バナナを2本食べると〇〇…。

バナナ

皆さんの中には、毎日バナナを食べているといった方はいますでしょうか?

健康食品かのようなイメージがないバナナなのですが、バナナを1日2本食べさえすれば、体に数多くの良い変化に繋がります。

本日は、そういったバナナを食べる事で、どういう「健康増進」に繋がっていくのかを紹介したいと思います!
 

バナナを毎日2本食べると「ストレスが緩和される。」という効果がある!

 
なんと言うか、最近憂鬱だ・・というような方は、その手に取った「お菓子」を、バナナに代えてみるといいですよ。

バナナにおいては「幸せホルモン」でもある、セロトニンの吸収に欠かせない、トリプトファンを含むだけに限らず、うつ病に効果的とされているマグネシウムを1本につき約27ミリグラム含んでいるのです。

バナナを毎日、食するだけで、ストレスが緩和され、リラックスした状態で、毎日を過ごすことが出来るということなのです。
 

バナナを毎日2本食べると「抗ガン剤効果。」にも繋がる!

 
白血球が出す「TNF(腫瘍壊死因子)」というような物質は、がん細胞を撃破する役割を担いますが、現在の研究において、バナナがその「TNF」を数多く作る出し、癌の予防に役立つ事が確認されています。

現実に、癌細胞にバナナ果汁を注射してみると、腫瘍の膨張を抑制する事が出来たと言われています。

更に、バナナについては、突発的な血糖値の上昇を阻止し、カリウム等のミネラルにより血糖値を、下げる効果も存在するため、糖尿病予防としても効果があります。
 

バナナを毎日2本食べると「お腹に優しいのとダイエット効果にも・・。」

 
バナナには、難消化性デンプンと言われるものが、含まれています。

この難消化性デンプンというのは、消化が行われづらく、小腸や大腸等に、長時間留まることもあって、少しの量でも満腹感を得る事ができて、ダイエットとしても効果があります。

しかもバナナに含まれるリン脂質が胃の粘膜に、引っ付くことによって、酸を抑制する働きを行ってもらえるため、胸やけを防止する事もできるのです。

本当に、バナナって、お腹に優しいですね。
 

バナナを毎日2本食べると「心臓病・脳卒中のリスク低下」する事が出来ます!

 
バナナについては、心臓や脳細胞の機能を正常化してもらえる、カリウムというような成分が含まれています。

それに伴って、1日にバナナを2本食べるだけで、高血圧を抑制し、心臓病のリスクを軽減できます。

現実に、食生活として1本のバナナをプラスすることによって、脳卒中に起因する死亡リスクを40%ダウン出来たというような研究結果が出ています。
 

バナナを毎日2本食べると「貧血のリスクが低下する。」

 
貧血ともなれば、顔色が悪くなって、疲労しやすくなっていきます。

これというのは鉄分や血液中の赤血球が足りなくなることが原因であり、女性に関しては月経で鉄分が少なくなるため、貧血に繋がりやすいとのことです。

バナナには、赤血球の生産率を上げるようにするが、たっぷりと入っていて、貧血の改善に欠かせないビタミンB6も含まれているというわけです。

貧血については、バナナが極めて効果的となります!

最後になってしまいましたが、バナナは非常に健康に良い食べ物なのですが、1日2本程度が適当な量となります!

食べ過ぎると冷えとなる原因になってしまったりするため、気を付ける必要があります!

医者が避ける食べ物のイメージ
医者が避ける食べ物!美味しい「食べ物」であればある程、体に良くないというような不合理さ。あなたがご自身で常日頃、食べてる食べ物でありますでしょうか?もしも長生きが出来るように、多少なりとも確率を良くしたいと思うなら、このような食べ物につきまして、きちんと注意して食生活を送ることが重要になります。...