人工知能によって奪われる仕事!

「AI」のイメージ

コンピューターの技術の革新によって、皆さんの身の回りにおいて、どんどん機械化が進行し、効率的になっています。

ですが、人工知能(AI)の進歩が皆さんにもたらすことは「便利」な未来だけじゃありません。

2015年において、「10~20年以降に、日本国内の労働人口の49%がAIあるいはロボットで代替えができる」とされる、試算が発表されたのです。
 

人工知能(AI)やロボットが我々の職業を奪う可能性

 
これからは、どんどん、人工知能(AI)のレベルが上がり、「ロボット」等に融合させて、人間並みに、やがて人間以上に進化をして、人間の代りをするのではないかと言われています。

人工知能(AI)動くロボットは人間と違って、疲労というものを感じません。

なので、人工知能で動くロボット「人間並み」やがては「人間以上」になれば、365日、24時間、働き続ける事が可能となります。

そうなった時、会社は人間を雇うより、間違いなく、人工知能で動くロボットを導入していく事になるでしょう。

人間の職業というものがこれから、未来において消滅していくと想定されているのですが、それは具体的にどんな職業なのかを詳細に紹介していくことにします。
 

人工知能によって、人間による「工場作業員」の職業が消える。

 
作業が仕事については、ロボットの得意技ということから、自動制御化するのが簡単な職業だと考えられていて、もはや、世界においては、工程の一つをロボットが務めている工場もかなりあります。

人間とは違って、ロボットは有給休暇であるとか健康保険についても必要とされることがなくて、シフトを組みたてる必要すらないので、シフトされていくというのは必然と言えるのかも知れません。

そのような作業がロボットにセッティングされると、人間においては、ロボットのプログラミングまたはメンテナンスというような、仕事が増えると予想されています。
 

人工知能によって、人間による「郵便配達員」の職業が消える。

 
2015年、他の企業に率先してAmazonがドローンを使用しての、超光速配達サービス「Amazon Prime Air」のコンセプト動画を公表しました。

2017年6月には、Googleのドローン配達計画「Project Wing」が発表が実施されて、1~3年以内のサービス開始を目指すとされる目標も掲げられたのです。

この2つの国際的企業により、配達業務がドローン配達へと切り替わる動きは、確実なものとみられているのです。

10年後の配達業はいったいどんなものになっているのでしょうか!
 

人工知能によって、人間による「秘書」の職業が消える。

 
それなりの性能のAIを搭載された電子秘書サービスというのは、もうすでに、市場にでているのですが、秘書との「コミュニケーション」がなくなっちゃうというのは、味気ないと、電子秘書に異議を唱える人もかなりいるといわれているようです。

ですがAIの性能が更にレベルアップし、音色を使い分けをしたり、ジョークを言う等の、人間と遜色のないコミュニケーションというのが現実化すれば、秘書業務もAIに取って代わられるのではないかと言われています!
 

人工知能によって、人間による「外科医」の職業が消える。

 
0.01mm単位の繊細な動きが優れたロボットというような、進化した人工知能の二つが組み合わさる事で、外科医に代わり、手術を執刀することも夢ではないのかも知れません。

現実的に、2016年に、豚において、ロボット(STAR)による自主的な手術が初めての経験で行われたのです。

何十年後には、患者の症状を見定め、情報を処理して的確な治療を採用するといわれるようなAIも出てくる可能性もあります。
 

人工知能によって、人間による「小売店の従業員」の職業が消える。

 
小売店舗のレジ打ちや、品出しというものを、務める従業員であっても、工場作業員に続いて、早い段階にロボットの台頭が推測される職業となります。

もうすでに、セルフレジはたくさんの国で誕生していて、近頃ではレジさえも要らない決済システムを有する「Amazon Go」というのが、注目されました。

他には、レジだけに限らず、商品の補充なんかも、ロボットが行なう日は、そんなに先ではないと思われます。
 

人工知能によって、人間による「鉄道作業員」の職業が消える。

 
電車とか路線のメンテンナンスというような仕事であっても、AIもしくはロボットの発展によって、消えゆく職業とされるものと言われています。

作業中に電車に轢かれたり、高圧電線に感電されたりというような死亡事故も起こっているので、リスク回避ということが確実という事でもいいかもしれないです。

また、なんといっても人間では入りにくい部分の検査・修理等も、ロボットだったら要領よくできると期待されているのです。
 

人工知能によって、人間による「保険の査定員」の職業が消える。

 
ロボットの台頭は、結局のところ、単純作業の職業にとどまると信じ切っている方もたくさんいるでしょうが、そうとも断定できません。

例えば日本においては最近、富国生命保険がAIを導入して、保険の補償を査定する部署の従業員を約3割削減すると発表しました。

最終的な検証は、今まで通り人間が実施するそうですが、診断書の読み込みであったり保険料算出等は、AIが行う事で大幅な効率化が予想されているとのことです。
 

人工知能によって、人間による「旅行代理店」の職業が消える。

 
このところ10年くらいでインターネットの発展により、私達は、スマートフォン経由で、カンタンに格安の飛行機やツアーをピックアップして予約が出来るようになりました。

こうした検索システムの飛躍によって、いまでは旅行代理店は、コンピューターに取って代わりつつあるのです。

更には、旅行代理店だけじゃなく、空港を踏まえてのセルフチェックイン等、航空会社にまで機械化の流れは集まっていると言えます。
 

人工知能によって、人間による「運転手」の職業が消える。

 
トラックまたはバス、タクシー等、運転手はずいぶん従事者が多い職業ですが、運転ミスだったり居眠り運転等によっての事故の危険度を減少するには、AIの自動運転に向けての移行は回避できません。

UberやGoogleはいまでは、カリフォルニアの道路で自動運転車の走行実験を開始していて、依然、事故といった予想外のミスが存在していますが、本格的に切り替わる日はそう遠くはないのではないでしょうか。
 

人口知能によって、人間による「農作業員」の職業が消える。

 
過去には、数多い労働者が必要だった農作業については、多種多様な農業機械の誕生によって、少人数でも行える仕事になったわけです。

そのうえで、その流れは、将来以前にも増して加速するとみられております。

人間が運転していた収穫機械であっても、自動運転機能を持つようになったら、もう人間は不要です。

農業が経済状態を支えている発展途上国であれば、経済が停滞してくる不安もあるとして懸念されているのです。