ハイブリッドカーのバッテリーの劣化に注意!

ハイブリッドカー

ハイブリッドカーであっても、その他の車と同じ様にバッテリー上がり(劣化)をしてしまう事を知っておられるでしょうか?

車には特に冬の寒い季節というのは、バッテリーが上がり(劣化)易いので、対策アイテムというものを車に載せておくように心掛けましょう。

そうならないように本日は、ハイブリッドカーのバッテリーが上がって(劣化)しまうことに関しての紹介をしたいと思います。
 

ハイブリッドカーについては、2種類のバッテリーが備わっている!

 
ハイブリッドカーのバッテリー
 
普通のガソリン車については、バッテリーは1つ備わっていて、エンジンを掛ける時等に、使用されております。

ところが、ハイブリッドカーについては、2種類のバッテリーが備わっているのです。

1つは、走行システムや電子機器の為の、補機バッテリーで、ガソリン車に備わっているモノと一緒です。

もう1つは、ハイブリッドカーであればこその装備とされる駆動用バッテリーです。

モーターを使って、運行する時に使われる200Vの高電圧バッテリーになります。

リチウムイオンやニッケル水素といった種類があって、改良を積み重ね、最小化が進められました。

多数の車種では、後部座席の下側に納まっているというわけです。
 

駆動用バッテリーが上がって(劣化)しまう理由

 
駆動用バッテリー
 
ハイブリッドカーに備わっている駆動用バッテリーというのは、充電が自動的に制御されていますので、上がって(劣化)しまうことは滅多にありません。

当然、駆動用バッテリーが耐久年数に到達してしまう場合も稀にございます。

ですが駆動用バッテリーは大容量及び長寿命に向けた作りであるので、標準的な乗り方を行っていれば、基本的にはバッテリー交換については必要ありません。

しかしながら、車を動かす時のエンジンシステムについては補機バッテリーによって動いています。

従いまして、補機バッテリーが上がって(劣化)しまった時は、駆動用バッテリーも動かなくなってしまうのです。

他タイプの車とは違って、ハイブリッドカーに関してのバッテリー上がり(劣化)は、「システムダウンに伴う、走行不能状態」を示すのです。
 

補機バッテリーが上がって(劣化)しまう理由

 
補機バッテリー
 
ハイブリッドカーの補機バッテリーについては、エンジン始動として使用されないので、ガソリン車と比較して、消費する電力というのは少ないとのことです。

更には、停車中に、駆動用バッテリーから補機バッテリーへと電気が供給されるということから、渋滞中にカーナビを使用しても、バッテリー上がりを引き起こすことはありません。

ですが、充電量以上の電力を使うことにより、バッテリーが上がってしまうことは、ガソリン車の場合と一緒です。

駐車中のライトの消し忘れについては、最もバッテリーを消耗させるので注意したいしたほうがよいです。

補機バッテリーの寿命というのは、使用方法により変わりますが、およそ4~5年が目安といわれているようですので、周期的にバッテリーの交換はするべきです。

何はともあれ、一度上がって(劣化)しまうと、バッテリー上がりが発生し易くなってしまうので気をつける必要があります。
 
 
ハイブリッドカーだとしても、補機バッテリーを備えているため、ガソリン車と同じ様に、バッテリー上がり(劣化)には注意したいですね。

車内
【女性が喜ぶ】車内に便利グッズ!おすすめの快適な装備はこれだ。想いを寄せている女性や彼女や、女友達とのドライブの際はどのような準備を行なっているのでしょうか?車の中を「二つ目の自室」と考えている、車好きも数多くいらっしゃるのではないかと思いますが、部屋の状態からすれば、性格や生活の様子がイメージされるのと一緒で、車の中においても品格が出てくるものです。...