太陽の温度は26度~27度以下と判明。

太陽

私達の日々の暮らしに大きな影響を与えております「太陽」。

そう言う太陽ですが、「太陽」の表面温度はどれ程か知っておられるでしょうか?

電気工学博士であり東京工業大学をはじめとする数々の有名大学で教壇に立った関英男(1905~2001)が驚くべき結論を導き出した研究者で「太陽の表面温度は26度~27度で黒点には植物さえ生えている。」と検証の結果、言われています!

「な・なに!?そこまで低温なわけないじゃないか?」

「太陽の表面温度は6000度程度ではないのか!そう言う話を耳にした経験はあるけど・・・・。」

とこの話を聞くと驚く人がいるかもしれませんね。

太陽の表面温度が「26度~27度」で「太陽常温説」と考えられている理由を検証しようと思います。

関 英男(せき ひでお、1905年(明治38年)10月13日 – 2001年(平成13年)12月16日)は日本の電気工学者。

山形県出身。東京工業大学電気工学科卒業。工学博士。東京工業大学・ハワイ大学・電気通信大学・千葉工業大学・東海大学の教授を歴任。電子情報通信学会名誉会員、IEEEフェロー。紫綬褒章、勲三等瑞宝章受章。電波工学の世界的権威として知られる。電気通信における雑音について、情報理論の提唱をすぐに取り入れた研究成果などがある。

一方で1970年代頃から、「科学では解明できない神秘」といったようなものにも傾倒し、晩年は「太陽の表面温度は26度で、黒点には植物が生えている」「陽子が歪むと癌になり、中性子が歪むとエイズになる」などの奇説を唱えた。また、加速学園代表、日本サイ科学会会長・名誉会長など、サイ科学・加速教育などを提唱・推進した。

関氏の見解としては、太陽は熱を放出していないとの事、T線と言われる「放射線」を出しているとの事。

そのT線と言われる「放射線」が地球の大気に接してこそ「光線と熱」に転換されてしまうのである。

そのうえで、この理屈が地球で大気の少ない所程非常に暗く低温に陥る要因との事。

更に、太陽が「炎のかたまり」みたいに見える理由は、太陽の周辺に存在する大気をT線が通り抜けるという事からそのように見えている他ありません。

要するに、もし太陽の周辺に大気がないと地球サイドから見る事すらできないと言うのです。

「太陽表面がもしも6000度なら、水星は火の玉という事になる。そんなことを考えれば、太陽は冷たい天体だ」と言われました。

太陽の温度は26度~27度の可能性が高い!その根拠は。

ホントに26度~27度なのでしょうか?

なんと「太陽の表面温度」が「26度~27度」なことは近代になって判明したことと言われています。

どうして今までこれほどのことが明らかにならなかったというと・・・。

「NASA」がその研究にネガティブだったというのが一つの原因として考えられます。

これに関しては予算や科学研究者のモチベーションなど、そんな事じゃなく「太陽の表面温度は6000度」だという従来の常識が認識されすぎていたためで誰一人として改めて追究しようとは思わなかったためだそうです。

ではどうして、そんな中、改めて「太陽の表面温度」を追究しようと思った要因があったのか・・・。

それは1995年と1998年に最も権威ある科学誌「Science」で出た「しかるべき事実」が発見されたためです。

その内容は、太陽に「水」が存在していた。という事実です。

表面温度、6000度もある周辺に「水」が存在するはずは無く「水」が存在するという事は、「地球と同じ程度の温度」だということになってしまうためです。

太陽の表面温度は低いと表明していた研究者!

川又審一郎氏は成蹊大学で理論物理学を専攻してた研究者で、1977年に「NASA」に留学し宇宙や地球に関して調査をしておられました。

8年間で宇宙に存在する「惑星」「太陽」「水星」の表面温度に関して研究していたと言われ、日本へ帰国後、講演会で太陽の「表面温度は26度~27度位」しかないと発表しました。

更に「水星」は「0~マイナス数百度」という環境で「氷」に「覆われている」、とても「寒い星」であると発表されたのです。

こちらの話を聞いて「太陽フレア」が存在して熱くなるイメージの強い太陽が「表面温度は26度~27度位」でしかない事にその当時の参加者はかなり驚いたとの事です。

それでは彼はどのような方法で「太陽の表面温度」を調査したのでしょうか!

驚くことに川又氏同様に「太陽の表面温度は低い」と考えていたもう一人の人物がいたんです。

そんな彼は太陽は日常は暗く、熱も出していないと発表し世間の人を驚かせたのです。

まさにそれが「工学博士の関秀男氏」なのです。

「工学博士の関秀男氏」が言われるのは太陽から出る放射能線が地球の大気に近づくにつれ、放射線は「光線」と「熱」となり私達の地球に「太陽の陽射し」の形として降り注いでいるという事なのです。

更には太陽の表面には植物が繁殖していると表明しています。

従来、「黒点の温度は4000度程度」と考えられていましたが植物が存在するという事は、いずれにしても「26度~27度程度の温度」というレベルという事実になる可能性が非常に高くなります。

またより一層驚くべき事に「黒点」は他の場所と比べると「より一層圧倒的に温度が低い」影響で「極めて暗く」見えるとのことです。

ところが、仮に太陽の「表面温度が26度~27度というレベル」の場合、黒点はなぜ黒いんだろうか。

黒点はどうして黒いのでしょうか?

少しばかり信頼しがたい話だと思われるかもしれませんが、植物と意思疎通を図る目的で研究所「日本相対磁波研究所所長の三上晃氏」が植物との意思疎通を図ることを狙ったある機械を発明したと言われています。

「LBS」というその機械は実験用の木が「テレパシー」を送り込み「人間」にメッセージを送信するといったもので、その実験用の木が太陽の黒点に大森林が存在すると言うのです。

木々が存在するから黒く見えるという事らしいのです。

更にはその黒点、まさに植物だけではなく「知能」「寿命」共々「人間より高水準である生命体も存在しているんだとか。

そこには争いもなく、「豊富な水」や「空気」も存在していてまさしく楽園とも呼んでも良い環境と言われています。

そのうえで太陽は「太陽エネルギーの放射線」と「地球の熱エネルギー」が大気に加わっているだけで「地球が自ら」大気で覆って保温を行っていると言われています!

太陽に金や銀が存在する!

「LBS機器」を経由して「植物」と意思疎通すると、太陽に「金」や「銀」も存在しているとのこと。

特に太陽に存在する「金は純度が高く」通電率も高いことによって、パワフルな電磁波が発生しているんだとか。

従来、太陽はマグマと一緒で燃えていると考えられてきたのですが、「金」や「銀」から発出するパワフルな電磁波が太陽が燃えていると私たちに誤解させてきたと考えられます

このように考えれば、本当に「太陽の表面温度は26度~27度」で地球と大差ない惑星かも知れないと考えられるようになってきたのです。

ちなみに、「川又審一郎氏」や「関秀男氏」の他に海外の科学者も共通した主張をしていた人物がいます。

もう1人の海外の人物!サー・フレデリック・ウィリアム・ハーシェル

サー・フレデリック・ウィリアム・ハーシェルと言われる人物は元々音楽家で、傍らで「天文学」を研究をしていました。

彼は1781年に「天王星」を見つけ華々しく時の人なったと言われています。

それから、この発見した事を機会に音楽とは違い「天文学」の分野の研究に総力を挙げます。

彼は川又審一郎氏らと同じ様に、太陽は地球同様常温の星で強い電磁波保持していて、熱エネルギーは地球との大気で熱波にシフトしていると主張していたのです。

大部分は川又審一郎氏ら同様の内容を主張しているということなのです。

このような主張は現在でも少数派なのですがですが着実に、この研究実績は表れてきています。

サー・フレデリック・ウィリアム・ハーシェル:

ドイツのハノーファー出身のイギリスの天文学者・音楽家・望遠鏡製作者。ドイツ語名はフリードリヒ・ヴィルヘルム・ヘルシェル(Friedrich Wilhelm Herschel)である。天王星の発見や赤外線放射の発見など、天文学における数多くの業績で知られる。

太陽の温度は26度~27度以下と判明。:まとめ

今日までの太陽をテーマにした常識を再確認してみることにします。

はじめに、太陽の表面温度は6000度更に地球と同じ様に中心部に「核」を持っている「球体」になります。

地球の内部は層ごとで異なり岩石質だったり金属質だったりしますが太陽は燃え盛っているために見える「彩層面」「ガス」「プラズマ」「紫外線」を放出する「可視光の層」「プラズマ」を発生させている「対流層」にガスが圧縮した「放射層」更には「中心部の核」で構成されています。

それから「核」は「水素」を「ヘリウム」に変化させて「核融合」を誘発させて、出来た「光子」を「太陽表面」に放出していくものになります。

更には太陽からもたらされる「大気層コロナ」と言われるものに関しましては100万度もあるとのことで、まさしく燃える球体だと言われています。

表面は「フレア」や「磁場」が原因で火柱が上げる「プロミネンス」とされる状態で活動は躍動的です。

このように燃える球体というのが常識の中、太陽が実のところ「表面温度26度~27度」であるという、今までになかった常識が本日のテーマとなっています。

ではありますが驚くべきことに通常であれば高温とされる常識が熟知されている中、太陽常温説はステップバイステップで周知されてきつつあるとも言われています。

その原因としましては、「NASA」と「Science」でレポートが発表されたことが極めて大きな契機になっていて太陽が明るいのも夏が暑いのも、実際のところ太陽ではなく地球と太陽が放出する「電磁波放射線」が原因となるからと考えれています。

太陽は地球と同様であるのではないかというこの従来なかった常識が世間で一般的に変わる日を迎えることもそんなに先ではないかもしれないです。

太陽のイメージ
太陽はなぜ燃える事が継続できるのでしょうか?外の世界は晴れた空、白い雲、空を見上げれば光を放つ太陽・・。みなさんにおいても珍しくない景色ではないでしょうか。しかし、何気なく疑問に感じたことはないでしょうか?酸素存在しないと火は燃える事ができません。...
太陽のイメージ
太陽がなくなったらどうなるのか!?「太陽」というのはなくてはならない言われていますが、具体的にどういうところに「存在価値」があるのでしょうか?もし「太陽」の表面温度んは6000℃と言われていますが、近づくことは不可能です。地球から太陽までの距離は「149,600,000 km」とされています!...