのは「9708万人」になってしまうと言われています。

さらには、それらの全人口の約40%が65歳以上の高齢者というような超高齢化社会ということで、公園は子供たちとは異なり、ゲートボールをしているおじさんおばさんだらけとなっていると予想されます。

それから2035年までには男は3割、女性は2割が生涯未婚になっており、超独身社会というのが到来しています。(厚生労働省の予測)
 

2050年の未来予想:「年金」と「平均寿命」。

 
現時点での平均寿命がそのまま上昇していくと、2050年が到来した時点で日本の男女の平均寿命については90歳になると考えられます。

長生き出来ますから人生を思う存分満喫できそうではありますが、平均寿命が延びると同時に仕事をし続けないといけない年齢が上昇し、80歳にもかかわらず年金が貰えないおそれもあります。

現実に1970年では、8.5人の若者で一人の高齢者を支えてきたのですが、2050年においては「1.2人で1人」を支える予想ということです。(厚生労働省データ)

可能性として一銭ももらわないうちにお亡くなりになっていく人も非常に多くおられるので、何のための「年金制度」か分からなくなります。
 

2050年の未来予想:「仕事」。

 
2045年になると人工知能に関しては人間の脳より優れるシンギュラリティに到達することから、人工知能を活用してコンビニであるとか工場、銀行、配達、タクシー全部が全部無人化(機械化)されるでしょう。

バイトを雇用する必要性もないことから、バイトテロが原因となって「くら寿司」の株価が悪化することもあり得ませんし、裁判官もしくは政治家においてもフェアな判断を下せる人工知能となっているかも知れません。

人手がたりない日本では有難いことみたいに感じられますが、人工知能になると変えの効かない「経営者」だけじゃなく「研究者」「クリエイター」がお金持ちになってしまい、これ以外の人達は、人工知能を動かす必要経費よりも安い賃金で雇われることにより、貧富の差はこれまで以上に大きくなっていきます。

すなわち2050年についてはサラリーマンと比較するとゲーム実況者の方が、比較にならないほど価値が高いことになるのです。

ところで日本においては今、新しいマンションが次々に建っているけど、これにも歯止めが掛かります。

現実の上で、野村総合研究所のレポートで、2040年においてはマンションの40%近くが空室になってしまうと試算されています。

言ってみれば3軒に1軒以上が空き家というような家余りの時代のため、マンションの価格が下がり、住宅建設も進まず、景気に悪影響を及ぼすと予想されます。
 

2050年の未来予想:「地方の消滅」。

 
人口減少問題検討分科会においては、2040年だと896の市区町村が消えることがあり得ると言うのです。

現段階で1741の市区町村を有していることから、ざっと半減してしまうということになります。

現実に、消滅可能性都市については、青森、岩手、秋田、山形、島根の5県の中で8割以上の市町村が消える見込みです。

更には、2036年においては約24000人の医師不足となるため(厚労省試算)、地方であれば病院だけじゃなくスーパー不足で生活がうまくいかなくなるのです。

余談ですがこの対策としまして一部の自治体によっては、移住地域を一つの拠点に統一する「コンパクトシティ」というような取り組みが起こっているのです。

ここまでが、日本において、2050年が到来するまでに垣間見える可能性が高い問題です。
 
 
さすがに、これというのは基本的にデータ上のということなので、このうちいくつが現実の上で生じるのであるかははっきりしていません。

それとは逆に、2050年においては自動運転だけではなく、リニアの開通によって東京大阪間を67分で行ったり来たりできる新たな世界になるに違いありません。