前世で夫婦だったという特徴。

夫婦

現世の配偶者が前世で夫婦であったのか否か、気になっている方へ。

前世で夫婦であった魂同士については、輪廻転生したとしても、共に価値のある役目を果たしていると言われています。

前世で夫婦であった二人が今世においても夫婦となってしまうということもありえますが、そうではないにせよ、魂の成長においては、両者ともに必要不可欠な存在なのであるということです。

それでは、前世で夫婦であったというのはいかにして見極められるというのでしょうか?

本日は、前世で夫婦関係であったことがあり得る、二人の特徴を紹介したいと思います。
 

前世で夫婦であった人と巡りあう事は深い絆で結ばれているため。

 
人は輪廻転生することは、魂を育成するためだと言われています。

更には、人生で結婚することは、縁がある魂同士が、お互いに人生を歩み続けながら、互いの魂を育成することに必要な学びを習得するからだと言えます。

学ぶことに必要な経験というのは、ひとりひとりの魂ごとで違うのですが、結婚することは、二人で乗り越えるがゆえに、やる価値があるものになります。

前世で夫婦であった二人が、今世で再びめぐり会うことは、深い絆で結ばれている魂だからという理由です。

今世においても、再び夫婦になるというのは、その時点で解決することが叶わなかった課題があったり、これまで以上に向上するように、継続しないといけないプログラムが存在したりするためだと言われています。

再び、今世の場合は結婚といった立場ではなく、異なる関係で生きる事を確約している場合も存在します。

夫婦という立場ではないとしても、前世で夫婦とされる特別な関係を築いていた魂同士というのは、今世においても互いの魂が成長して、向上することに必要な、重要な役目を持っている存在ということで、身近に存在して貰っているのは間違いないはず。

また、感覚が鋭い人ならば、まさにそれがその人なのだということが、一瞬で分かります。
 

前世で夫婦であった人というのは、なつかしく感じる。

 
前世で夫婦であった人というのは、巡り合った瞬間、ひらめきで「この人!」と感じなかったとしても、なつかしいと思った人については、初対面だったとしても、前世で夫婦であったのかもしれません。

この世に誕生する時、多くの方というのは、前世の事を忘れてしまっています。

ですが、魂というのは、多種多様な経験を、積み重ね記憶しているため、なつかしいと感じることになるのです。

双方を愛おしく感じつつ、夫婦という形で生活してきた二人からすれば、これというのは今世で再開した時の率直な感情なのかもしれません。
 

前世で夫婦であった二人というのは雰囲気がそっくり。

 
前世で夫婦であった二人というのは、周囲から雰囲気がそっくりと思われることがおきます。

姿形等、身体の特徴がそっくりであることもあり得ますけど、更に深い部分のアイデンティティーがそっくりといった方が良いのではないでしょうか。

身体的な周りはオーラに包まれている事をご存知の人も多いと思われますが、オーラの色だったり形というのはその人の考え方や心の様子、深層心理においてさえ反映する霊的なエネルギーになります。

そのオーラが一緒だったりしたら、トータルの雰囲気がそっくりであるということなのでしょう。
 
 

前世で夫婦であった二人については価値観が一緒。

 
前世で夫婦であった頃、二人については家庭内の問題であるとか様々な壁を共に乗りこえてきたため、ものの視点や価値観等が一緒だったりしてしまいます。

食べ物の好みであったり趣味が一緒だといったケースも存在します。

なにか一緒の目標があるのなら、一緒の価値観そのものを一緒に計画をこなす事ができるというわけです。

状況によっては、こなす方法に関し口げんかすることがあったとしても、決裂するというようなことなどありません。

いずれかが無理して合わせていることはしないで、共に納得の方法を導きだすことが可能なのです。
 

前世で夫婦であった二人については考えている事が分かる。

 
前世で夫婦であった人とは、話さなくても共感できます。

両者共にどんな事を考えているということが分かってしまうのです。

なので、隠し事というのはできるわけもなく、嘘に関してもバレてしまうのです。

しかも、自身が上手く言い切れない場合や言い出せなかった事を、タイミングよく身近より代わりに伝えて貰えたりするということがあったり、同時進行で同じ事を考えていたといったこともあります。

どうしてかと言うと魂レベルで結びついているからです。

偶然などでは断じてありません。
 

前世で夫婦であった場合、あるがままにいられる。

 
前世で夫婦だった、その方と一緒にいる時というのは、飾ることもなく、ありのままの自分をさらけ出すことが出来る、安心感を確保できる・・・という事、前世で夫婦となっていた人かも知れないのです。

夫婦となる魂同士というのは、深い絆で結ばれていますので、あたかもすぐそこにいるのが当たり前であって、魂レベルだと互いの事を理解し合っている存在になります。

そういうわけで、数多く気にかけなくても、自然体の自分自身でいられると言うこと。

この人の前については、こうしないといけないあるいは、考える必要すらないことから、無防備だったとしても安心します。
 

前世で夫婦であった二人については嫌いにならない。

 
現世に生存しているなら、人間関係でのもめごとは、いっぱいあることでしょう。

賢くお付き合いしてきた人においても、なにかしらの拍子で意見が合わなくなって口論になって、それが原因となってその人の事が、大嫌いとなったとされる経験もあるかも知れないのです。

前世で夫婦であった人というのは、度々起きる喧嘩があっても、不思議に嫌いになるようなことはないのです。

一時期は、きまずくなることはあっても、少ししたら、何事もなかったみたいに、普段の状態に戻ることが出来るのです。

魂レベルにおいては、共に自分の考えを言い合うことによって、多くの考え方を習得することが出来ることを知っていることから、それについても学びの一つということを理解があるからではないでしょうか。
 

前世で夫婦だったという特徴。:最後に

 
今世の、人間関係については、輪廻転生すると思われる魂の関係と深く結びついているのではないでしょうか。

今世で再び、夫婦となる、そうじゃないとすれば、仕事上のパートナーという形で、共存共栄することだって勿論ですが、一緒の目的や使命をあわせ持った魂の事を「ソウルメイト=魂の伴侶」とも言い、何度輪廻転生しても分かると言うのです。

前世で夫婦であった2人というのは、「ソウルメイト」だという要素が強いということなのです。