【エピソード】豊臣秀吉の天下統一

豊臣秀吉のイメージ

「豊臣秀吉」と言えば、大出世を成し遂げた人物としまして有名ではないでしょうか。

そんな歴史に名を遺す秀吉ではありますが、実際の秀吉とはどういう人物だったのでありましょうか?
 
 
百姓から天下人にまでなった、秀吉の生涯の他にもその人間像を掘り下げてみていこうと思います。
 

百姓から天下人に至った豊臣秀吉の生涯とは。

 
秀吉の幼児期、1537年頃誕生したと言われる秀吉は、8歳のの時期に寺に預けられたのですが、学問に励むこともなく、明けても暮れても、「槍術」あるいは「剣術」のマネ事を行っていたとのことです。

更に「坊主はみな乞食だ」なんていうような、悪口も言いたい放題にして人間関係的なトラブルも絶えることなく、寺より追い出されてしまったと言われています。

結局のところ、家に帰った秀吉は丁稚奉公として出されたりしたのですが、どんなところに行ったところで続けることができず、家族からしても、呆れられていたようです。

秀吉にもこのような時代があったんだと思うと何だかビックリですよね。
 

しがない草履取りから、信長に認められたエピソード

 
秀吉は22歳の頃、織田信長の草履取りをしておりました。

草履を用意した秀吉に、信長は「貴様、俺の草履を尻にひいたな。」と杖で叩きました。

秀吉は「尻にひいていません。寒いもんで草履を温めておくために、背中に入れて温めていました。」と言うのです。

証拠をみせろ、と言われたので、秀吉は、服を脱いで、背中を見せました。

そうすると、その背中には、下駄の鼻緒の跡がありありと残っていたのです。

これを見た信長は秀吉を気に入り、草履取りの頭にしたのです。
 

豊臣秀吉は、古木、建築に秀でていた!

 
次の年、23歳の秀吉に好機が巡ってくるのです。

信長の居城だった清洲城の石垣が崩れ落ちたことにより、工事することになりました。

20日掛かっても、出来なかった、工事だったのですが、秀吉に任務が与えられると、びっくりすることに「2日」で工事を完成させたしまったのです。

どのようにして、時間をかけずに完成したかと言えば、180mの塀を作ることもあって、18mごとに責任者を備え、その責任者達を競わせたというものだった。

この発想の凄まじさが秀吉の突き抜けた才能を指し示しているように感じますのではないでしょうか。

それからこれを見た信長は喜び、秀吉を役人に取り立てたと言われています。

更にそれ以後、30歳の時には、墨俣一夜城を建設に成功していますし、秀吉の立身出世の鍵を握ったというのは、建築の能力に長けていたから、というような説もあるのです。

このようにして、秀吉はすこしずつ信長に認められ出世をなし遂げていくことになるわけです。
 

本能寺の変から天下統一へ!

 
1582年、織田信長が明智光秀の謀反により、討たれてしまうという、本能寺の変が起こりました!

この時に、秀吉は中国地方で毛利氏と戦をしていましたが、急いで、京都へ帰り、「逆賊、明智光秀」を討ちとりました。

信長の遺体については、発見されなかったものの、秀吉は木造を遺体と見せかけ、信長の葬儀を敢行して、主君・信長の仇討ちと葬儀を果たして、織田家の主導権を握ることになります。
 

小牧・長久手の戦い

 
その後、順調に対立勢力を倒していくのですが、徳川家康の戦いでは敗北してしまいます。

そこで秀吉は名門である藤原氏の養子となり朝廷より「豊臣」姓を授かり、関白となります。

更に自分の母親と妹を徳川家に人質として差し出すことにより、徳川家康を臣従させる事に成功。

関東の北条氏と九州の島津家を屈服させる事に成功し、ようやく天下統一を果たしたのです。
 

天下人/豊臣秀吉の物凄い裏情報

 
ここで、天下人になった秀吉の行なった、物凄い裏情報を2つ紹介致します。
 

太閤検地

 
太閤検地というのは、全国の土地の何処で、いかほど米が収穫できるのか、ほとんど完璧に把握した事をいうのです。

時代劇とかで、あの大名は100万石、なんて言いますが、この太閤検地からきています。

石高制での権威付け

 
太閤検地を行うことによって、石高制においての権威付けが出来るようになったのです。

そんなわけで土地の所有者をきっちりとして、税収の安定することが出来たのです。

秀吉の行なった政治としまして革新的なものになりました。
 

絢爛華麗な大坂城築城!

 
秀吉は、大坂に、絢爛華麗な難攻不落の城を築城したのです。

主君だった信長の安土城を模範としまして、それより優れることを目指して築城した城なのです。

大天守というのは外観5層となっていて、鯱瓦や軒丸瓦等の黄金を豊富に使って、奥御殿の内部も金銀の装飾にみなぎっていたとの事です。

秀吉は、この城に多数の来客を呼んで、自身にて案内して回ったという事ですので、究極の城だったに違いありません。

また、この超豪華な大坂城というのは、天下に対する睨みを利かせ、見るものを圧倒するという、豊臣政権の威力を他の大名にみせつけるといった役割も果していたのです。

ですが、大阪城ができ上がったのは、秀吉の亡くなられた翌年でありました。

完成した大阪城を目にする事はが叶わなかった秀吉は・・・。

更には秀吉の愛した大坂城というのは豊臣氏滅亡のステージともなっております。

徳川氏によって破壊されていたもので、現段階で、私たちの目にする大阪城は秀吉の築城した大坂城ではありません。
 

え?ホント?!豊臣秀吉に関しての都市伝説!

 
天下人だった秀吉にはいろんな伝説が存在するのです。

意外にも?驚愕な逸話を紹介します。
 

「豊臣秀吉」の指が6本あった!

 
びっくりすることに、秀吉の右手には親指が2本あった!?と言われているのです。

右手の指は6本だったといった記録があるとされているのです。

今で言うと「多指症」だと思います。

なにより前田利家の「国祖遺言」だと、「太閤様の右の手には、親指がひとつ多く6本あった。」ということが書かれているのです。

他には、イエズス会の宣教師としまして日本に来て、キリスト教の布教として努めたポルトガル人、ルイス・フロイスが記した「日本史」においても、「片手には6本の指があった。」とはっきり記されていました。

余談ですがこの「日本史」は、秀吉に関してその他「身長が低く、醜悪な容貌の持ち主で、性格は最悪に尽きる」という事も記されていました。

ですが、フロイスと秀吉の関係性は悪かったとのことですから、この指が6本ということが嘘偽りのない事であるのか、誹謗中傷を意識したものであるのか定かではないです。
 

皆殺しも辞さない!落書き事件

 
たかだか、落書きさえも、秀吉の手にかかるとなれば、皆殺し事件をもたらしてしまうのです。

ある日、秀吉の家の門に、秀吉の悪口の記された落書きが発見されたのです。

これを知った秀吉は大激怒しました!

犯人を殺すのだろうかと思っていると、一番初めはその門の警備を担当していました17名の耳を切取り、鼻を削ぐというようなおぞましい方法で処刑。

それから、犯人が見つけられましたが、犯人は当然の事、匿っていた人達もひとつにまとめて処刑。

それでも気が済まない秀吉。

匿っていた家をぶち壊し、町ごと焼き払い、更に、落書きに関係ない町の住人60名以上も処刑にしたということです!
 

将棋の「王」を作った?!

 
将棋の駒となる「王」を生み出したのは秀吉だと言われています。

本来は将棋というのは古代インドの遊びより発展し、中国より日本に伝えられたものなのですが、「玉」と書かれてあった駒を、「玉」とするより「王」の方が、一番偉い駒とし理に適っている、と変化させたということなのです。

また、「王」というのは二人もいらないということから、「王」と「玉」に至ったとの事。

今、人気の高い将棋の駒にまで、秀吉が関わりを持っていたなんて驚きますよね!
 
 
政治家としての能力の高い一面や、残虐さをうかがわせる事件、え?本当なの?と感じる逸話なんかも伝えました。

天下人に至った秀吉の国づくり、このようにして今の日本に続いていくという事なんですね。