太陽がなくなったらどうなるのか!?

太陽のイメージ

「太陽」というのはなくてはならない言われていますが、具体的にどういうところに「存在価値」があるのでしょうか?

もし「太陽」の表面温度んは6000℃と言われていますが、近づくことは不可能です。

地球から太陽までの距離は「149,600,000 km」とされています!

長期間にわたり、燃え続けていう言われている「太陽」ですが、「太陽」の正体とはどんなものなのか?

本日は、「地球」にどのような影響を与えているのかを「太陽がもしなくなったら」地球はどのような影響が「想定」されるのかを色々な角度から「太陽」について紹介をしたいと思います。

「太陽」に水をかけたらどうなるのでしょう!

 
太陽の半径とは「およそ70万キロメートル」もあって、「地球の約109倍」の大きさになり得ますが、仮定の話ですが、途方もなく大きいバケツが存在していたとして、「太陽」に水をかけたらどのようになるのでしょうか。

もしかして、「太陽」は燃えなくなり消滅してしまうのでしょうか?

一般的に言うと、燃えているものに水をかけると、火は消失してしまいますけれど、宇宙に関して、このような常識は通用することはありません。

宇宙においては大気が存在しないことから、水をかけても太陽の核融合反応を回避することは不可能です。

実際どんだけ莫大な水だとしても、消失させることが不可能なのです。

本来、地球上でものが燃える理由は、可燃物が酸素と活発に反応していることが原因で、「酸素を阻止する」「冷やす」かすることで、火を消し去ることが出来ます。

一方で、太陽が熱と光を産みだすエネルギー源とされているのは、水素原子の熱核融合になります。

水を分解すると、「水素」「酸素」として2つに分かれます。

太陽と同じくらい質量が伴う水をかけたところで、水素が加えられるだけとなります。

太陽の燃料とされているのは水素原子なので、太陽はより一層活発化してしまうでしょう。

それでは、太陽に酸素が掛かるとどういった変化が起こるのでしょうか。

太陽の中においては、水素原子同士が核融合をしているのと同時に、CNOサイクルと言われる反応が生じております。

CNOと言うのは、炭素(C)と窒素(N)と酸素(O)の事です。

太陽が生み出すエネルギーの1.6%程度が、このCNOサイクルより生み出されていると言われています。

すなわち、酸素を掛けることで、CNOサイクルが活発化され、太陽の活動も活動すると考えられます。

これに伴って、太陽に水をかけても「太陽を消す」ということは不可能です。

もっと言うなら、太陽の活動をグレードアップしてしまうことが想定されてしまいます。

しかしながら、たった一つ水で太陽の働きを弱められるのじゃないかという方法があるようです。

その方法とは「太陽の水をとんでもない速さで太陽にぶつける」というものになります。

太陽は、原則的には水素を主とするガスの集まりでできています。

ここのところに、なにかしらの方法によって莫大な水を、光と同じぐらいの速度でぶつけることが可能ならば、「丸い太陽が完全二つに割れるかも」と言われています。

ウォータージェットの超高性能バージョンの水が多量にあったならば、太陽の活動を中断させる事も理論上は無理ではないと考えられています。
 

太陽がなくなってしまったらどうなるのでしょうか?

 
太陽光線が地球に到着する所要時間は、「約8分(8分19秒)」となります。

それに伴って、太陽がなくなっても「約8分間」は何事も無かったかのごとく生活することができます!

けれども、8分が経過すると、突如として停電してしまったかのごとく暗闇のようになってしまいます。

日光浴していて背中の日焼けをやっていたら、突然に闇のように暗く包まれ、日焼けが中途半端で完結してしまう事になります。

しかも、太陽がなくなると月が反射が行われなくなってしまいますので、月も見えなくなってしまいます。

空を見上げると、その空にはたくさんの星が存在するだけとなります。

ですが、その星さえもどんどん見えなくなって、最後の一つの反射光も消え去ってしまうことになります。

距離のある恒星のみが地球に光をもたらしますが、周囲が見渡せる物となることが出来るでしょうか。

1時間もした途端、殆どの人が太陽が存在しない状況に気付き、世界中がパニックを起こします。

その上、太陽には気分を高めてくれる効能がありますが、太陽が存在しない事によって、より壮絶な気分になるのではないでしょうか。

光合成も働かなくなって、植物は酸素を作ることが出来なくなります。

しかしながら、人や昆虫、動物が呼吸に使う酸素は、約1,000年分存在しているそうですのでその点については心配ありません。

それから、熱源を失った地球の気温は物凄い勢いで下がってしまい、最初の週に0℃まで下がってしまいます。

地球には燃料が備わっているため、数ヵ月は太陽がなくても生活していけそうですかれでも、太陽がなくなって1年で極めて寒くなってしまい、生きることを考えれば、地面の下深くに行くことが必要となります。

地球は「時速10万7000キロ~10万8000キロ」くらいで自転していますが、太陽がなくなる事で引力が消え去って、地球は宇宙へとすっ飛んで行ってしまうでしょう。

しかも、速度は保ち続けたままにそうなれば、他の惑星と激突してしまうこともありえますが、どこにも激突しないでいたなら地球は果してどんなところに行ってしまうのでしょうか。

43000年後には、最寄にある恒星である「アルファケンタウリ」にいたりするのでしょうか?それとも進行中に「ブラックホール」に飲み込まれてしまう危険もあります。
 

太陽に現実的に行ってみたら・・・

太陽というのは桁外れに素晴らしい存在であるということが理解できました!

そのような太陽へじかにお礼を言うために、太陽へ行こうと思ったらどのようになるのでしょうか。

太陽の表面温度は6000度もありますので、いかなる暑さか予想もつきませんが、「タングステン」であっても溶けちゃう温度だと言えます。

太陽に近づこうとすれば、瞬間的に0の存在にされてしまうでしょう。

それでは、どの程度まで生きながらえて近寄れことができるのでしょうか?

「Popular Science」さんの検証において、太陽の表面温度で一番低い所が5504℃になりますが、その熱も宇宙の真空に触れる事で、グングンと冷めてしまうとのことです。

現在の宇宙服の技術において、宇宙飛行士を熱から守れる上限が、「大よそ120℃」ですので「120℃」に至るまでの距離であるのなら近づけると思われます。

「120℃」に到達する距離が、483万㎞(300万マイル)の地点になります。

NASAのラルフさんも「300万マイル(483万㎞)を上回ると、時間の問題だ」と述べていて、この地点までが限度と考えられます。

ですが、スペースシャトルに乗っているとすれば、あと少し近づく事ができます。

断熱材で、「2593℃」においてさえ耐えられますので、「209万㎞(130万マイル)」の地点に及ぶまで行くことができます。
 
これよりもっと近づいたら、危険を伴います。
丸焦げがもたらされる前に引き返す方が適切だと思います!

太陽のイメージ
太陽はなぜ燃える事が継続できるのでしょうか?外の世界は晴れた空、白い雲、空を見上げれば光を放つ太陽・・。みなさんにおいても珍しくない景色ではないでしょうか。しかし、何気なく疑問に感じたことはないでしょうか?酸素存在しないと火は燃える事ができません。...
太陽
太陽の温度は26度~27度以下と判明。私達の日々の暮らしに大きな影響を与えております「太陽」。 そう言う太陽ですが、「太陽」の表面温度はどれ程か知っておられるでしょうか...