【子育て】子供との接し方と育て方|男の子、女の子の違い‼

男の子と女の子

みなさんは初めての子供と言えば、男の子と女の子、どちらの方を望まれるのでしょうか?

実際のところ、男の子と女の子では、育て方もいろいろな違いがあると言われています。

本日は、男の子と女の子の育て方や接して方の違いを紹介しようと思います。
 

転んだとき。|男の子、女の子の接し方と育て方の違い‼

 
男の子というのは強く育てなさい!という言葉が存在しますよね。

男の子が転んだ際、即座に救いの手を差し伸べたいと感じるのが親心です。

けれども、強い子に成長して貰いたいと感じることもあって、「これくらい、大丈夫でしょ?」と言い、肩をポンポンする程度に留めます。

それとは逆に女の子としては大きな傷が残るとなると一大事です。

「痛かったね」とバンドエイドを貼り付けたりして、愛情を込めて接してしまいます。
 

怒られた後の反応|男の子、女の子の接し方と育て方の違い‼

 
悪戯盛りの男の子を持つ家庭については手間がかかります。

怒られるような事ばっかりしてくるから、お父さんもお母さんもへとへとです。

怒られた時のみ、「ごめんなさい。」をしてきてくれるのですが、あっという間に忘れて、再び怒られることを繰り返します。

女の子に関しましては、常日頃、優しい、お父さんやお母さんが怒るとなると、ショックを受けます。

どうやったら、怒られなくなるのだろうと考えて、当分、反省した態度で過ごしてくれるのです。
 

子供と一緒に買物に行った時。|男の子、女の子の接し方と育て方の違い‼

 
小さな子供さんと一緒に買物というのは、一苦労じゃないでしょうか。

男の子の場合では、目を放すと即、居なくなるので、夕飯の買物がゆっくりすることができないお母様が多いのではないでしょうか。

女の子の場合だと、一緒に買物をお手伝いしてくれる子が多いそうなので、買物がかなり、楽チンのようです。

お母さんの後ろ姿を見つめつつ成長していくんですよね。
 

遊ぶとき。|男の子、女の子の接し方と育て方の違い‼

 
男の子と女の子だと、どういう遊びが好きかも、大きな違いあります。

男の子というのは、とにもかくにも、外で遊ぶことが大好きです。

友達と活発に走り回る事が、多々あるので、自宅で遊ぶことは、雨の日くらいです。

女の子に関しては、物静かに部屋の中で遊ぶことが多いですよね。

塗り絵人形遊びクッキー作りなどといった、遊びをしているという事を見れば、女の子らしく可愛いなぁ!と考えてしまいます。
 

父親から。|男の子、女の子の接し方と育て方の違い‼

 
ご自身の子供が男の子の場合では、野球やサッカー等、あなたが好きな事を子供と一緒にあなたが好きな事を子供と一緒にしたいと感じるお父さんが、多いのではないでしょうか。

なかには外遊びや趣味の時に子供を大事な相棒みたいに使うパパさんを・・。

男の子がいるパパの夢だったりしますよね。

女の子の場合では、パパは子供の召使いみたいな関係に、いつの間にやら、好き勝手させてしまい、お姫様の様に扱ってしまうため、子供も「パパちょろい!」などと思っているかもしれないですね。
 

その日の出来事。|男の子、女の子の接し方と育て方の違い‼

 
子供の頃から、しっかりしている男の子というのは、全然、見ませんよね。

「今日、学校どうだったかな?」と聞いたとしても、「知らない、よく分からない、忘れた。」という感じで返事が返ってくることが大半です。

「学校で一体何をしてたの?」と不思議に感じてしまいます。

女の子というのは、とにもかくにもお喋りです。

今日、あった出来事をママやパパと共有したいと思い、様々な内容をいっぱい話して貰えます。

そういう子どもの話を聞いていたらほっこりしますよね。
 

言い訳。|男の子、女の子の接し方と育て方の違い‼

 
イタズラをした時に苦しい言い逃れをしてくる子供も凄くたくさんいますよね。

男の子の場合では、嘘をつくことがとんでもなく下手くそなので、言い訳もアイデアがないという事が結構あります。

ですが、怒られることが嫌なので、イタズラを隠し通そうとします。

女の子に関しましては言い分けが超得意です。

母と真っ向から対抗してくるので、偶発的に、言い負かされてしまう事もあったりします。

抜かりのないように言い訳されれば、怒る気が無くなってしまうのです。
 
 
 
一番最初に生まれてくる子というのは「男の子がいいのか!女の子がいいのか!」なんて話す時間が楽しい事もあると思います。

その中には男の子と女の子、両方、欲しいなんて意見もあったりします。

自分自身の子供ですから、どっちが生まれてきても嬉しいのですけどね。