「足が臭い」原因と防ぐための対処法!

足が臭い

会社から帰宅した後に足もとからにじみ出るいつものあのニオイ・・・別の呼び方で言うと「100年の恋も冷める核爆弾」というようにも言われているみたいで・・・。

友だちの家あるいは恋人の家等に訪ねるといった場合、自分の足のニオイが気に掛かってしまって、気ままに楽しめないことは勿体ないのではないでしょうか。

そのポイントだけならまだいいですが、引き続き放っておくと、周囲に迷惑を掛けてしまう事態にもなるやも知れません。

本日はそう言った臭ぁ~いニオイの「原因」とそれらの「対処法」を紹介していきたいと思います。
 

「足が臭い」原因:『雑菌』

 
足のニオイを招く原因とは、納豆においても含んでいるという「イソ吉草酸」(イソキッソウサン)と酸っぱいニオイがすると思われる「酢酸」の2つがあります。

驚くことに足の裏には「汗腺」が集まっていまして、その量というのは背中の5~10倍程であるとのことです。

足というのは一日のうちでコップ1杯分程の、汗が出る部位だと言われています。

高い温度と高い湿度を好む「常在菌」に関しては、蒸れた靴や靴下とされるものを好み、急テンポで繁殖して、菌で犯してしまいます。

更に、剥がれ落ちた角質等は爪の内にも、たまりやすいように、これをそのままだと、驚くほど、激しすぎるニオイが発生します。

全身を支える足については角質も厚く、その分だけ、剥がれるたくさんの角質が菌が原因となって分解がなされて、ニオイの原因となることになります。
 

「足が臭い」原因と対処法:『ストレス・疲労臭』

 
「どんだけきれいにしてもニオイがなくならない」というような人は、ストレスあるいは疲労が原因であるのではないでしょうか。

疲労が体に溜まると肝臓や腎臓の働きが弱り、本来、尿として出るアンモニアが血液に残留し、これらのものが皮膚から出るようになると思われます。

他の何よりも、立ち仕事等で疲れている足というのは血流が悪くなって、下半身に血液と老廃物が蓄積され、その結果、足から出る汗と一緒になって、毒素を排出して、このことがきれいにしても取ることができないニオイの原因となってしまうわけです。

ですがこれらについてはどれも自分自身で解決できるものとなります。

石鹸を力を入れて泡立て、雑菌が増殖する原因である足の傷を増やさないように、スポンジなんてものは使わないで手できちんと洗い、爪の間に及ぶまで力を入れてキレイにしたその後は、お風呂上りには余すところなく足を乾かし、お湯で薄めたミョウバンや重曹を使って、集中して足を除菌、2~3日これを継続すると効果があらわれます。

足だけじゃなく、疲労あるいはストレスというのもニオイの原因となります。

のんびりと、お風呂に浸かり、最大限に睡眠をとって、精神的にも肉体的にもリラックスができる毎日を心掛けましょう。

靴のセルフメンテナンスとしては、ビニール等で包み、一晩、冷凍庫に入れておくと、靴の中に存在する細菌はそれの温度下では、生存できかねることから、除菌する事につながります。

できることなら、「1度履いたら2日休ませる」というふうに、靴であろうとも休息をあたえると菌の増殖にブレーキをかける事もできるというわけです。

余計な心配なく靴を脱げるために、どうかそれらを行ない、ニオイの不安をちょっとでも解消して貰いたいと思います。

お風呂
【頻尿になる恐れ!?】お風呂でトイレ(おしっこ)はダメ!「お風呂場でトイレ(おしっこ)」。あなた自身一回くらいはしたことがあるのでは?癖になると、あの他に例えようのない解放感と罪悪感。してはダメと思い続ける一方で、分かっているけど、ついついお風呂がでトイレ(おしっこ)をしてしまう・・・。というような事ありませんか?...