日本が国の借金を返済をしたらどうなるか?

日本国債のイメージ

日本の借金とは1000兆円をオーバーしてるのですが、今の状態でいけば果してどうなっていくのだろうか。さらには、どうしてこれ程まで国の借金が大きくなったのだろうか。

また、借金を返済するとどうなってしまうのか。

さてさて早速、紹介致します!

2018年3月に出された日本政府の連結バランスシートを調べてみると、日本の借金は約1470億兆円です。

それとは逆に資産は約1000兆円なのです。

実際的には500兆円程の借金がある状態なのです。

債務の約825兆円が国債となっており、国は「国債」を発行して、借金をしているのです。

この国債を、誰かに買い取ってもらう事により、国は現金を手に入れています。

それでは国債を買っているのって誰なのでしょうか。

殆どが、国内の金融機関と日本銀行なのです。

金融機関とは、銀行や郵便局、保険会社のことを言い、その銀行や保険会社へお金を預けているというのが私達国民なので、日本政府は私達、日本人に借金をしているとも言えるのです。

お金は、「国民 金融機関(銀行)  国」へと流れているのです。

国が借金を返済したらどうなるの?

政府が借金を返済するなら、税金で返済するか借り換えるかの2つに1つです。

借り換えは、返済を延期しているだけなので、返済している事になりませんので、借金を返済するためには、税金を集めるしか手段がありません。

それでは、国民や企業の保有している国債(資金)を、税金で徴収して返済するとどのようになるのでしょうか?

借金の1000兆円を、国民1人あたりで計算すると、800万円の借金となりますので、「国にこの借金を返済する。国民のみさん、お1人800万円ずつ徴収します。月末迄に用意しておくようにしてください。」このようにすると、国債(資金)は、「国民 金融機関(銀行) 国」へと渡り、借金はなくなってしまいます。

その結果、私達の持っている金融資産としての国債が少なくなるのです。

私達の資産が少なくなることは、抵抗感があるのですが・・・お金が少なくなってしまうことで、買いたい物も買えなくなって消費を抑制する結果となるでしょう。

又、銀行が保有している国債を政府が徴収すると・・・銀行が保有する金融資産である国債が少なくなります。

銀行は利息を生む資産をなくしてしまい利益を得られなくなり、国民もお金を取り上げられるわけですなので、経済が冷え込むことが考えられます。

借金を返済するメリットは何なのでしょうか?

これまでの話を聞くと、国が借金を返済する事のプラス面が分かりません。

ですが、良いことも見受けられます。それは何のかというと、「金利負担」が軽くて済みます。

分かりやすく言うと、1億円の借金があって、1年間の金利が1%とすれば1年毎に100万円の金利負担が伴います。

一括返済する事で、この先の金利負担が消滅します。

1年毎に100万円返済するのと、1億円を1回だけ返済するのでは将来に向けて考えたら同じ負担ではないでしょうか。

1億円支出しても問題ない方もおられますが、日々の生活に支障がでる方が多数なのではないかと思います。

そうなのであれば、1年毎に100万円ずつ支払ったの方が良いですよね。

バランスシートを黒字化するのことを考えれば

国が本腰を据えて、借金を返そうと考えるのなら、消費と比べて収入額が多くなければ返済が出来ません。

バランスシートを黒字化に導くには、税収を増やすか支出を減少させる以外、方法がないのです。

だけど、どちらを選択しても私達にとっては痛みになります。

政府支出を減額するという事は。年金の受給額が減少したり・・医療費の自己負担が増加するという事ですので、痛みになります。

更には、黒字化に繋げる位の税収ともなれば、消費税10%どころでは済みません。

実質的な借金は存在しない?

政府の連結バランスシートの中には、日銀の財務データというのは入っていません。

もしも、日銀についても政府のバランスシートに入れると、約825兆円の国債の内約459兆円は日銀が保有している事から、政府日銀連結を踏まえての国債は約361兆円になって、事実上の政府の借金はほとんど消失します。

という事は、日本の借金は悩まなくても良いと言えるのでしょうか。

日本の国債は円建てで発行されており、国内の金融機関や投資家が引き受けていますので、今の状態でも借金を返せなくなるということはありません。

万一が借金が返せなくても、円建てで借り受けていますので、返済原資が無くなれば円を印刷する事でまかなえます。