医者が避ける食べ物!

医者が避ける食べ物のイメージ

美味しい「食べ物」であればある程、体に良くないというような不合理さ。

あなたがご自身で常日頃、食べてる食べ物でありますでしょうか?

もしも長生きが出来るように、多少なりとも確率を良くしたいと思うなら、このような食べ物につきまして、きちんと注意して食生活を送ることが重要になります。

本日は、そのような寿命を縮める可能性がある、食べ物を複数、紹介したいと思います。

思いもよらぬものから、まさしく体に悪っぽいものまで、あれやこれやと見つけられた。

では、紹介させて頂きます!
 

医者が避ける食べ物:「明太子」

 
明太子
 
食塩摂取量が多い男性であればある程、胃がんの発生リスクが大きい事が判明し、特に、たらことか明太子等の塩蔵魚卵をよく食べている人については、2倍以上高いと言われています。
 

医者が避ける食べ物:「ポテトチップ」

 
ポテトチップス
 
発がん性が示されるアクリルアミドが、「焼く」・「揚げる」等、高温で料理されたといった場合、炭水化物(でんぷん)をいっぱい含んでいる、食品中(じゃがいもや穀類等)に高い濃度で検出されたと発表しました。

更にポテトチップスについてはアクリルアミドの検出率が高く、一般的なポテトチップス1袋にアクリルアミドが、WHOが飲料水の許容範囲になっている、濃度の500倍という量が含まれ、また同国内のファーストフード店において取引されているフライドポテトになるとその濃度が約100倍であったと言われています。
 

医者が避ける食べ物:「ベーコン」

 
ベーコン
 
「10代の肌と30代の肌の断面を比較をすると、30代の肌については、糖とタンパク質が結合、変異したAGE(終末糖化産物)がたくさん含まれる事が判明しました。AGEが身体の中に溜まる程、老化が早くなる可能性があります。」

ベーコンについては、牛ステーキの約9倍もAGE値が高いと考えられます。
 

医者が避ける食べ物:「寿司ネタサーモン」

 
寿司ネタサーモン
 
ノルウェーより輸入される養殖サーモンについては、ダイオキシンが国内天然鮭の12倍以上も貯め込んでいるのです。

チリ産も含めアトランティックサーモンに関しては、脂が多く、脂肪とダイオキシンを多く溜め込んでいます。
 

医者が避ける食べ物:「トマト」

 
トマト
 
トマトの未熟果実や茎・葉については、トマチンというようなアルカロイドが含まれています。

このようなトマチンというのは、植物でのトマトが害虫を寄せつけない、虫よけの成分だと言われています。

腹痛や下痢などをまねく事があるので、食い過ぎたり、特にまだ青いトマトには気を付けましょう。
 

医者が避ける食べ物:「コンビニ弁当」

 
コンビニ弁当
 
個々のコンビニの弁当を1週間、日の当たる場所に置いてみましょう。

1週間後、某1社のコンビニ弁当だけが、「カビ」が一切、生えません。

これがどういう事を意味するのかお分かりになられますでしょうか?

カビが生えるというのは、添加物が一切、使用されていないという事です。

カビが生えないという事は、莫大な添加物が使用されているという事になります。
 

医者が避ける食べ物:「キムチ」

 
キムチ
 
各国で料理に重宝されている、唐辛子の辛味成分で鎮痛剤においても、使用されるカプサイシンが、「がん」の発生を促すという研究結果が出ました。

フランスの衛生省(日本国の厚労省に該当)に関しましては、「食べると人体に悪影響を与える食料」のリストには韓国の民族料理とされるキムチを追加した、と発表した。

中毒性が高く、脳細胞にダメージを及ぼすというような「カプサイシン」が大量に含まれていることが大きな理由で、この発表やいなや韓国からのキムチの輸入が全面的に禁止されました。
 

医者が避ける食べ物:「カップ焼きそば」

 
カップ焼きそば
 
「カップ焼きそば」っていうのはカップめんと見比べても、カロリーが高水準です。

個々のメーカーのカップめんのカロリーというのは、主として300kcal台なのですが、カップ焼きそばについては、「500kcal」以上の傾向が見られる。

バナナ
バナナを2本食べると〇〇...。皆さんの中には、毎日バナナを食べているといった方はいますでしょうか?健康食品かのようなイメージがないバナナなのですが、バナナを1日2本食べさえすれば、体に数多くの良い変化に繋がります。...