死期が近い人の特徴!

死期が近い人の特徴のイメージ

あなた自身が親しい人との死に遭遇した経験はありますでしょうか。

現世に誕生してありとあらゆる命は「死」とされる存在から逃れる事は不可能ではないでしょうか!

犬や猫は死の直前ともなると、姿を消してどんな人の目においても触れない所で死を迎え入れるのだと言われています。

ハムスター等の小さな生き物なら自身が衰えているという事を察知されないように力の限り元気よく振る舞ったりと潜在意識で行なう行動が備わっていると言われています。

人間も更に、ご自身の死を悟るというような本能が備わっているのではないでしょうか?

それから、死期が近い人に関しましては不可解な行動や前兆だったりが見られると言われています!

本日は「死期が近い人の特徴」をご紹介させていただこうと思います!

死期が近い人の特徴:不可思議な手鏡

 
死期が近い人が感じ取れてしまう特徴的な不可思議な行為の一つに手の甲を例えるならば手に持つ鏡を見るかのごとく眺める行為ではないでしょうか。

それらの行為が周囲の人にしてみればすごく不可思議にみえるので、この行為で死期が近いと言われる事例が多く、体験的によく知られていると言います。
 

死期が近い人の特徴:黒い片影が見える

 
更にもう1つ、死期が近い人を感じとれてしまう、特徴的な話しですが、一般の人から死期が近い人を見かけた時に、死期が近い人に黒い片影が接近するというのが見えるというものになります。

少々オカルト的ではありますが黒い片影と言われているのは、「人影」であったり「黒い塊」であるとか、病室に黒い服を身にまとった人の片影が入室するのが見えたり、とにもかくにも悪い予感が生じる黒い色の得体の知れないものが死期の近い人の身の回りに見える事が特徴ということなのです。
 

死期が近い人の特徴:顔色が白い

 
もとから色白の人の白などでは断じてありません。

そして病になった時にほんのちょっと青白く変化するといったような白でもないと言われています。

あたかも、ろうそくというような透明感が漂う白い顔色が生じる傾向が強いと言われているようです。

透明度が高いという点が死期が近いかどうであるのかの見極めを誤らない重要な点になります。

死期が近い人が白い顔色になってくるのは長期にわたり病気の人だけに限らず、事故とかで突然死期が近づいた人でも反映される予兆であるそうです。

人が秘めている潜在意識で自分自身の死を受け入れることも考えられますが何はともあれ不可解な現象と言えますね。

それから極め付けが、「自動ドア」において「作動しなくなる」という話も存在します!
 

死期が近い人の特徴:部屋の片づけ

 
死期が近い人が行なう行動の特徴としまして最も常々言われることが「部屋の片づけ」になります。

これについては死期が近い人が、言わば最初からそれについて分かっていたように、常日頃の掃除レベルとは全然違う部屋の片づけをしているというものです。

更には死期が近い人が普段だと行わないといったことをして周囲を驚かせるということもとても特徴的でよく言われたりします。

もし、いつもなら写真嫌いな人にも関わらず、いきなり「全員で記念写真を撮ろう」と言い出したり通常であれば人に物を貸して貰ってもすぐには返さない人が、突如としてトータル一切合切、返してくれたとされるような時、インパクトのある行動となります。
 

死期が近い人の特徴:窓を開けている

 
死期が近い人は、どういう理由なのか窓を開けてほしいって要求してくるようです。

窓の外の方にスピリチュアルといえるなにかがみえているとも考えられますし息苦しいと感じている場合もあります。

現実に窓の外側に子供がいるというような人もしくはバッグを抱えた人が突っ立っているという人もいると言われています。

死期が近い人だけにしか見ることが出来ないなにかが窓の外側にいるのか知れないです。
 

死期が近い人の特徴:意味不明のことを言う

 
死期が近づくにつれお年寄りが意味不明なことを言うようになったと口にするご家族が数多くいると言われています。

具体的に言うと、亡くなられたおじいちゃんが現れた等何一つ分からない家族はボケてしまわれたと考えるみたいですが死期が近づいたお年寄りは幽体離脱が行ないやすくなって多数の霊を感じ取ることに繋がるというわけです。
 

死期が近い人の特徴:性格が変わってしまう

 
死期が近い人の特徴としまして、性格が変わってしまうことだって頻繁に言われる話しです。

短気だった人が「死期の直前」に顔を合わせた時は温厚になっていたと言われるのもよく聞く話しになります。

反対に、常日頃、心静かであった人が「死期の直前」に顔を合わせた時に「批判ばかり」を口にしていたなんていうこともあったりします。

なんのために、死期が近い人は性格が変わってしまうのかどのような感情からなのかは正直な部分は当人の他にはわからないですが直感的に自分自身は死期が近いというのを察しているのか知れないです。
 

死期が近い人の特徴:体からの臭い

 
死期の近い人の前兆の特徴においては体からの臭いの特徴もあるようです。

臭いと言いましても体臭と言うよりは「雰囲気臭」みたいな臭いだというそうでかぐ個人によって臭いの捉え方が異なることも特徴的です。

ある人はさびた「鉄パイプの臭い」と言ったり、「ニンニクみたいな臭い」と言う人もおられるそうです。

唯一言えることは、なんのためにこのあたりからこの様な臭いが生じるのだろうという臭いがしてきたら、ひょっとしてすぐそこにいる人は死期が近い人であるのかもしれないです。

病で死期が近い人の予兆に関しては内臓が弱っている事が原因で発生する臭いかも知れないというような説も存在するそうです。
 

死期が近い人の特徴:カラスが集まる

 
かねてからスピリチュアルみたいに言われてる話ですが、死期が近づいている人の周辺にはカラスが集まると考えられています。

カラスとは不吉なものの象徴と考えられていますが、そのようなスピリチュアルみたいな話と同時にカラスは本能的に死期が近い生き物が認識できるとも言われているそうです。
 

死期が近い人の顔に浮き出る死相の特徴:影がさす

 
顔の中には普通凸凹があって凹の部位には影ができるはずです。

ですが、影ができることがあり得ないはずの凸のおでこや鼻アゴの先や頬の一番出ている部位等に影がさす事があります。

この場合、影の色が青っぽい黒ならわずかな猶予が存在すると言いますが真っ黒だとしたならば相当死期が近く、確率が高いと言われています。
 

死期が近い人の顔に浮き出る死相の特徴:ひたいに縦線が生じる

 
毛髪の生え際より眉間にかけて縦線が生じる死相が存在しているそうです。

ひたいに横線はよく目にしますが縦はあまり目にしたことがないのではないでしょうか。

これについては、アゴを地、ひたいが天という「インドのチャクラ」の捉え方でこれについても、影と一緒のようなもので色で区分が存在するそうですが、すごく死が近い事を意味していると言われています。

更には同じく顔に赤い線が浮かんだ場合は大きな事故の危険性であるといい死相に伴って生じるなら注意が必要と言います。
 

死期が近い人の顔に浮き出る死相の特徴:死期が近い人の手相に生じる死相

 
手相をチェックする上での基本の線だという運命線や生命線に先に延びることを妨害する線や×印と考えられるものが生じさえぎられているという様な特徴が存在します。

その後に運命線や生命線が絶たれているのであればに死相が出現していると疑い注意しなければいけません。
 

死期が近い人の顔に浮き出る死相の特徴:健康なのに死期が近い人

 
この世にはきのうまで、すごく元気であったにもかかわらず急遽亡くなられたという時がありますよね。

そのような人の行動の特徴としてはインパクトの強いものが少なくありません。

例を挙げるとよく仲良く遊んでいる大親友と別れる際に「今まで仲良くして貰ってありがとう」といったような今日まで言われた事のないことを言われたりすると「どき」っとしたりします。

何気無く心に残る事を言われたりあるいは行動があった時には、その親友の死期が近づいている予兆であるのかもしれないです。

夫婦においても、日常では言うことはない事や行わない行動をした時など、相手に何かしら予測するものがあるのかも知れません。

仮に、いつもは恥ずかしくて絶対に言うことはないような「輪廻転生してもまた結婚したいね」といったような言葉・・・

今のような言葉を口に出すようならば死期が近づいている事を直感的に感じているのかも知れません。
 

死期が近い人の顔に浮き出る死相の特徴:入院生活中で死期が近い人

 
病気やケガで長期間入院生活の人であるとかも、もうすぐ命の炎が消え去ってしまう事が分かっている人の時であっても、死期が近い人には特徴的な予兆の行いがあるのだそうです。

たとえば認知症で入院生活していた人が突然にきちんとした口調で喋り始めたり、介護や看護やってくれている人を気づかいするといったような言葉を行う事があるそうです。

自発呼吸が、困難な人だったとしても最後はきちんと言葉を交わされたり人に会いたいと希望されたり死期が近い人の特徴になります。

どんな理由でいきなりそのような力が生じるのかはわからないですが、死期が近いと人間の真の実力が発動されると考えてもよさそうですね。