なぜ、トラックはエンジンを停めないで休憩をしているのか?

トラック

有料道路のパーキングエリアやコンビニエンスストアのパーキング、車線の広い道路で路肩に停めて、エンジンを停めないで駐車しているトラックを見掛けること、多くありませんか。

車体がデカいから只であっても場所をとってしまうトラックというのは、迷惑扱いされ、エンジン音さえもデカいですし、ずっと出される排気ガスのことを考えたら、「その休憩の方法は我慢ならない。」「無神経だ。」という声も、但し、トラックドライバー自身もアイドリング状況下で駐車しなければいけないことに罪の意識があって、可能であるならエンジンを停めて、駐車したいと思っていると言われています!

ですが、駐車されているトラックのほとんどがエンジンを停めずにいるというのはなぜなのでしょうか?

ですので本日は、駐車中のトラックが、エンジンを停められない理由について紹介させて頂きます!
 

なぜ、トラックはエンジンを停めないのか?:理由1.車内の温度対策。

 
長距離トラックの運転手というのは、一日のほとんどすべてをトラックの車内で過ごす事になります。

一晩中運転して目標地点の周辺にたどり着いた後、朝一番に荷主のところへ輸送する直前に、仮眠を数時間取ることがほとんどです。

仮眠を取る際ともなると、重要なのは車内の温度調節となります。

トラックに乗った経験がない人にも、夏の真っただ中に車へ乗り込んだ際のムッとした暑さであったり、真冬の車内が凍えるような寒さ等を、体感した方も多いはずです。

車内の温度の過酷さは、トラックも乗用車も違いありません。

車内で仮眠を取るトラック運転手からしたら、このような厳しい温度環境だと体が休まらないでしょう。
 

夏の仮眠の悩みの種

 
真夏の車内というのは70℃付近まで、温度が上昇し、熱中症に伴う死亡事故の危険さえ存在します。

暑いと言うなら、窓を開ければ良いのではないかと感じますが、パーキングエリアの様な仮眠場所というのは、それ以外にも大多数のトラックが密集しています。

窓を開けることから騒音であったり排気ガスが車内に入って、休憩などはあり得なくなってしまうのです。
 

冬の仮眠の悩みの種

 
冬の期間の寒さというのも、暖房要らずで休憩するとなると、辛い環境となります。

雪国等の場合はアイドリングを続けていると、積もった雪でマフラーが埋められて、一酸化炭素中毒の危険さえあるのです。

エンジンを停めることによって、そういう心配はなくなるのですが、暖房要らずではまともに休憩するという事は不可能です。

要するに、運転中に集中力の後退や、居眠りが生じかねないので、バッチリ仮眠をするためにも、エンジンを停める事は出来ないのです。

寒さ対策として、車載用暖房機器があるのであれば、エンジンを停めていたとしても車内を暖める事ができます。

ですがお金が要される割には暖房効果が貧弱で、十分な休養を確保できる温度環境とは、いえないというのが現実なのです。
 
 

なぜ、トラックはエンジンを停めないのか?:理由2.積荷のため。

 
冷蔵車・冷凍車のトラックの場合には、積荷のためエンジンを停める事ができないというような理由も見受けられます。

クール便みたいな冷蔵・冷凍機能の完備されているトラックに関しては、積荷を傷めないようにアイドリングをしているのです。

冷凍機用のサブエンジンを、架装されているトラックだったら、走行用のエンジンの稼働とは関係なく、荷室を冷やし続けることができます。

それに対して、直結式に関しましては、冷凍機のコンプレッサーをトラックのエンジンで動かしていて、エンジンを停めると、荷室の冷凍機も機能しなくなってしまうのです。
 
 

なぜ、トラックはエンジンを停めないで休憩をしているのか?:最後に。

 
駐車中のトラックがアイドリングを継続する理由は、運転手の休憩ができるようにであり、また温度調節が求められる積荷を保護するためでした。

トラック運転手が、車内で仮眠をしないといけない理由は、運輸業界の長い間続くなり手が少ないことにより、長い時間に及ぶ運転をしないといけない労働環境の問題があげられます。

実のところ運転手自身もエンジンを停めて、静かな環境で休憩をしたいはずです。

騒音だったり振動が生じるアイドリングを行なった状態では、心地よく車内で過ごすことができていないのが本当のところだと言えます。