自の寿命と走行距離の限界とは!?

車の運転席

「今乗っている車はもう〇万㎞も走行した。」

「まだ〇㎞のみしか走行していないのでまだ新しい車だ。」というふうに、走行距離に関する話を聞いたことがある人というのは多いと思います。

本来車というのは、何㎞まで走れるのでしょうか?

車も機械のため限界とされるのは存在しますが、現実的にはどこらへんが許容限度かというのははっきり分からないのではないでしょうか。

そこで本日は、車の寿命であったり日本車の走行距離の限界に関しまして紹介したいと思います!
 

車の寿命/日本車の走行距離の限界

 
エンジンの寿命というのは走行距離からでは、判断できません。

車のエンジンに関しては、最低限でも10万㎞は走行する能力はあります。

現在はより一層、耐久性に関しましては高まっており、20万㎞だとしても全然問題はないとの事です。

急加速・急停止等、負担を負わせずに、ゆったりとした運転を心掛けて、エンジンオイルやエレメントの交換などといった点検整備をいつもちょくちょくしていれば、20~30万㎞走行する事もできます。

故障しづらく寿命が長い日本産の中古車が多くの国で高評価だというのも、理解できます。
 

少ない走行距離の場合でも状態が良いという決まりはない

 
中古車のメーターを目にして、走行距離の多くないと「まだまだしばらく、乗れるな」と考えてしまいそうですが、現実的にはそうとは言えないのです。

車の寿命を左右する原因は、走行距離だけに限らず、他の原因も存在するからなのです。

例を挙げると、車体のサビです。

特に主要部品におけるサビに関しては、車の寿命として大きく左右してしまいます。

ぶつけた時の衝撃が加わってから、弱くなったり、サスペンションというような、重要な部品が走行中に壊れたりしてしまうと、事故に繋がってしまいます。

融雪剤を道路に撒く雪国や塩害の可能性がある海岸部に住んでいる人は、サビが生じやすい下回りの確認をいつも欠かさないことを意識しましょう。
 

車の限界を理解する3つのキーポイント

 
車の寿命を理解する判断材料というのは、走行距離だけではあるはずがありません。

エンジン回りの内で、発電機・タイミングベルト・ウォーターポンプ等は、おおむね10~15万㎞の走行で交換が必要になります。

エンジンを掛けたタイミングでオイルの匂いが含まれた白い排気ガスが発生し始めたら、限界まで来たなって予測して、間違いないと思います。

エンジンと一緒で、耐久性の高いトランスミッションも寿命を判断する貴重な部位だとされます。

オートマもマニュアルも10~30万㎞、12~15年程であったとしたら問題ないですが、オートマの場合では、変速したときのショックがデカくなったり変速する時間が長く必要になったり、マニュアルだったらシフトチェンジの時、ガリガリ音がし始めた場合だと、寿命が考えられます。

さらに、消耗品扱いの部品も車には、いっぱい使用されているのです。

代表的なのはゴム類年数と共に劣化が進んでいく部品となります。

ゴム製品の中で、ガソリンホースの亀裂には特別に注意していただきたいです。

亀裂からガソリンが漏れると、状況次第では火災の危険を伴います。

ゴムは安価な部品ではありますが、車のたくさんの場所に使用されていることから、15年くらいで劣化してしまうのです。

点検時に交換が大量に必要といった場合は、寿命であると考えても良いでしょうね。
 
 
 
いかがでしたでしょうか。
 
 
壊れた部品が一カ所のみであれば、ありふれた不具合かもしれないのですが、あらゆる箇所でトラブルがもたらされてきた場合だと、車は限界を迎えていると思っても良いのではないでしょうか。

車の寿命を決めるのはオーナーによりけりだということです。

メンテナンスを常日頃から、ちゃんとしていれば、その分だけ長期間愛車と付き合っていける時間は延びることになります。