今までの人生は後悔しかないと言わないために、死ぬ前にやっておくべき事。

女性の老人のイメージ

人というのはこの世に生まれてきて、そして、死んで行くのです。

それについてはどうしようもない事なのです。

ですので「死」と言われるものをきちんと、受け止めなければなりません。

ですが人というのは死ぬ間際になったら「あれをしたら良かった。」

「もっとあのようなことをしておいたら良かった。」

なんていうように後悔をしてしまう事が、いっぱいあります。

なので本日は人が死の直前にどんな人でも漏らした「後悔の念」を紹介したいと思います。
 

もっと言っておきたい事をきっちりと言えば良かった。

 
あなた自身が言っておきたいという事をグッとおさえて、心の中に閉まってしまいがちです!

このような人が多いかも知れません!

ですが、あなた自身の本心を人に伝えられなかったことで、後悔を生んでしまう人が非常にたくさんいます。

大事な人に誤解をされた状況で、縁が切れてしまうとか、ありがとうあるいはごめんなさいをストレートに言えなかったり、好きな人に好きと言えなかったり、いずれにせよ、あなた自身が言っておきたいという事は、はっきりと伝えた方が良いと思います。
 

もっと家族との時間を大事にしたらよかった。

 
これについては特に、日本人の男性の方に多いそうです。

やはり、働くことに生きがいを感じてしまいがちの、日本人だからこその後悔になります。

アメリカ人については、家族との時間を大事にしておけば、良かったというような後悔する人というのは滅多に存在しません。

日本人ばかりが思う後悔なのではないでしょうか。

ですが「死」を意識し、ようやく分かる、家族のありがたさや事の大きさ、そういった時、気がついても、遅いのです。

ですので、家族との時間を大事に考えて、これまでよりいっぱいの思い出を作っておくように心掛けましょう。
 

もっと自分自身の人生を正直に生きれば良かった。

 
人が、「死」を迎えようとしている時点で、どんな人でも「人生がこの瞬間に終えるのか!」って悟るのです。

それから多くの方が、「もっと自分らしく生きたかった」と感じるそうです。

あなた自身の時間などを、第三者のために、全力を挙げて、削って働きます。

ですが気がついた時には「自分自身は何のために生きてきたのだろうか?」と思い起こします。

「もっと自分自身の人生を正直に生きていれば良かった!」と後悔を口にするのです。

それを回避するためにも、自分といった人間をさらに大事にした方が良いでしょう。
 

仕事ばかりしなければよかった。

 
「仕事ばかりしなければよかった。」

このような言葉さえも日本人であるが故に発するのではないでしょうか!

日本人気質が関与する後悔の言葉が特徴的です。

会社のためにと考えて1日中働いて、会社につくして人生が終わる。

いずれにせよ海外ではあり得ない生き方になります。

ですが定年になると「生きがいを失くす。」人が普通で、第二の人生を安心して過ごすことができる日本人は限られるのです。

それを回避するためにも、もう少し会社のみならず意識して、時間を問題なく使えるように意識する事が重要です。
 

もっと友達と連絡を取っておけば良かった。

 
「もっと友達と連絡を取っていれば良かった。」と言っているのは、孤独を感じる老後を過ごす方々のフレーズになります。

「友達との付き合いや係わりを大事にしていれば、より楽しかったであろう。」というような後悔の念。

だけど、老けた自分自身の姿や思う様に動けなくなった体を友達に見せたくなかった。

というような老人が多いと聞きます。

そのことも人間が持っている、自尊心だったと思われます。
 

もっと健康に気配りしていれば良かった。

 
体が弱かったり病気したりとかすれば、人はどんな人でも弱気になったりします。

また、元気であった頃には想像すらできない「死を迎える」といった現状を受け止められないのです。

ですが「後悔先に立たず」なのです。

健やかな時にこそ健康に気配りして、過ごすようにしているのであれば、より一層、長生きする事が出来たはずです。
 

タバコをやめておくべきだった。

 
日ごろよりタバコを吸っている人は、「自業自得」だと考えているでしょう。

ですが、タバコが災いして病に冒された人は、「こんなになるなら、タバコをやめておくべきだった。」と後悔を口にします。

「タバコで病に冒されても、自分自身で心に決めたことだから大丈夫だ!」と、人の注意に聞き耳を立てない人ほど、後悔を漏らすのです。

人から注意されている時こそ、ちゃんと耳に入れるべきであったのです。
 

もっと行きたい所に行っとけば良かった!

 
「もっと行きたい所に行っとけば良かった。」

この後悔として「旅行」って事と、「会いたい人」といった主旨として分類されます。

病気をする事で体力がなくなって、移動をする事が出来なくなります。

そうなってしまうと、行こうと思う場所があったとしても、行けず、出会いたい人がいたとしても、会えなくなってしまいます。

そうならないように、旅行というのは、することが可能な内から行って、出会いたい人においては会える内に会いにいくことが重要だと思います。
 

もっと恋をすれば良かった!

 
「もっと恋をすれば良かった」このセリフは、女性が多く残す言葉になります。

亭主に貢献して、一生を終えようとする頃、「もっと色んな人と恋をして結婚を決めれば良かった!」というような後悔する主婦が多いと言われています。

女性は、出産適齢期を有しているので、結婚になるとあせりを持ってしまいます。

ですが一度結婚をしてしまうと、家族に尽くします。

そのことから「もっと恋をすれば良かった。」というような後悔に結び付くのだと思います。
 

もっと何にでもチャレンジしたら良かった!

 
人というのは大人になればなるほど自分の考えとは、裏腹な方角へ走ってしまうようです。

なぜかというと世間体や周囲の目が気になるからではないでしょうか。

「本音を言えば、こうしたかったのに・・。」

「本心ではやりたくなかったのに・・。」

もうちょっと、自分自身の本当の思いに答えても良いかもしれません。

世間体や周囲の目については、それほど気にせずに生きていった方が楽しいのではないでしょうか。

「あのような事をやっていれば良かった。」

「あの時、こうやっていたら良かった。」

人は「死を受け入れるかも知れない。」と感じ取った時に思い起こされてくる後悔の念。

どんな人でも後悔はあると思います。

ですが一度限りの人生であれば、楽しい人生で終焉を迎えたいものなのです。