【厳禁】朝食に食べない方がいい!警告NGメニュー

朝食のイメージ

朝食として、パンを食べたり、コーヒーを飲んだりする人も、かなりいるのではないでしょうか?

驚くことに、そういう王道化している、朝食において、全然、健康に悪いと指摘されているものが、数多く存在してしています。

本日は、そういった食べない方が望ましいという朝食を紹介させて頂きます。
 

朝食に食べない方がいい!NGメニュー:「パンケーキ」

 
現代ではお決まりの人気に輝いたパンケーキ。

あんまり、朝食において、食べない方がよいかもしれません。
 
パンケーキ
 
パンケーキそのものが体に良くないということはではありませんが、明確に言うと、全く栄養があるわけでもありません。

もっと言うなら、「メイプルシロップ」をかける事で確実に高カロリーとなってしまいます。

単に、オートミール粉、卵白だけにより作られたパンケーキをブルーベリーみたいな果物と一緒に食べるというのであれば、1日あたり必要な「良い脂肪」と「エネルギー」を摂取することが可能となります。
 

朝食に食べない方がいい!NGメニュー:「トースト」

 
トーストと言ったら、健康に良い朝食だと言われていますが、実際のところ、脂肪と糖分を大量に含んでいるのです。
 
トースト
 
そのくせ、スーパーで販売されているパンの大半は精製しているものですので、栄養というのは、ちょっとしかありません。

また、パンに塗るマーガリンについては、食品の中におきまして、一番不健康とされるものの、1つであり、トランス脂肪酸が含まれているのです。

トランス脂肪酸というのは、体の中に蓄積されやすいことが要因となって、体重を増やし、病気のリスクを高めるので、摂取しないほうが良いと思います。
 

朝食に食べない方がいい!NGメニュー:「朝食用シリアル」

 
あんなに美味いシリアルですが、体に良くないというのは、思いたくないですよね!
 
シリアル
 
ですが、現在のシリアルについては、多くが、物凄い量の砂糖と精製された小麦粉を多量に含んでいるのです。

現在、食べているシリアルが甘くておいしければおいしい程、それについては健康に良い朝食でないと言えます。

もしも、シリアルを健康の上で食べたいのであれば、グラノーラに無糖のヨーグルトをトッピングを行ないましょう。

また新鮮なフルーツを合わせると一層良いでしょう。
 

朝食に食べない方がいい!NGメニュー:「甘いコーヒー」

 
コーヒー抜きにしては1日が始まらない、と言われる人は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
 
甘いコーヒー
 
コーヒーというのは、眠気を覚まし、アルツハイマーとか心臓病のリスクを小さくしてくれるので、まさしく朝食にとって、良い飲み物なのですが、もしカフェで頼むクリームや砂糖がたくさん含まれているコーヒーを飲んでいるのであれば、まったくもって意味が異なってきます。

ちょっと手間が掛かりますが、ドリップコーヒーを規則正しい食事と共に飲むことが大切なのです。
 

朝食に食べない方がいい!NGメニュー:「卵焼き」

 
卵においては、たくさんのタンパク質、ビタミンB12、鉄、それにカルシウム等が含有されていますが、フライパンに油やバターを引いて焼くと、午前のうちに消費されるより、たくさんのコレステロールを摂ることに繋がります。
 
卵焼き
 
そうなると、血管内に脂分がこびり付き、病気を発症させてしまうかもしれません。

従いまして、朝食の卵については、旅館に出てくる朝食みたいにゆで卵にして食べた方がいいと思います。

そのような場合は少ないコレストロールで済みますし、同時に卵本来の栄養も得られます。
 

朝食に食べない方がいい!NGメニュー:「市販のフルーツジュース」

 
フルーツジュースが体に良くないなんて、考えられません!
 
フルーツジュース
 
ですが、市販のフルーツジュースというのは飲まないほうが良いでしょう。

市販されているフルーツジュースには、想像以上の砂糖やシロップが使われています。

どうしてかというと、味を整えるというのが主な理由でしょうが、糖尿病になる可能性を極めて高める事が科学的にも証明されているのです。

それから、100%果汁のフルーツジュースだとしても、たくさんの糖分(砂糖など)が含まれていることがあることもあって、取りすぎるというのは、お薦めしません。

ジュースじゃなく、フルーツとし、食べる方が体にとっては良いのです。