【車内の暑さ対策】車の暑さ対策は「窓」にオススメの対策を紹介します。

車内

炎天下の夏のシーズンは駐車するとすぐさま、車内の温度ですが、高温に至ってしまいます。

ちょっとの間の駐車においても、車に日光の紫外線が当たっている事で、車内温度はとても上がりやすく、ドアを開けたその瞬間、モワッとした熱気に見舞われることすらあります。

エンジンを停めて、25℃にセッティングしていましたエアコンをオフにして外に出ます。

そして、10分後に帰ってきた時、25度の状態だった車内の温度については、たった10分で38度に及ぶまで上がっていたというような例もあります。

より一層時間が過ぎれば、温度は飛躍的に上昇を継続し車内は50度以上になってしまいます。

予想外に、車内温度が上がっていく速度は速いのです。

本日は上がった車内温度を下げるテクニックを紹介したいと思います。
 

車内の暑さ対策:ドアを開けたり閉めたりする。

 
車の後部座席が空けているイメージ
 
方法ですが、いずれか片方の後部座席のドアor窓を開けます。

後部座席の窓が半分だけしか開かない時は、ドアを開けた方が効果が期待できます。

次に、開けたドアと逆側の対角線上のドアを開け、5~6回ドアを開けたり閉めたり行います。

・助手席側の後ろを開けると、運転席のドア
・運転席側の後ろを開けると、助手席のドア

こういった様に、5~6回ドアを開けたり閉めたりさえすれば、車内の温度が外の温度とほとんど一緒の温度に至るまで下がることになります。
(2ドア車の場合は、開けたドアと反対側のドアでOKです。)

どうしてかと言うと、空気の通り道を作って、ドアを開けたり閉めたりするような感じで、車内の熱い空気を車外に押し流すというような方法となります。

裏側に回るというのが煩わしい時は、同じ側の前後のドアを開けたり閉めたりすることによりも効果があります。

マイナス点に関してですが、ドアを開けたり閉めたりする音に関しては意外におっきいため、早朝や騒音トラブルが多い地域だと、注意しましょう。
 

車内の暑さ対策:ドア(窓)とトランクルームを全開にする。

 
ドア(窓)と車のトランクルームを全開にしているイメージする
 
車のドア(窓)を全て、更にはハッチバックだけではなくトランクルームも全開にします。

なぜかと言えば、車内と社外の空気を入れかえて、車内の温度を車の外の気温と一緒くらいにまで下げるためです。

窓より更にドアの方が開く空間が大きい分、ドアを開けた方が効果がもたらされるというのが早いかも知れません。

トランクルームというのは、熱がこもりやすいことから、トランクルームも開放して熱を逃がしてあげるとますます効果を発揮します。
 

車内の暑さ対策:走りながら車内の暑さを入れかえる。

 
走行中
 
車内が暑すぎるということは、エアコンをフル稼働したとしても、冷たい風がもたらされるというのに時間が掛かります。

その時は、走行中に窓を開放して車内の空気を入れかえるのです。

基本的には「対角線上に窓を開く」ことが重要です。

車の中というのは、前の席であればあるほど空気圧が低く、後部座席に関してはそれよりも少し高くなっております。

その特性を利用して、空気の通りをよくさせることになります。

具体的に言うと、助手席の窓を10㎝ぐらい開いて、後部座席の運転席側の窓を5㎝くらい開いてみると良いでしょう。

このようにすると対角線上に空気の通り道が生じて、効果的に喚起する事ができるというわけです。

このようにすることで、車内の気圧がちょっと上がることから、吸気と排気のつり合いがよくなって、空気を入れかえが簡単にできるというわけです。
 

車内の暑さ対策:ボディに水をかける事は避ける。

 
車に水を掛ける
 
これに対して、なるべく避けておかなければならないというのが車体に「水をかける」事になります。

暑さを冷やすことを考えれば水をかけるというのが、一番手っ取り早いようにも思うかもしれないのですが、夏の暑さを前にはすぐさま水は蒸発してしまって、単にウォータースポットを作り上げるだけとなってしまうのです。

しかも、車体外部の温度をしばらくの間、下げられたところで、車内温度が即、下がるのではないこともあり、推奨は出来ません。