【最強免許】車の「フルビット」免許証とは?取得費用はいかほど?

フルビット免許証

皆さん、「フルビット免許証」と言われるものを知っておられるでしょうか?

「フルビット免許証」というのは、国内で取れる自動車免許のあらゆる欄がいっぱいになっている運転免許証の通称のことを指します。

「フルビット免許証」を取得するためには、長い期間とかなりの費用、更には精神力が求められることになるのです。

だからこそ取得を実現させた猛者達というのは、一部のドライバーからは憧れをこめて、「フルビッター」というようにも称されているとのことです。

本日は、難関とも言える「フルビット免許証」を取る方法や費用に関して紹介をさせて頂きます。
 

どうして「フルビット」と言われるのだろうか?

 
1994年に至るまでの運転免許証
 
1994年に至る迄の運転免許証の種類の欄においては、有している免許というのは「1」、有していない免許というのは「0」とビット(2進数)で表記されていたのです。

それに伴って全部の免許を取得していると、免許証の種類の欄の中には「1」の表記がズラリと並んだことから、フルビット免許証と通称されるようになったのです。
 

免許を取得する時に注意すること

 
全部の免許を次から次へと取得することで、最終的に「フルビット免許証」になってしまうのでは?

と考えられているのではないでしょうか。

ですが、驚くことに取得する運転免許の順番を考慮しないと、フルビット免許証にはなりません。

例えば、フルビッターをめざすと考えているなら、一番最初に、原動機付自転車(原付)あるいは小型特殊自動車(小特)の免許を取得することが必要です。

事情として、普通自動車の免許を先に取得してしまうと、試験を受けなくても、原付と小特も含めて取得できてしまうのです。

こういった自動的に取得できる免許というのは免許証の種類の欄において表記してもらえないことになります。

自動的に取得できる免許の例というのはこの他にもありますので、普通自動二輪より大型自動二輪を先に取得した時や普通一種より普通二種を先に取得したといった場合等が考えられます。

すなわち、上位にあたる免許からすれば、下位にあたる免許も含まれていると一括りにされるのです。

免許の種類としては上下の関係にありますから、順番のことを考慮して免許を取得しないとフルビット免許証になりません。
 

 
一番最初に免許を取るのは:

原動機付自転車(原付)あるいは小型特殊自動車(小特)の免許から取得しよう!
理由としては「上位の免許」を先に取得してしまうと、「下位の免許」が表記してもらえないので、「フルビット免許証」ならないので・・。
というのが理由となります!
 

 

フルビット免許証を取得する順番とは

 
取得する免許の順番からすれば幾つかのパターンがありますけど、上記で述べた運転免許の上下関係を踏まえた一例に関しては次の通りになります。
 

 
1.原付免許 2.小型特殊免許 3.普通自動二輪免許 4.大型自動二輪免許 5.普通一種免許 6.準中型免許 7.中型一種免許 8.大型一種免許 9.大型特殊一種免許 10.けん引一種免許 11.普通二種免許 12.中型二種免許 13.大型二種免許 14.大型特殊二種免許 15.けん引二種免許
 
番号順に免許証を取得していけば、「フルビット免許証」となります!
 

 
なお全部の免許を取得するなら必要最小限3年程は要します。

その理由は、二種免許の受験条件においては、一種免許を受けてから、3年以上経っていることが絶対条件であるというような条項があるからとなります。
 

「原付」や「小特」を運転免許証として記載させるには?

 
殆どの人の場合だと、最初に取得する免許とされるのは、普通一種普通自動二輪なので、原付や小特は免許証に表示されません。

後になってから「フルビット免許証」を何としても取得したい場合、既に取得した免許を失効させて、再び取り直すというような方法が有ります。

当然ですが、免許を取り直すためには、時間だけではなく費用も必要になりますし、そこに至るまでは運転できない不都合さも、心積もりすることが必要であるわけです。
 

 
既に免許を取得してる人で今から、「フルビット免許証」を取得したいとお考えの方は今からでも「フルビット免許証」を取得する事ができます。
その場合、「フルビット免許証」を取得するためのルールとして「免許を取得する順番通り」に取り直さないといけません。
その前に、既に取得している免許を全て、失効させてから、「免許の取り直し」をする事になります。

注意点として、「免許の失効の手続き」「免許の失効している期間」は運転できないという不都合と「再取得するための費用」が必要となります。
 

 

フルビット免許証に必要な費用は?

 
全部の試験を受けないと「フルビット免許証」になりませんから、もちろん費用もかなり必要になります。

自動車教習所であったり地域が異なっても違いはありますが、15種類全部の免許取得に要する費用は合算では約240万円も必要になるのです。

内訳とされるのは次の通りになります。
 

「フルビット免許証」に必要な取得費用。

原付免許 7450円 小型特殊免許 3550円 普通自動二輪免許 176100円 大型自動二輪免許 96200円 普通一種免許 227300円 準中型免許 191000円 中型一種免許 182700円 大型一種免許 312000円 大型特殊一種免許 86940円 けん引一種免許 126900円 普通二種免許 244200円 中型二種免許 342800円 大型二種免許 383700円 大型特殊二種免許 19600円 けん引二種免許 6100円
 
合計 2406540円
 

 
 

フルビット免許証を取得するメリット!

 
かなりの費用と時間を費やすフルビット免許証。

そこに至るまでして取得することに、果たして意味はあるのだろうか?

はっきり言って、フルビット免許証があっても、なにかしらの特典を得ることができるということはありません。

全ての車種を運転したかったら、上位にあたる免許ばかりを取得すれば良いわけですからね。

ですが、フルビット免許証を入手できた時の満足度合というのは、計り知れないものがあるのではないでしょうか。

文句なしにどういった車種においても運転できることから、車を使用する職種探しには困りませんし、とにかく話のネタとして披露したなら、多くの人から羨望の眼差しが得られるにちがいないでしょう。

ところが、たとえフルビット免許を取得した後、とんでもない事故や違反を引き起こしてしまった場合、今まで取得した全体の免許が消滅していまうので注意してください。

されど、裏を返せば、免許を失いたくない一心から、安全運転に気を配るかもしれないですね。

最高ランクの運転免許証だというフルビット免許証フルビッターの仲間入りを目標にしてみてはどうでしょうか!