免許証番号の12桁の意味とは!?

運転免許証の12桁の数字

いつもならマジマジ見るというのがあまりない車の免許証ですが・・。

まじまじ確認すると、意味ありげな数字が表記されている事を知っているでしょうか?

免許証の表面、真ん中よりもちょっと下に表記されている12桁の数字と、交付年月日の右横における5桁の数字の2種類です。

この免許証番号より、過去の犯罪歴が分かったり、違反点数であったり学科試験の点数が分かったりすると思われる、というような説があると耳にしますが、何を隠そうそれぞれに意味があるのです。

本日は、比較的知らない人も数多くいらっしゃる、免許証番号の意味を紹介させて頂きます。

最初に、免許証の表面、真ん中よりもちょっと下に表記されている12桁の数字から見ていきたいと思います。
 

左より1、2番目の数字に関しては「公安委員会番号」。

 
運転免許証の12桁の数字の左の方より1~2桁目
 
12桁の数字の左の方より1~2桁目というのは初めて免許証の12桁の数字左から1~2桁目初めて免許証の交付を受けた公安委員会の番号となります。

北海道が10番台、東北が20番台、というふうに、日本列島の上から順番に数字が割りあてられてあります。

例として、東京で初めて免許を取得した人というのは「30」、愛知であれば「54」となります。

数字を確認すれば、どこで免許を取得したかというのが、すぐに分かります。
 

 
<公安委員会番号一覧>
 
 
地域ごとの番号の振り分けというのは、北海道10番台 東北20番台 関東関東甲信越40番台 北陸中部50番台 関西60番台 中国70番台 四国80番台 九州(沖縄含む)90番台とのことです。

なお、海外で最初に免許を取得した場合になると、初めに国内免許に切り替えた都道府県の公安委員会の番号で登録されることになります。
 

 

左から3、4番目の数字というのは「取得年」。

 
免許証番号の左から3、4番目の数字
 
3、4番目というのは、免許を取得した西暦の下2桁となります。

例として、1997年取得だとすれば「97」、2005年取得だったら「05」になるのです。

これだと理解しやすいですね。
 

左から5~10番目の数字というのは、「公安委員会の管理番号」。

 
免許証番号の左から5~10番目の数字
 
5~10番目に関しましては、各都道府県の公安委員会が独自に定めている管理番号となります。

各都道府県に応じて、基準が異なり、その意味は公表されていないのです。

なお、5~8番目の数字のみ赤で編み掛けがしていますが、なぜかというと電話番号のハイフンと同じく、並んだ数字を見やすくするためのものだそうです。
 

左から11番目の数字というのは「チェックディジット」。

 
免許証番号の12桁の数字の左から11番目の数字
 
チェックディジットというのは、入力ミスを検出するために、設定された検証用の数字の事です。

バーコードだったり金融機関の口座番号、クレジットカード等に対しても使われており、複雑な計算式で算出しているというわけです。

免許証を再発行したとしてもこの数字というのは変わりません。
 

左から12番目の数字というのは再交付回数

 
免許証番号の12桁の数字の左から12番目の数字というのは再交付回数
 
最後の12番目の数字というのは、紛失・盗難等に起因する再交付の回数となります。

再交付を受けた事がないと「0」で、交付を受けるごとに「1」「2」と数字が増加していきます。

これというのは原則的に紛失・盗難したことによって再発行の回数で、破損だったり汚れ等による再交付の場合には、内容が確認できるならば、この数字は変わる事はありません。

次は、交付年月日の右横にある5桁の数字に関してです。

交付年月日の右横にある5桁の数字というのは照会番号です。

これは交付日によって割り当てられる照会番号となります。

免許センターの番号だけじゃなく即日交付後日交付等の区分その日のうちに交付された免許の通し番号等、色々な情報が組み込まれています。

番号の割り振りからすれば、各公安委員会につき、異なった基準があるのです。
 

免許証番号の12桁の番号から何がわかる?:最後に

 
免許証の番号によって、過去の犯罪歴が分かったり、違反点数だったり学科試験の点数が分かったりすると言われる・・。

とされる説がありますけど、ここまで見てきたことからもわかるように、運転免許証番号にそういう情報が組み込まれている事はあり得ないことになります。

もしも交通違反であったり犯罪としまして残る事件というものをひき起こしたとして、その情報を番号として反映させるとした場合だと、運転免許の更新時にしか果たせないことになり、例えばゴールド免許の更新というのは5年なので、最大5年反映されないことになり、全然意味のないようなものであることになると思います。

さらに、下1桁を除く11桁というのは免許の取り消しが理由の再取得等がないと変わることなどないということで、例えば18歳で運転免許を取得したということなら、その時の番号がず~っと使用されることになって、情報が入っているとしたら、それは18歳の時の情報だということです。

ですが、ICカード化が進んだ現在は、偽造・変造あるいは不正使用防止等に大きな役目を果たしている事は勿論のことですが、ICチップに様々な情報を組み込んでおくということは技術上において出来るので、運転免許証という「カード」より多岐に及ぶ個人の情報へのアクセスがやりやすくなっている、事は事実であるのかも知れません。
 
 
個人を特定する際に重要な情報が密接に入り込んでいる車の免許証。
 
 
チェックするのは更新時期を確認するときだけかも・・・。

という人もいるかもしれないのですが、時にはまじまじとご覧になってみることも良いのではないでしょうか。