マルチバース(多元宇宙論)の存在!

並行宇宙のイメージ

私どもが生活しているこの世界において、宇宙というのは1つしか存在しないのでしょうか?

SF映画においては当然ですが、科学的事実までもが私達の世界というのは、別の宇宙が存在している事が示唆されているのです。

その別の宇宙では、あなたの行なった選択、全てとして対応する、別の現実が「存在」していると考えられています。

このテーマは「並行宇宙」とし、知られており、この並行宇宙の集団がマルチバース理論を創造しているのです。

この発想力は天文学界だけに限らず、漫画本とかテレビゲーム、TVシリーズもしくは映画にまで普及していて、みなさんご存知の「スター・トレックからデジモン」というような、色んな作品で扱われ、一般大衆層においても、広く世に知られるようになりました。

本日は、そういった夢の詰まった「マルチバースに関した5つの理論」をご紹介させて頂きます。
 

マルチバース理論(多元宇宙論)とは?

 
137億年前、私達の宇宙として、存在する全てについては「極小の特異点」となっていました。

ビッグバン理論では、それから何かしらのきっかけとして、3次元の宇宙へと拡がり、膨張したと考えられていますが、それらのきっかけというのが何であるのかという事がいまだに分かっていません。

この一番最初の膨張として、活用された大規模なエネルギーが冷たくなる程、光が輝きはじめるというわけです。

しばらくすると、最後に小さな粒子が形作られ始めて、私達が現時点で眺めている銀河や恒星、惑星等の大きな物質になったわけです。

このタイミングで1つの疑問というのが出てきます。

「そこから誕生した宇宙は1つだけなんだろうか?」

今日の時点での技術においては、私達の宇宙の内部だけしか観察が出来ません。

なぜかというと、宇宙は湾曲しているため、私達はその金魚鉢の内側から、外を見ることが不可能だからです。

しかし、マルチバースがどうしてできるのかを説明する理論というのは最少でも5つあります。
 

マルチバース(多元宇宙論)の理論1.無限の宇宙

 
時空というのが、いったい、どのような形をしているのだろうか、現実的には、はっきりとしていません。

皆が知る一説においては、時空というのは、平らで、そして無限に広がり続けていると言われています。

ですが無限だという事は、そこにはたくさんの宇宙がかなりの確率で存在しているということなのです。

ですがそれを突き詰めるとなると、宇宙がそれ自体「繰り返し」、「やり直す」事ができることではないでしょうか。

何故かと言うと、粒子の組み合わせは「有限」となっていて、ある時点で反復し始めざるを得ないためです。
 

マルチバース(多元宇宙論)の理論2.泡宇宙

 
無限宇宙のみならず、タフル大学の宇宙学者アレキサンダー・ビレンケンにより、発表された「永遠のインフレーション」という理論というのは、そのようなものとはまた別の宇宙が生み出されると、考えられる事を示されています。

この理論によると、宇宙全体を見たら、膨張というのが、止まっているといったような箇所もあったり、膨張し続けている箇所もあることから、とんでもない数の孤立している「泡宇宙」が存在していることになります。

この説ですが面白い点は、宇宙同士というのが、繋がっていないということなので、他の宇宙が私達の宇宙とは違った物理法則を持ち得るということなのです。
 

マルチバース(多元宇宙論)の理論3.多元宇宙

 
その次は、貴重な「並行宇宙」といったテーマについてになります。

時空が平らだという見識にもどると、マルチバースにおいての可能な粒子の配置の数というのは、「10の10乗の122乗」の可能性に限られるといわれています。

従って、宇宙のパッチの無限の数をもちましてしたなら、それらの内に存在する「粒子の配置」については繰り返さなくてはならないのです。

しかも無限に何度もです。

これは、無限に多くの「多元宇宙」が存在するという事を指し示しています。

複数の宇宙パッチは、まさしく、私達の宇宙と一緒で、1つの粒子のみ違うパッチや、2つだけ違うパッチそれから、私達の宇宙とは正反対にあるパッチさえも同時並行的に存在するという事です。

有名な話ですが、物理学者スティーブン・ホーキング博士がこの世を去る前の最後の論文でもまた「マルチバース」に関係するものになりました。

その理論に関しまして、「私たちは単一で唯一の宇宙に至るまで縮小したわけではありません。私達の研究結果とは、多元的宇宙の著しい縮小、言ってみれば、存在するかもしれない宇宙の数は、はるかに小規模であることを指し示しています。」

ワシントンポストに載っているインタビューでこの様に答えていらっしゃいました。
 

マルチバース(多元宇宙論)の理論4.娘宇宙

 
ミクロ世界を扱う「量子力学」であれば、上述に記されたのとは、また他の方法によって、複数の宇宙を生じさせ得るという事を指し示しているのです。

量子力学だと、有意義な結果というよりも「可能性・確率」という見解から世界が記されています。

そうして、確率論に追随するならば、起こることのできる、ありとあらゆる結果というのは、それぞれの別の宇宙においても、起こり得るというわけです。

ある宇宙において、あなたは中国で働いているのですが、他の宇宙だったら、きっとあなたは道の途中であったり、どっか違う場所に飛行機に乗って、到着する瞬間であったり、ちょうど、そこに宿泊する事を決めたり等、全く異なる宇宙に枝分かれするというわけです。
 

マルチバース(多元宇宙論)の理論5.数学的宇宙

 
数学というのは、ただ単に「宇宙を記述するために最適のツール」となっているのだろうか、あるいは「数学自体が本質的な現実」なのだろうかという点につきましては、長い期間、議論されています。

例えば、後者というのが真実であれば、私達は、宇宙が秘める、数学的な特性を不充分に把握していると言えます。

そのような場合、私達の宇宙の元となっている定められた数学的構造というのは、多分、オリジナルなオプションではなくなって、実際のところ、あらゆる可能な数学的構造が、それぞれ独自の宇宙とし、存在しているかもしれないのです。

「数学的宇宙というのは、人間の固定観念から完全に独立した方法で記述できる何かです。」という、この理論の提供者だという「MITのマックス・テグマーク氏」は語っています。

「私はこの宇宙を生み出した、それ自身は私とは独立して存在でき、もし人間がいなくても存在し続けられるものがあると信じています。」
 

多元宇宙に反対する議論

 
多元宇宙の証拠もしくは理論を解説してきたわけですが、当然、誰もが多元宇宙理論に賛同しているということではありません。

2015年、天文物理学者のイーサン・シーゲル氏は、時空は理論的に無限に広がる事に賛同したものの、いくつかの限界があるというようにも述べておられます。

鍵と考えられる問題というのは、この宇宙がたかだか140億歳以下であるという点となります。

私達の宇宙の年齢自体は、無限では無く、有限だということです。

その他の宇宙が無い事を限界と見る代わりに、シーゲル氏については以下のような哲学をもっているのです。

それは唯一だという事を祝う事がどんなに重要だろうということなんです。

彼は後悔が残ら無いように、あなたの役立つといわれるような選択をするようにアドバイスします。

あなたの夢自体が叶うといったような選択をした他の現実など無いからです。

あなたは、そうした選択を引き起こすことが出来る「唯一の人間」なんですから。