財布に入れてはいけないものとは!?

財布にレシートがいっぱい入っているイメージ

常日頃から日々良く使っている財布は、ご自身の友人だけじゃなく、大切な人と一緒にいる時以上に、触れる時間が長いのではないでしょうか。

これからも、財布と長く一緒にいるなら、お金に愛されるためには、守ることが重要な必要最小限のルールを認識しておきたいものと言えます。

本日は、財布を使うにあたり、「財布に入れてはいけないもの」「やっては駄目な事」を説明していこうと思います。
 

金運を下げるため、財布に入れてはいけないもの。

 
基本的に「財布」というのは「お金」を入れるものです。

ですが、「お金」以外に色々なものが日々、生活していると財布の中に溜まりこんでいきます。

その「お金以外」のものが入っている事により、不本意ながら「金運」を下げる効果に繋がっていく事に気をつけなければいけません。
 

金運を下がるため、財布に「レシートや領収書」は入れてはいけません!

 
財布にレシートだけじゃなく領収書でパンパンになっていたりしませんか?

そういうような人というのは、消費を顧みるクセを持っておらず、無駄遣いを自己反省しないことから貯金もたまらない訳です。

お金を持っている人に関しては、財布にレシートあるいは領収書を入れる日々の習慣がある人とされるのはまずいないでしょう。

もしもどこかにしまうのであれば、かばん等のポケットに入れる方が良いです。

また、レシートでいっぱいになると、財布の中がすごく余裕がないようになってしまいます。

お金が入るスポットというのは常時、スッキリとした状態にする事が金運アップがもたらされるのです。
 

金運が下がるため、財布に「Suicaやパスモなどの交通系カード」も入れてはいけません!

 
Suicaであったりパスモ等の、交通系カードというのは、風水によると「動の気」を有し、これらのものを財布に入れておくと、金運が安定しなくなって財布からお金が出ていきます。
 

金運が下がるため、「ポイントカード」も入れてはいけません!

 
スーパーだけじゃなくコンビニ、ドラグストア等、色々なポイントカードがありますけど、風水からすれば「風の気」に属するものとなります。

お金の気を散らしてしまいますので、財布のお金を立て続けに外に出してしまうのです。

金運に恵まれない、といった人に限って、必ずと言っていいほど入っているというのがポイントカードだとされます。
 

金運が下がるため、財布に「ビニール、パウチされたもの」も入れてはいけません!

 
ビニール製というのは強い「火の気」を持っていることから、お金の気を燃やしてしまって、金運が下がってしまいます。

従って、財布に入れてはいけません。

時々、免許証だけではなく病院の診察券を小さいビニールに入れていたりとかする人がいるのですが、金運が下がる事になるので、外した方がいいでしょう。
 

金運が下がるため、財布に「名刺」も入れてはいけません!

 
名刺入れを忘れた時のことを考えて、1枚ぐらいは名刺を財布に入れている人がいるようですが、財布というのはお金を入れる入れ物で、名刺を入れる入れ物ではございません。

名刺に関しては、名刺入れに入れておいた方が良いでしょう。
 

金運が下がるため、財布に「金運に関係しないお守り」も入れてはいけません!

 
財布というのはお金を入れる入れ物であって、財布に入れて良いお守りというのは、金運そして仕事運の御守りだけとなります。

これ以外の御守りに関しては、手帳であったりバッグ、ポーチ等、財布以外の物に入れるようにしましょう。
 

金運が下がるため、財布に「ご利益の怪しい開運アイテム」も入れてはいけません!

 
出どころが怪しいいような、胡散臭いお店等で買った効果の疑いのある怪しい開運アイテムに関しましては絶対、駄目です。

こういうものを財布に入れるというのは運気が下がってしまいます。

開運アイテムを入れるならば、格式あるお寺や神社で頂いたものを入れるようにすると良いいでしょう。
 
 

金運が下がるため、してはいけない財布の扱い方。

 
どこかに出かける時、必ず、財布を持っていくと思います。

皆さんは財布はどこに入れて、出かけるのでしょうか?

上着のポケット、あるいはカバンの中に入れて持って行く人、色々な方がおられると思います。

ここで説明したい事は「財布」の扱い方によって、「金運が下がる」ことに繋がっていくという事があります。

それは、いったいどんな「財布の扱い方」なのかを紹介したいと思います。
 

してはいけない財布の扱い方その1.「ズボンの後方ポケットに入れる。」

 
ズボン等のおしりにくっ付いたポケットに財布を入れるというのは厳禁です。

財布が入った状態で椅子に座るというのは最悪だと言えます。

お金あるいは財布が窮屈で嫌がる行ないをしてしまうことで、お金に好かれなくなって金運が下がるのです。
 

してはいけない財布の扱い方その2.「帰宅した後もカバンに入れっぱなしにしている。」

 
帰宅した後、カバンあるいは洋服の中において、財布を入れっぱなしにすることもあってはいけません。

帰宅したら財布に関しては、できるだけ早くカバンから取り出して、常日頃から置いてある定位置にしまうようにして下さい。

その時に、財布を汚したり水に濡れたりしない安全なところにしまうようにすると良いいでしょう。
 
 

財布に入れてはいけないもの:最後に

 
財布の使い方が違えば金運は大きく変わってしまいます。

常日頃からまったく意識しないというようなことかもしれないのですが、ささやかな事の積み重ねが、すごく重要になってくるわけです。

ファーストステップとして、「財布の気持ちになって考える」なのかもしれないです。

日常的な生活がある中から財布と接する際、ちょっとだけ意識してみるといいでしょう。

たぶんお金の流れが上がっていくと思います!