クレジットカードの注意点とは!?

クレジットカードでやってはいけないイメージ

現代では、WEBサイトショッピングとかインターネットゲーム等を、「クレジットカード」を用いて決済する人が増加傾向にあります。

もはや、「1人で1枚~2枚」くらいはもちろんのこと、多い人だったら、「5枚以上」クレジットカードを持っている人も珍しくないとの事です。

ただし、クレジットカードの事をあまり認識していない状態で使われているというような人もかなりいるようです。

そうならないように、本日は、クレジットカードを持ったら、どんなことがあってもやってはいけない事をピックアップしてみることにしました。

もうすでに、そんな事知ってるよ!と思う方もおられるかもしれませんが・・。

そんな方は復習の為にも是非是非、確認してみて下さい。
 

クレジットカードの注意点①『裏面に署名をしないで持参している。』

 
クレジットカードの裏面においてご自身の名前を署名する欄があると思います。

その署名する欄にご自身の名前を署名しないで、そのクレジットカードを持参しているというような人が全体の30%~40%存在するようです。

また現在でも署名欄が空欄の状態でクレジットカードを持ち歩いている人も4~5%存在しているといわれています。

どうってことないと勘違いされがちだと思いますが、実際のところ想像以上に危険な行為になります。

なぜかというと、裏面において、ご自身の名前の署名が無い状態でクレジットカードを紛失した場合、「盗難保険の対象外」となってしまうからなのです。

詳細を言うと、クレジットカードの裏面に署名をした状態で持ち歩いていた場合だと、紛失してたとしても、「盗難保険」によってその損失を補償してもらえるのです。

(盗難保険を適用させるには諸条件が存在しますので、詳細については使用しているクレジットカード会社に問合せ下さい)。

ところが、裏面に署名が無い状態でクレジットカードを紛失してしまった時に、悪意のある第三者に不正使用が行われ、決済されてしまったとしたら、残念ですがその損失というのはあなた自身の責任となってしまいます。

総額が少なかったら、大して損害はないですけど、10万円、100万円ほど、使われてしまったとしたら、パニックになってしまいます。

裏面に自分自身で名前を証明しているだけで保険が適用されるというわけですから、クレジットカードが届いたら、ただちに裏面の名前を書くところに署名をするようにしてくださるようお願いします。
 

クレジットカードの注意点②『第三者に使わせる!』

 
あなた自身のクレジットカードを第三者に使わせる、このような怖い事をするはずがないと思う人がほとんどではないかと思います。

ですが現実的には、夫婦でショッピングをしている時に、夫婦の間で『このクレジットカードで支払いしておいて』と言った感じで「クレジットカード」を夫から妻に渡したことはないでしょうか。

その上、サインも夫に代わって妻に代筆させる、といったような・・。

思い当たりがある人いたりしないでしょうか?

これも危ない行為となります。

この行為もクレジットカードの裏面にサインをしていないパターンと同じで、盗難保険の対象外となってしまうのです。

もしも、あなた自身が貸したクレジットカードを紛失されてしまったといった場合、その損失については補償されなくなってしまいます。

これに加えて、代筆までも誰かにさせていた場合、その購入そのものに問題が生じることもあり得ます。

クレジットカードを利用して商品を買ったら、ショッピング保険(購入した商品が壊れた時等に補償してもらえる。)というのが適用されることもあり得ますが、自分自身ではない第三者が買った場合にはこのショッピング保険も適用外となる可能性があり得ます。

家族だとしてもクレジットカードを貸し借りしないで、自分自身のクレジットカードを家族に使わせる時には、しっかりと「家族カードとして、作成したクレジットカード」を使用するようにして下さい。
 

クレジットカードの注意点③『現金化を利用する!』

 
きっと、あなたも『クレジットカード現金化』というような広告をご覧になったことはあるのではないかと思います。

クレジットカードのキャッシング枠とは違い、ショッピング枠を利用して、お金を確保する事ができるサービスのことになります。

この『クレジットカード現金化』について、違法か違法ではないか?と言えば、法律的に逃げ道が存在するので、一括りに、違法と言い切るわけにはいきません。

ですがクレジットカード会社の利用規約からすれば、違反する行為だということは間違いありません。

『クレジットカード現金化』使うと一括弁済(利用残高を一括で払えと言われる)が請求されたり、自己破産を行なう時に現金化で作った借金というのは帳消しにはできないこととなる可能性があります。

さらには、使用するだけで10%以上という手数料が掛かるという事は、1年間の金利としまして考えると少なくても3650%以上という利息が生じているのと同じになります。

消費者金融で1年借り入れた状態でも、20%のみしか金利が付与されないのですから、どちらの方が、より賢いお金の入手の方法なのかは、ご認識、頂けるかと存じます。

安易にお金が獲得できると思わずに、いかなる理由があろうとも「クレジットカード現金化」は利用しないようにするといいでしょう。
 

クレジットカードの注意点④『利用代金の支払いが遅れてしまう。』

 
クレジットカードの支払いが少しくらいなら遅れたとしても、催促の電話が掛かってくる程度なので、構わない、と思う人はおられないでしょうか?

クレジットカードの支払いについては、電気代やガス・水道代程度の公共料金の支払いなどでは断じてありません。

いかなる理由があろうとも遅れないようにするといいでしょう。

どうしてかと言うと、クレジットカードや消費者金融の利用歴に関しては、「個人信用情報」といった名前で記録・管理されているのです。

専門的な情報センターがありまして、あなた自身の返済履歴等が、そこのところにしっかりと記録されているというわけです。

そんな訳で、毎月返済日が遅くなってしまっている人に関しては、「お金を貸してもちゃんと返して貰えない信用できない人」としまして記録されてしまう事となります。

これまでに返済遅れという事を引き起こしている人については、新規でクレジットカードを作ろうとしても、審査が通らなくてクレジットカードが作れなくなっています。

先々、車の購入や家を買う予定を持つ人は、ローン等のクレジット購入については、まず確実にすることは出来ないと言えます。

クレジットカードの返済がちょっと遅れ続けただけにおいて、これ程までに将来のビジョンというのが、狂ってしまうことになるのです。

クレジットカードを持つならば、返済に関しては、何があっても遅れないようにご注意ください。

これに関連して、返済遅れの情報については、「最短で約3年」、「最長で7年間」のみしか記録されません。

ということから、心を入れ替えれば、信用を取り戻すことができます。
 

クレジットカードの注意点⑤『仕組みが理解していないのにリボ払いを使用する!』

 
リボ払いの仕組みをはっきりと理解していない状態で使用する人がいるのではないでしょうか。

確かに、リボ払いを使用すると、家計が厳しい時には有効です。

しかしながら、無計画に使用すると、将来に待っている事は返済地獄となります。

最悪、最後には、自己破産をしてしまうかもしれません。

そうは言っても、どうしても、というような月、等がある場合があります。

そのような時は内容をよく理解して、賢明に使用するようにしましょう。
 

 
リボ払いとは・・・?
 
リボ払いというのは、「リボルビング払い」を省略したもので、月々、決まった金額を返済するといった支払い方法の事です。

買い物利用金額に関係なしに、毎月の支払額が変化しないというのが大きな特徴となります。シンプルに「リボ」と言われる事もあります。

リボ払いにしたら、どれだけたくさんクレジットカードを使用しても、返済額については「一定額」で変わらないので、毎月無理のない返済ができます。

それほどお金に余裕のない人、またはやりくりが下手くそな人においては、すごく便利な支払い手段となるでしょう。

それとは逆に、月々一定金額のみしか返済しないということなので、使用すればするほど「未払い残高」が膨れ上がってしまい、いつになっても支払いが終わらない…という事が引き起こされることになります。

なおかつ、返済については金利手数料も計上されるので、状況次第では借金地獄が生じてしまう可能性も存在します。

ちょくちょく、「リボ払い」が悪者と同様に言われるというのは、この点が理由となります。
 

クレジットカードのイメージ
【リボ払いは怖い】クレジットカードのリボ払いで借金地獄!?それでは、クレジットカードを利用するといった場合、あなたは「リボ払い」とした経験はありますでしょうか?このような「リボ払い(明確に言うと、リボルビング払い)」というものに関しては、本当のことを言うと「クレジットカードの支払い方法」としては、思っている以上に問題が生じます。...

クレジットカードの注意点とは!?:まとめ

 
クレジットカードを持つにあたり、今一度、確認しなおして、おくようにしてください。

クレジットカードが届いたらすぐに、裏面に自筆によって、あなた自身の名前を署名をします。

あなた自身の名前を署名する事を忘れると、もしも、クレジットカードを失くしてしまった時や、購入したものが壊れた時等に保険が適用されません。

同様の理由であなた自身のクレジットカードを家族を含め第三者に貸してはいけません。

更には、デメリットの方が大きいクレジットカードの現金化はやめましょう。

違法ではないですが、クレジットカード会社の利用規約として違反となります。

加えて、クレジットカード会社が注意喚起している所も見受けられます。

規約違反、というような事は絶対に、止めておきましょう。

そしてクレジットカードの支払い日迄に絶対にお金を用意した方がいいでしょう。

支払日が遅れてしまうと、先行き、お金を借りることができなくなってしまいます。

最後に「クレジットカード」の注意点として、「リボ払い」については十分に慎重になる事を心掛けましょう。

クレジットカードというのは、現金がない時でも、ショッピングが出来ることもあって、利便性が高いのですが、その特有性を十分に理解して使用することが必要不可欠です。